記事

リベラルは、階層社会の「ウラ勝ち組」

■都知事選という「縮図」

今回の都知事選は投票率が高く(60%近い)、池田信夫氏の分析によると、前回から14%の上積み分はどうやら小池氏にまわったようだ(政治を決めるのは老人ではなく無党派層)。

本来ならばリベラル勢力が結集した鳥越氏にまわる分を、ごっそり小池氏がもってしいってしまったということだ。

小池氏はリベラルというわけではなく、既成政治への違和感は示すものの、これまでの経歴からすると、既成の社会システムの変革には前向きだとは思うものの、リベラル(ひとことで言うと「公正な分配主義」)かといわれればそうではなく、小さな政府による新自由主義に近い方だと僕は解釈している(間違ってたらスミマセン)。

この動きは「おおさか維新」への再びの期待とも連動しており、つまりは、既存政治に向かいにくい「無党派層」が、安全保障的には集団的自衛権を掲げていようが憲法改正だろうがそれはとりあえず置いといて、「変えてくれる」という期待が小池氏や維新に向かっている。これが現在の世論の動きのようだ。

■「ウラ勝ち組」

半数近い無党派層は、従来の「リベラル」に向かわない。この無党派層は僕は4割の非正規雇用層とも十分重なると推測しており、この非正規雇用層は言い換えると経済階層的にはアンダークラス(下層/下流)ということだ。

このアンダークラスの多くには非正規雇用の女性が占めるものの、そのほかに低収入やニート/ひきこもりの若者層も含まれる。たとえば80年代前半までであれば、こうした生活の苦しい層は多くはリベラル政党へと一票を投じたと思う(あるいは投票しない)。

その頃は非正規雇用は現在の半分以下だったといわれ、社会勢力としては少数派だった。だから、非正規雇用がリベラルに投票しようがあまり関係なく、当時の労働者のメインストリームである「ブルーカラー(現場労働者)だが正規雇用」がリベラルのメイン支持者だった。

彼らの多くは組合へと組織化されており、労働者としての正当な権利を行使していた。

が、ゼロ年代をすぎ10年代となり、皮肉にも、そうした「(旧)労働者」は相対的には恵まれたポジションになっている。

具体的には組合員はほぼ正社員(正規雇用)であり、年収的にも「中央値」(現在であれば年収手取り250万)付近か、人(勤続年数)によってはそれを少しかだいぶ上回るだろう。

人によっては、中央値をだいぶ上回る年収を得ながらマイホームを購入し、ハイブリッドカー等も購入し、組合活動に時々時間を割かれながらも家族との時間も十分過ごす、そんな階層社会の中では「恵まれた」生活をおくる人もいると思う。

そう、正社員でありつつ組合活動も時々こなしつつ選挙の時にはそれなりに動員されつつ「リベラル」である人々は、実はいまの階層社会の中では「勝ち組」、いや、活動としてはマイノリティの応援も積極的に行なっているから表面的には不遇なイメージがある人もいるかもしれないので、いわば「ウラ勝ち組」とでも言っていいい存在となっている。

■アンダークラスや無党派層「代表」の不在

このことと「リベラルの劣化」はつながる。

ウラ勝ち組は、従来の反権力を踏襲すれば利益(立場の維持)を享受できるので、理論的武器として、ジンケンやヘイワやビョウドウが用いられる。憲法絶対遵守や非正規雇用反対と言っている人々の中心に、実はこうした「ウラ勝ち組」が混じっている。

いや、混じるどころか、今回のような選挙ともなると、彼らウラ勝ち組は大量動員されて旗とかノボリとかで目立つ動きをする。

ある種の悲劇は、この構造をうっすらと想像しながらも、非正規雇用の女性や若者がこうしたウラ勝ち組と行動をともにする場合もあることだ(特に憲法や安全保障問題で)。

が、非正規雇用=アンダークラス=無党派層の大部分は、従来リベラルの動きには懐疑的で、かつ従来保守勢力にも馴染めず、多くは様子眺めだった。

これが今回の都知事選では、この様子眺めの層の何割かを小池氏がガサっと持って行き、一人勝ちへとつながった。

これに対して、冒頭引用の池田氏は「ブルーオーシャン」が広がっているとして氏には珍しく楽観的記述をするが、僕としては、アンダークラスや無党派層を真に「代表」する存在がいない悲劇は大きいと思う。

おそらくその代表(リプレゼンテーション)は小池氏や橋下徹氏といった新自由主義者ではない。全体のバランスと、非正規雇用の若者や女性の「声」を代弁してくれる(安全保障問題と経済問題に対して21世紀的な新しい提示ができる)人は、おそらく既存リベラル勢力の中に含まれているのだろうが、その存在がまだ目立たない。

代表と代弁(リプレゼンテーション)が有効に機能することこそが、マイノリティの声が有効に代弁されることでもある。その意味でも、政治(「政治システム」全体に対して言っています)にはがんばってほしい。★

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「都知事選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    息をするように嘘ついた蓮舫代表

    木曽崇

  2. 2

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    トランプ外交 早くも3つの失敗

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    アパート建設ラッシュが続く理由

    ヒロ

  5. 5

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  6. 6

    難病告白の原口議員と総理の会話

    和田政宗

  7. 7

    小池知事、希望の塾で大胆発言

    伊藤陽平:新宿区議会議員

  8. 8

    年金の免除申請は自動化すべき

    赤木智弘

  9. 9

    今さらカジノなんてやめておけ

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    忘年会 意識高い系の楽しみ方

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。