記事

保育士女性の約半数はパートナーなし 「職場は女性ばかりで出会いが少ない」「残業多すぎで約束できない」

結婚したい職業ランキングではよく上位にランクインする保育士。子ども好きで面倒見が良く優しそうというイメージから、男性からは根強い人気があるが、保育士の恋愛や結婚の現状は厳しいようだ。保育者向けポータルサイト「ほいくらいふ」を運営するウェルクスが、「保育士の恋愛・結婚事情」というアンケート調査を行い、8月9日に結果を発表した。

「職場の男性といっても保護者…」「朝も早いから夜更かしも厳しい」

調査は、保育士や幼稚園教諭を対象として6月24日~26日の間にインターネット上で実施。153人から回答を得た。「パートナー(恋人・配偶者)の有無」について聞くと、「現在パートナーがいる」が42.5%、「いない」が52.9%であり、保育士の約半数にはパートナーがいないことがわかった。

「出会いが少ないと感じますか?」という質問に対しては、「少ないと感じる」が90.2%と、約9割の保育士が出会いのなさを感じている。

その理由は何なのだろうか。アンケートでは現役保育士が理由について、以下のように語っていた。

「職場に男性が少ない、また男性といっても保護者…」
「残業が多すぎて約束しにくい。習い事などもなかなか…そして、朝も早く体力勝負なので、 夜更かしも厳しいです」
「職場は女性ばかり、大学の学部も女性しかいないことが多くプライベートの付き合いも女性のみになります」

保育士は女性の比率が高く、職場には女性が多くなりがちだ。男性と接する機会が少ない労働環境や、仕事量の多さゆえにプライベートの時間がとりにくいことが、出会いのチャンスを妨げていると考えられる。

出会いのきっかけは「友人の紹介」が1位

このような中でもパートナーがいる保育士は、どうやってパートナーを見つけたのだろうか。「恋人/配偶者とはどこで出会いましたか?」という質問に対しては、1位が「友人の紹介」(24.6%)、2位「学校」(12.3%)、3位「街コンやマッチングサービス」(9.2%)となっている。

パートナーがいる保育士女性からは出会いのエピソードについてこうコメントしていた。

「職場に男性がいなかったので、あちこちの友達にいい男性がいないか頼んでいました!」
「『保育士は出会いが少ない』からと姉が幹事をした17対17の合コンに誘われ、そこで出会いました」

中には、「街中」や「ネットゲーム」「海外」といった面白い回答もあったが、男性との出会いが少ない環境で働く保育士女性の出会いのきっかけは、友人からの紹介頼みのようだ。

あわせてよみたい:「保育園落ちた日本死ね」に反響

あわせて読みたい

「保育士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  3. 3

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  4. 4

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  5. 5

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  6. 6

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  7. 7

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  8. 8

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  9. 9

    食い逃げ 処罰できないケースも?

    三浦義隆

  10. 10

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。