記事

いいね!が多いと良くて、いいね!が少ないとダメだと考えているバカの壁

フェイスブックのいいね!数が多ければよくていいね!が少ないとダメなのか?断言しておく。いいねの数なんてはっきりいって関係なし。いいねが多いか少ないかだけを気にするのははっきりいってバカ。物事の本質を見れないバカなのでやめた方がいい。

もちろんいいねが多ければうれしいしそれだけ共感された投稿や記事だったということは間違いない。

でもさ。あんたは何のために発信してるの?いいね数競争してるんだったらいいねを競えばいい。

でも私は違う。発信して仕事につなげたい。おもしろい人とつながりたい。そのために発信しているのであっていいね数を増やすためにやっていない。

わかりやすい例を出そう。先日書いたポケモンGO記事に1000以上のいいねがつき100以上のシェアがされた。大反響の記事である。でも私にとってこの記事を書いても仕事にはほとんどつながらない。ただいいねが多くてよかったなーレベルの話でしかない。

一方。恐怖の珍スポット。つくばにあるガマ洞窟記事の投稿はわずか40いいねぐらいしかない。

1000いいねの記事に比べてたったの40しかない。なんてダメな記事なんだと思ったら大間違いだ。なぜなら珍スポット記事は投稿することで雑誌の連載オファーがきて仕事になっているからだ。

つまり1000いいねの記事を書いても1円にもならないけれど40いいねしかない記事は3万円ぐらいの仕事になっている。

だから。いいね集めなんてほんと意味なし。いいねが多いかどうかはもちろん記事の反響を知る上で重要な目安にはなる。でもね、いいねが多い=よい、いいねが少ない=悪いにはならないのだ。例にあげたようにいいねが少なくても仕事=金になっている記事はいくらでもある。

でもどうしても人はいいねの数とかアクセス数とか単なる一指標にしか過ぎない数字で記事のいい悪いを判断してしまう。なんてバカなんだろう。あなたの発信している目的は何か?いいねが多ければいいのか?そうじゃないでしょ?

いいねが多くほしいならかわいい猫写真かおいしそうな食べ物写真か愛だの感謝だのといった大切な言葉を安売りバーゲンセールのごとく毎日連呼し情弱な人に耳触りのいい投稿をすればいいだけの話。それでいいねは増えるだろう。で。だから何?それ、仕事になってるわけ?

だいたいSNSやネットをやっていればわかると思うけどフェイスブックでいいねが多くてもツイッターではまったく反応がなかったり逆にフェイスブックのいいねが少なくてもツイッターでは反響があったりとネットの反応は一概にいいねだけで判断できないのは当たり前の話。

いいねが多いからどうだとかいいねが少ないからどうだとか表面的ないいね数でしか投稿の価値を判断できないからがんばって情報発信してもろくな成果が出ないのだ。

あなたがしたいことは何なのか?いいね数を競うならいいね受けする投稿すればいい。でもいいね数を増やすことではなく別の目的があって発信しているのなら発信した目的が達せられているかで投稿価値を判断しなければならない。

いいね数に惑わされて一番大事な発信目的を見失わないよう注意したい。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。