記事
  • ヒロ

今週のつぶやき

今週はいつもにも増して話題が多かった気がします。政治面では内閣改造、小池都政のスタートと石原氏や内田氏の自民党都議連からの辞意がありました。スポーツではなかなか勝てないゴルフの松山英樹とテニスの錦織圭はまだ許せるとしても昨日のオリンピックサッカーの予選の負け方は酷すぎました。話題にもしたくないところです。

そんな中で一応、経済関係を中心に今週のつぶやきをお送りしたいと思います。

まず英国が7年ぶりの利下げに大幅な金融緩和を決定しました。私はひょっとしたらこの決定を先送りする可能性もあると思っていたのですが、カーニー総裁は市場の期待通り、そして規模は市場の予想以上の緩和を実施しました。

次いでアメリカ7月度雇用統計は事前予想の18万人増を大きく上回る25.5万人増。また、過去2カ月分も上方修正されています。平均賃金は前月比0.3%増で統計としては文句なしの着地です。これを受けてNYの株式市場は大幅高、ドルも強含んでいます。

いつもの通り雇用統計が良好だと早期利上げの噂が出てきますが、最近言われているのは雇用統計はいいのになぜ、経済指標はイマイチなのか、という点であります。雇用が良好なのは日本も同じ。経済指標が改善しないのも日欧米皆同じです。いろいろこの理由を考えているのですが、仮に物質が満たされることを追求した今までの欲望から人々が幸せの追求の仕方を変えてきたとしたら金利政策はさほど有効ではなくなります。

金利を下げても下げても景気が活性化しない日欧について「経済の成熟化」という言葉以上になにか意味合いがあるように思えます。私はマズローの要求段階説をもう一度見直しています。SNSを通じて人々がコミュニティを形成し、その中で自己満足の尺度を求め、自己の行動を正当化し幸福の再定義を行っているように感じます。そして新しい幸福の尺度は物欲を凌駕していないでしょうか?

決算の話題を一つ。トヨタは17年3月期の決算見込みを下方修正し、営業利益は前年比44%減になると発表しました。ところがこれを受けた金曜日の株式市場ではトヨタの株が買われました。その理由は為替見通しを7月以降100円とし、同業他社の105円の設定より厳しくしたことを好感したものであります。本業の利益率は高水準を維持し、為替が全てと言わんばかりの決算内容であります。

ここまで安定感を見せつけられると目先は大丈夫そうですが、アメリカ カリフォルニアでは2018年にプリウスがエコカー基準を満たさなくなり、排ガス規制のペナルティを払わねばならなくなるなど必ずしも順風満帆ではありません。また、ウーバーなどシェアライドも様々な形で一般社会に普及してきており、自動車メーカー各社もその対応を検討しています。

東京ではタクシー初乗り410円の実験が始まりましたが、これもウーバーなどに刺激を受けた政府と業界の姿勢の変化とも言えます。そのウーバー、中国ではシェアライドで過激な競争を展開していた滴滴出行がウーバーの中国事業を買収するなど今後の展開がより注目される半面、日本やカナダでは規制でその将来像が見えてきません。

ところで電気自動車がバンクーバーで全くポピュラーにならない事情ですが、電気の小売りが禁止されていることが挙げられます。つまり街中に充電器を設置するのはOKですが、課金できないという根本的なハードルが残されています。一部の駐車場ではEV専用の駐車スペースだけ他の駐車スペースより高い駐車料金を設置するという苦肉の策も見られますが、自動車業界も技術と各国の規制のはざまで今までにない苦労を感じているのではないでしょうか?

最後の外交問題を一つ。北朝鮮が凝りもせずに再びミサイルを発射し、一発が秋田沖に落ちました。今回は発射位置を北朝鮮の西側に設置し北朝鮮国内を飛び越える形となっています。金正恩氏の挑発には日米韓が何もしないだろうという勝手な読みがあるように思えます。国際社会は口では厳しい非難声明を行なっても実際には手を出してこないという安心感が好き放題やる姿勢につながっているのではないでしょうか?ガツンと抑えなくてはいけない状況になってきたと思いますが、いざとなると関係各国は二の足を踏み、中国の顔色を窺う形になっています。

状況が悪化し、被害などが出る前に何らかの力づくの措置も講じる時期になったように思えます。

では今日はこのぐらいで。良い週末をお過ごしください。

あわせて読みたい

「雇用統計」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  2. 2

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  3. 3

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  4. 4

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  5. 5

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  6. 6

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    "1分で心掴む"小泉進次郎の流儀

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  10. 10

    mixi黒歴史晒しで休眠アカ一掃?

    アクトゼロ ブロガーズ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。