記事

ブラック部活はブラック企業に通じる

舞田 敏彦(まいた・としひこ)
武蔵野大学、杏林大学兼任講師

日本は「世界一長く部活する国」

 夏休みの最中ですが、部活動に励んでいる中高生が多いことと思います。何かに打ち込むことは人間形成にも好ましい影響を及ぼすし、よからぬことをするヒマもなくなるということで、部活は多くの学校で重視されています。

 もう四半世紀も前ですが、私の中学校では部活は必修でした(男子はできるだけ運動部)。部活は、正規のカリキュラムの外にある「課外活動(extracurricular activities)」という位置づけですが、全生徒にそれを課している学校も少なくないでしょう。

 しかるに近年、部活の影の側面が認識されるようになってきました。活動が過重ではないかと。昨年の夏に、ベネッセが中高生の保護者を対象に実施した調査によると、夏休みの運動部の活動日数は「ほぼ毎日」という回答が4割だったそうです(週3~5日は3割)。また保護者の4割が、わが子の部活の活動日数は「多すぎる」ないしは「やや多い」と答えたとのこと。

 度の過ぎた「しごき」も問題化しています。2013年の初頭、大阪府の公立高校で、バスケ部の顧問教員の体罰を苦に生徒が自殺する事件が起きたのは、記憶に新しいところです。

 部活は生徒だけでなく、教員にとっても重荷になっています。平日の放課後はもちろん、休日も指導や引率をしないといけないのですから。日本の教員の長時間労働はよく知られていますが、部活指導がその原因となっていることは否めません。

 OECDの国際教員調査(TALIS 2013)によると、わが国の中学校教員の平均勤務時間(週間)は53.9時間で、そのうち課外活動指導時間が7.7時間となっています。部活指導が勤務全体に占める割合は14.2%、およそ7分の1です。

 われわれの感覚からすると「そんなものだろう」ですが、これは国際的にみると特異です。それをグラフでみてみましょう。横軸に総勤務時間、縦軸に課外活動指導時間をとった座標上に34か国を配置すると、図1のようになります。

 日本は、右上の外れた位置にあります。総勤務時間もトップですが、部活指導時間は群を抜いて長い。課外活動の指導時間は週1~2時間という国がほとんどで、フィンランドやスウェーデンといった北欧国ではほぼゼロです。これらの国では学校での「部活」という概念がなく、この種の活動は地域のスポーツクラブなどに委ねられています。

義務はないのに、教師は休日も指導

 以上は平均値ですが、部活指導時間の分布をみると、日本の特異性がもっとはっきりします。図2をご覧ください。

 日本の部活指導時間の平均値は週7.7時間ですが、4割近くの教員が週10時間以上で、週20時間(1日4時間)以上の教員も1割弱います。こうした過重な負担を負わされているのは、多くが若手です。

 対してスウェーデンでは、8割以上の教員が課外活動指導にほぼノータッチです。日本でいう部活が「外部化」されているためですが、この違いはスゴイ。日本の学校の日常風景は普遍的ではなく、むしろ特異であることを思い知らされます。

 先に書いたように、部活は授業ではなく課外活動ですので、教員免許を持つ教員が指導に当たる必要はありません。しかし日本では教員がそれを負わされており、長時間労働の原因となっています。

 そこで、部活の指導や引率を単独で行える「部活動指導員」というスタッフを、学校に導入することとなりました(中央教育審議会答申「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について」2015年12月)。部活指導の重荷から教員を解放し、本分の授業に集中できるようにする上でも、意義あることといえましょう。

「部活はブラック企業に通じる学校」

 しかるに注意しないといけないのは、この外部スタッフの意識です。部活動指導員に充てられる人材の多くは、民間でのスポーツ指導の経験者でしょうが、スパルタ的な意識を持っている人も少なくありません。

 神奈川県が中高の運動部顧問に対して行った意識調査によると、「スポ根」的な考え方は、教員よりも外部指導員で高くなっています(図3)。「休みの期間を設けることは必要」という回答の割合は、教員では31.8%ですが、外部指導員では12.3%です。

 学校に「外」の風を入れるのは結構ですが、学校の内部ではあくまで「教育」の論理が貫徹されねばなりません。学習指導要領でも、部活動の指導に際しては勝利至上主義に陥ってはならないこと、「休養日や活動時間を適切に設定するなど生徒のバランスのとれた生活や成長に配慮」することの必要性がいわれています。外部からの新参者に対しては、教育機関としての学校内部の指導原則を知ってもらうための研修も必要と思われます。

 部活は、規律ある集団行動の精神を生徒に体得させるなど、好ましい教育効果を持っています。日本企業の高いパフォーマンスを支える人材を供給する機能も果たしています。

 しかし見方を変えると、滅私奉公のブラック労働も厭わない人間を大量生産しているともいえます。ブラック企業は、体育会系の学生を好んで採るといいますしね。ある方がツイッターで「部活はブラック企業に通じる学校」とつぶやいていましたが、そういう面は否めません。

 部活を全廃しろとはいいませんが、活動を節度あるものにする必要はあります。そのことは、ブラック労働という、わが国に長年はびこっている病理の克服にもつながるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    働く人を追い込む10の有害な環境

    フォーブス ジャパン

  2. 2

    小池知事、記者の質問に"失礼"

    THE PAGE

  3. 3

    男の"かっこ良さ"が終わるとき

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    流行語大賞"神ってる"の謎を解明

    永江一石

  5. 5

    退職のきっかけ 年代別の1位は

    キャリコネニュース

  6. 6

    推進派でも戸惑うカジノ法案審議

    木曽崇

  7. 7

    出世は成果と関係なく決まる

    PRESIDENT Online

  8. 8

    やってはいけない自己PR5選

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    通勤ラッシュが増えている理由

    山本直人

  10. 10

    ブラック大賞会見にテレビ局0社

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。