記事

小池百合子東京都知事「幸せな老親介護、私の体験」

大高志帆=文 奥谷 仁=撮影

バラを見ながら愛犬に看取られた母

7月31日の都知事選で、無所属の小池百合子氏が約291万票という歴代4番目に多い得票数で当選した。初当選時の得票数では歴代2番目の多さだという。今後は、開幕まで4年を切った東京五輪の開催準備のほか、選挙公約の実現に向けて、具体的な政策や調整力、リーダーシップが試されることになる。

選挙時から小池氏は、「女性も、男性も、子どもも、シニアも、障がい者もいきいき生活できる、活躍できる都市・東京」として、9つのミッションを発表している。なかでもプレジデント編集部が注目したいのは、「介護」に関することだ。公約には、「あらゆる都内遊休空間を利用し、保育施設、介護施設不足を解消。同時に、待遇改善等により保育人材、介護人材を確保する」とある。選挙時の街頭演説では、介護への思いを次のように語っている。


自宅の庭の花壇の前で微笑む小池氏。小池氏の母親も病床からこの花を眺めたのだろう。(写真は、『発電する家「エコだハウス」入門』より)

「私も3年前、肺がんの母を自宅で看取りました。母が『私の好きなすき焼きは病院では出てこない』と言ったからです。母は、大好きだったタバコを一服して、庭のバラを見ながら旅立ちました。これからは、私のように自宅で最期の看取りをする人が増えてくるでしょう。そういった人たちをバックアップするためにも、在宅ケアシステム、地域包括ケアシステムを整えていく必要があります」

自身も母親の介護を経験しているのだ。それでは、『自宅で親を看取る肺がんの母は一服くゆらせ旅立った』(幻冬舎)と『発電する家「エコだハウス」入門』(プレジデント社)、さらには選挙時の発言と直接のインタビューでの発言から、小池氏が経験した「介護」について見ていこう。

余命1カ月宣告で自宅介護を覚悟した

小池氏の自宅は江古田駅から徒歩10分。環境への配慮にあふれたその家は「エコだハウス」と呼ばれている。屋根にはソーラーパネルを設置しているため、電気代はゼロ。雨水タンクで雨水を再利用し、夏はゴーヤで「グリーンカーテン」をつくり室温を下げるなど、「最新のエコ技術満載の私設実験場です」と語る。小池氏の母親の介護もこの家で行われた。

「多くの人が自宅での最期を望み、親を看取りたいと思っています。ですが、8割の人が家で最期を迎えていたのは、昭和30年代のはるか昔。社会環境が変化した今、誰もが簡単にできることではありません。肺がんが見つかっても、『最期まで好きなことをしたい。不自然な方法での長生きはしたくない』と言った母は、手術や抗がん剤治療をせず、『自宅ホスピス』のような形での最期を選びました。愛犬や介護をサポートしてくれる人たちに見守られながら亡くなったのは、彼女にとっての幸せな終わり方だったと思います。私自身、たくさんのことを学ばせてもらいました」

もちろん小池氏も、母親の体調がすぐれないときには入院という措置もとっている。しかし、検査疲れから弱っていく母親の姿を目の当たりにし、医師から「余命1カ月」を宣告されたことで覚悟を決めたという。



「自宅介護を決めたのにはいくつか理由があります。ひとつは、父の最期を看取れなかったことへの後悔です。父は、入所していた特別養護老人ホームで具合が悪くなり、併設の病院で最期を迎えました。あいにく兄はニカラグアへ出張中。母が本調子でなかったこともあり、私自身も母を連れて家に戻った矢先の出来事でした。父は、妻にも子どもたちにも看取られずに亡くなったのです。

もうひとつは、おばあさまを自宅で看取った事務所のスタッフから、『おばあちゃんも満足そうだったし、家族も幸せだった』と聞いていたからです」

とはいえ、その時点では、自宅介護が成立するかどうかの見通しさえ立っていない状況だったという。退院を決めてから、延命のための治療ではなく、末期がんによる痛みを和らげるための「緩和ケア」の経験豊富な医師を探し、自宅でもほとんど病院と変わらないケアが受けられる態勢を整えた。

「医療スタッフの次の問題は、必要な福祉用具の選定でした。ベッドひとつをとっても種類が多く、ベッドマット、車いす、シャワー用のチェア……正直、カタログを眺めて途方に暮れました。利用者がもっと楽に比較できるシステムがあればいいのに、と思います。そこで頼りになったのがケアマネジャーです。相談すると、すぐに病院に駆けつけて、母の様子を確認。翌日にはわが家の間取りや部屋の状況をチェックして、母のニーズに合わせたプラン作成にあたってくれました。

福祉用具のレンタル料金は、高くて月々500円くらい。ポータブルトイレだけは、衛生面への配慮から購入になりますが、それでも利用者の負担は1割だけ。介護保険制度の恩恵とともに、介護コストが膨らむ仕組みも痛感させられました」

厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる9年後をめどに、重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるよう、「地域包括ケアシステム」の構築を推進している。在宅医と訪問看護師を確保し、ケアマネジャーに連絡を取り、自宅での受け入れ準備を行う……。まさに、地域包括ケアをフル活用した、小池氏の自宅介護が始まったのだ。

自宅療養向きなのは短期決戦の末期がん

母親を自宅で穏やかに看取ることを決めた小池氏が最初に行ったのは、「介護日誌」をつくることだった。

「できる限り母と過ごそうと決め、キャンセルできるもの、延期できるもの、代理で行えるものにはすべて頭を下げました。それでも、議員として果たさなくてはならない義務もあります。私はたくさんの人の力を借りて、チームで介護に取り組みました。私と母にとっての幸運は、チームに恵まれたことだと思います」

介護日誌は、母親との大切な時間を「思い出」として記録する意味と、介護・医療スタッフとの連絡帳的な意味があったのだ。小池氏は「おかしな言い方かもしれないが」と前置きしたうえで、こんなことも言っている。

「末期がんは、さまざまな病気の中でも自宅療養に向いていると言われています。自宅療養の末期患者が旅立つまでの期間は、平均カ月半程度。つまり、短期決戦なので看取りまでの予測が立てやすいのです。これは、症状がゆっくり進み、10~15年続くこともある他の疾病や認知症の介護と大きく異なる部分。早すぎる『お迎え』ですが、介護側が倒れる二次災害はありません。結果として、母はわずか12日間で逝ってしまいました」

痛みを和らげるためのモルヒネの影響で、時にあらぬことを口走り、時に正常になる母親。楽しかった昔の思い出話で痛みを紛らわせようとした夜もあった。自宅で過ごした12日間は、非常に濃厚なものになったそうだ。喪失感はもちろんあるものの、看取った後にある種の達成感のようなものを抱くこともできたという。介護を続ける人にとって、これは大きな支えになる意見だろう。

こうした自身の経験に基づいて、小池氏は都政を運用していく。少なくとも介護に関しては、「都民に優しい東京」になるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    鮪の国際会議で日本"フルボッコ"

    勝川 俊雄

  2. 2

    山本太郎氏のひとり牛歩に疑問

    和田政宗

  3. 3

    カジノ解禁を嫌がるパチスロ業界

    大西宏

  4. 4

    Softbank孫社長、日本一の富豪に

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  6. 6

    橋下氏"豊洲は行政的には大失敗"

    橋下徹

  7. 7

    Amazon Go 日本では流行らない?

    韋駄天太助

  8. 8

    小池知事"除名7区議をサポート"

    THE PAGE

  9. 9

    トランプ氏に投票した"普通の女"

    PRESIDENT Online

  10. 10

    雅子さまは日本が誇る皇后になる

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。