記事

稲田・駒崎対談の、「新しさ」の衝撃

■人権と貧困

いつものようにFacebookを見ていると、「お友達」たちが、駒崎弘樹氏のこの対談シリーズに若干批判的にコメントしているのが目に入った。それは8月5日付のこの記事(稲田朋美・新防衛相 LGBT、子どもの貧困 駒崎弘樹が聞く(上)「2030年まで子どもの貧困半減の目標に向かって道筋はできる」)で、今回は前半だけのようだ。

記事は、LGBT問題に絡めた人権問題と、ひとり親家庭と子どもの貧困に絡めた貧困問題のふたつをとりあげる。『東京レインボープライド2016』に稲田氏が実際登壇せず行っただけだが対談では登壇したかのように記述されているのがネットでは問題にされているようだが、それは僕にとっては細かいことだ。

注目は、タカ派政治家で知られ、今回の内閣改造で防衛大臣になった稲田氏が、保育問題に関しては日本を代表するNPO法人であるフローレンス代表の駒崎氏の進行のもと、セクシュアル・マイノリティに関する教科書的な人権意識をもち、同時に待機児童やひとり親家庭に伴う問題(離婚後の元父側の養育費不払い問題等)にも丁寧な目配りをしているという点だ。

こうした人権や子どもの貧困に関してある意味「リベラル」な視点をもちつつ、安全保障関連に関してはタカ派あるいは現実的な安全保障主義者でいる稲田氏のあり方を、「リベラル」サイドに立つことが多数派であるNPO業界の代表者が円滑な進行のもと引き出している、この対談すべてが僕にとっては衝撃だった。

いや、「新しい」といってもいいか。

■長崎・広島市長スピーチと、オバマ・スピーチ

ところで、この記事を書いている今日は8月9日で、長崎の原爆記念日だった。僕は、たまたまだがテレビで長崎市長のスピーチを見ることができた。その冒頭部分は、3日前の6日にあった広島原爆記念日に行なわれた市長スピーチの冒頭部分と同じく、冒頭に核爆弾が投下された様子をいくぶん詳細に語るものであった。

それは5月のオバマ大統領スピーチと似ているようでより具体的被害の描写に触れ、抽象度が高く叙情性もこめられたオバマ・スピーチとは似ているようで少し違っていた。

オバマ氏のスピーチは、現在のアメリカが置かれた位置や国内の声に配慮せざるをえないものだったが、それと同時に、オバマ氏のような「アメリカ」的リアリズムを代表する政治家にとって、そのスタンスは譲れものないのだろうと思う。

原爆被害者に対する支援とその甚大な被害を巻き起こした責任は一方で(おそらく)抱きながらも、現実の国際政治の中では決して譲れない線というものがあり、アメリカという唯一大国はその譲れない枠内でのみ振る舞う。

もちろんオバマ氏はアメリカ最初の黒人大統領ではあるが、そのこと(マイノリティ問題という人権問題)の対応は当然当事者として行ないつつも、安全保障というリアルな局面は別のフェイズにあるものだとして割り切る。

人権や貧困問題への対応という「近代」が達成した成果には配慮しつつ、現実のリアルな政治的言説や振る舞いはそれら基本問題(人権や貧困)とは別の面/フェイズにある。

ここからすべての言動が成り立つ。これが、近代政治のもう一つの特徴で、人権に代表される基本問題と、安全保障に代表されるリアルな政治問題は、常に同時進行し、その2つ(人権・貧困と国際問題)は同時に語られる。

■どこに感銘し、どこに違和感を感じるか

僕はオバマファンだが、上のようなオバマ(近代アメリカ政治)の限界もよくわかるので、スピーチに感激しつつも僕自身どこかで割り切っている(その割り切りを前提にこのような記事を書いた。→「亡霊」はあなたに何を語りかけるか~広島、オバマ、思春期)。

僕にとって、稲田・駒崎対談は、いきなり突きつけられた「日本人のアメリカ化」というかプラグマティズム日本版というか、「人権と国際政治を割りきって語ることのできる新しいエリート」のあり方だった。

この新しいあり方に対しては、従来の日本的観念的な左右対立図式からの批判はまったく当てはまらないし、またその割り切り感の爽快さを称揚するだけの議論も物足りない。

この対談のどこに感銘し、どこに違和感を感じるか、これを読んで何か立ち止まった人はその人なりに考えてほしい。

たとえば、駒崎氏に関しては、「シングルイシュー(保育)をアドボカシーする結果、保守政権の広告材料になってしまうNPOの矛盾問題」について考える。

稲田氏に関しては、「人権という普遍問題に乗り過ぎることで、保守/リベラル(の政策対立)が見えにくくなってしまう問題」などを考える。

この他、「保守主義ソーシャルセクターの誕生」や、「観念主義ニホンを崩すには人権問題をポジティブにとりあげる戦略が有効」等、いくつもの問題系がこの対談とこの対談設定ははらむ。

非常に刺激的であり、ここのところ僕はずっと考えてます。★

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "大企業で働いても貧困"が急増

    しんぶん赤旗

  2. 2

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  3. 3

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  4. 4

    大統領夫人のNY残留に10万人拒否

    My Big Apple NY

  5. 5

    カジノ反対派 ブーメラン続発

    木曽崇

  6. 6

    専業主婦手伝わない夫に非難殺到

    キャリコネニュース

  7. 7

    "ゴゴスマ"いい加減な仕事で惨事

    メディアゴン

  8. 8

    トランプ氏娘婿が語る激動の半生

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    "お腹いっぱい"2016年の音楽業界

    Tnsori

  10. 10

    田原氏"今の時代の風潮が危ない"

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。