記事

金正恩氏、美人ウェイトレスの集団脱北で「公開処刑」を指示か

集団脱北した北朝鮮レストランのウェイトレスたち

4月、中国の北朝鮮レストランの女性従業員ら13人が集団脱北した事件を巡り、北朝鮮当局が責任者6人を公開処刑したとの情報が浮上している。聯合ニュースが29日、韓国の民間団体、戦後拉北者被害家族連合会の崔成龍(チェ・ソンリョン)理事長の話として報じた。

美女たちを指名手配

崔氏は平壌消息筋からの情報として、金正恩党委員長の指示により、5月5日に平壌の姜健(カンゴン)総合軍官学校で国家安全保衛部(秘密警察)の要員ら責任者6人が公開処刑されたとしている。

同氏はさらに、「国家安全保衛部、偵察総局、外務省、人民保安部の幹部80人余りと海外派遣労働者の家族100人余りが見守る中で処刑が行われたらしい」と説明。一方、脱北した従業員の家族らについては、妙香山(ミョヒャンサン)の施設に拘束され思想教育が施されたとしている。

この情報が事実かどうか、現在のところはわからない。だが、姜健総合軍官学校では2014年10月にも公開処刑が行われており、その時の様子が衛星画像で捉えられている。今回の情報が事実であれば、その様子が衛星に補足されていた可能性はある。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

また、2014年の公開処刑は、殺し方も残忍きわまりないものだった。大口径の機関砲で人体を文字通り「ミンチ」にしてしまうというもので、そのやり方は玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)前人民武力部長の公開処刑でも踏襲されている。

鬼の形相の死刑囚

北朝鮮当局が、集団脱北事件を体制の危機ととらえていることは明らかだ。そのことは、もともとはエリート家庭出身の脱北ウェイトレスらを「指名手配」するかのような挙に出て、心理戦を繰り広げていることからもわかる。

(参考記事:金正恩氏に「指名手配」された脱北美女たちの運命

北朝鮮レストランに限らず、労働者の海外派遣は北朝鮮にとって貴重な外貨獲得手段だ。その現場では、国家安全保衛部の監視要員らが暴力を駆使し、労働者の統制を行っている。それでも、集団脱北事件は起きてしまった。そのような場合、責任者を公開処刑して「引き締め」を狙うのは、北朝鮮当局の常とう手段である。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

正恩氏らにとっては、大量の派遣労働者が雪崩を打って逃げ出す事態が、いま何よりも恐ろしいことなのかもしれない。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  2. 2

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  3. 3

    GPIF2.4兆円黒字 民進党の対応は

    吊られた男

  4. 4

    東京新聞の賭博批判はブーメラン

    木曽崇

  5. 5

    ポリコレ放棄で弱体化する米国

    松井博

  6. 6

    タイ新国王 3回の離婚に賭博癖

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  8. 8

    悪質な陰謀論「ピザゲート」とは

    BBCニュース

  9. 9

    働く人を追い込む10の有害な環境

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    47歳未経験でもプログラマーに?

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。