記事

小池百合子氏、大差で都知事に

舛添前都知事の辞任による都知事選挙は、元防衛大臣の小池百合子氏が、大差で勝利しました。

自民党の意向に反する立候補で、組織の論理に立ち向かう女性を演出し、キャスターの経験もいかして演説などしゃべりが上手だったこと、緑のものを身につけて応援してと呼び掛け参加観を持たせた戦略などが、巧みだったのだと思います。

自民・公明が党として推薦した元総務大臣の増田寛也氏、民進・共産・社民・生活の党と山本太郎と仲間たちなどが推薦した鳥越俊太郎氏などを、大差で破っての当選です。

関心が高まり、投票率は、59.73%と前回の46.14%を大幅に上回りました。

また、NHKの開票速報の視聴率が20%台を記録し、異例のこと、と報じられています。

女性の知事は7人目、東京では初めてです。

小池さんは、クールビズを仕掛けたり、カイロ大学出身でアラビア語ができたり、と能力があることは、わかります。

ただ、余り報道されていませんでしたが、家族の間で殺人事件などが起きるのは「自虐的な戦後教育の結果」だと語ったこともあり、自虐史観の克服を掲げる「新しい歴史教科書をつくる会」が、主な候補のうち小池氏だけが活動を支えてくれた、と今回の選挙でも支持を表明していた、と選挙後に報じられてもいます。

教育については、全く語っていませんでしたね。

かなりの保守政治家で、男女平等教育、性教育などについては、それを推進する人たちとは、意見を異にしていると思います。

女性知事誕生を支援する女性たちと、これまでのあり方から危惧を持ち鳥越さんを支援した私の友人たちなどと、女性が分断された選挙でもあったと思います。

都政の透明化、オリンピックの費用の見直し、待機児童や介護、などについての公約を、どう実現するのか、危惧される面で、どう対応するのか、注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「都知事選2016」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

  4. 4

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  5. 5

    "東芝の危機"で浮かび上がる日立

    THE PAGE

  6. 6

    高齢者風俗嬢が日本に一石投じる

    文春オンライン

  7. 7

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  8. 8

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  9. 9

    不人気蓮舫氏の"性格と言い回し"

    ヒロ

  10. 10

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。