記事

飛行機の車輪格納庫に身を潜めて密航、アフリカと欧州の移民問題 『空から降ってきた男』 - 中村宏之

 ロンドン・ヒースロー空港に程近い住宅地の路上で一人の黒人青年の死体が見つかった。どうやら上空を飛ぶ飛行機から墜落死したらしい。所持品はわずかな現金と携帯電話のみで、身元を示すものはない――


『空から降ってきた男 アフリカ「奴隷社会」の悲劇』
(小倉孝保著 新潮社)

 こんなニュースに接した時、自分ならどうするか。着陸間際の飛行機から乗客や乗員でない人間が落下するという異常な状況。主脚の格納部に潜んでいたらしいという警察当局の見方。自分も記者として「どうしてこんなことになったのだろう」という疑問は自然とわいてくる。

 しかし、男性は日本人ではない。日本との密接な関係もないようだ。自分もロンドン特派員を経験したのでわかるが、特派員は当然ながら目先のニュースが最優先である。担当する国の政治や経済、そして日本に関係する事案にまずは注力する必要がある。それゆえ、それ以外のニュースの優先順位は下がり、よほどのことがない限り、その後も深入りすることはあまりないだろう。記者の力量に左右される部分も大きいが、おそらく自分だったら、この事件は気になりつつも、ここまで深い取材はできなかっただろう、と正直思う。

一人の人間から移民問題を描く

 しかし本書の著者は違った。BBCテレビが報じた「1947年以降、旅客機の主脚格納部に潜んで不法入国しようとしたケースは米連邦航空局(FAA)が把握しているだけでも全世界で96人。亡くなったのはそのうち73人」――というデータにひきつけられる。そしてこう思い至る。

世界には命の危険を冒してでも、海を渡ることを熱望する人がいる。彼らが、命と引き替えにしてまでも手に入れたいものとは何なのだろう。このテーマを探ってゆくことで、世界の抱える問題の一端が見えてくると私は直感した。

移民問題を集合体や群れで把握するのではなく、一つのケースを掘り下げ、一人の人間を描くことで、この問題はきっと、実態を伴った現実感覚のある課題として浮かびあがってくるはずだ

 そこから著者の粘り強い、各方面への取材が始まる。その動きが本書に活写されている。一つ一つが映画を見ているように展開してゆく。最初こそ、スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)の公権力に基づいた捜査の網にかかる情報に依拠しているが、その後の著者の深い背景取材は、警察情報をはるかに凌駕し、一歩一歩全体像を明らかにしてゆく。これがイギリスや欧州のメディアならまだわかる。それに日本の特派員が挑戦したことに大きな意義がある。

アフリカ人にとっての欧州

 亡くなった青年のズボンのポケットの隅に残されていた一つの小さなSIMカード。これが彼の身元を特定し、悲劇的な事件の背景を明らかにする手がかりとなってゆく。そこに残されていた通話記録の先にいたのはスイスに住む、きちんとした英語を話す金髪の白人女性だった。青年とこの女性はどんな関係にあったのか? ロンドン、ジュネーブ、モザンビーク、アンゴラといった欧州とアフリカの都市や国がいくつも登場し、点と線で結ばれてゆくわけとは? 詳しい内容は本書でじっくり読んでいただきたいが、スリリングなストーリー展開は読んでいて息をつかせない。そこに描かれているのは複雑な事情を持った男女の物語であると同時に、欧州とアフリカの間に横たわる悲しいほどの経済的格差の現実である。

 最近も難民や移民を乗せてアフリカから欧州に向かう船が地中海で転覆し、多くの人が命を落としたニュースは世界に衝撃を与えたが、なぜ命の危険を冒してまで多くの人が欧州を目指すのか。

 本書に印象的な記述がある。

南部アフリカの人間はヨーロッパの豊かさを知っている。衛星放送で世界のニュースに触れ、インターネットが世界の人々をつないでいる。例えば、アフリカでは今、どんな小さな村でも、英国のサッカー・プレミアリーグの試合を観ている。~中略~。電気の届いていない村でさえ、衛星放送受信用のパラボアアンテナはあるんだ。そして、バッテリーで衛星テレビを観る。そのテレビを観ていると、多国籍企業のCMを通して、先進国の生活に触れることができる。その意味では、アフリカ人にとって欧州はすぐそこにある。そして、その欧州はいつも明るく輝いているんだ

 このニュースは、無謀にも飛行機の車輪格納庫に身を潜めてアフリカからの密航を企図し、ロンドンで若い命を落としたアフリカ人青年の悲劇、と淡々と扱ってしまうこともできたはずだ。しかし著者はそうはしなかった。南北格差のみならず、アフリカ内部にもある格差や腐敗など社会の矛盾にも鋭敏に着目し、息長い取材で一つの大きなストーリーに仕上げた。青年の死は、世界にあまたある密航者の死の一つだったかもしれない。しかし、本書があぶり出した問題は大きく、国際社会はいまだ効果的な解を見いだせていない。報道に携わる者の一人として、多くを学び、刺激を受けた一冊である。

あわせて読みたい

「移民」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カジノ反対派 ブーメラン続発

    木曽崇

  2. 2

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  3. 3

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  4. 4

    トランプ氏 蔡氏との会談の意味

    門田隆将

  5. 5

    "大企業で働いても貧困"が急増

    しんぶん赤旗

  6. 6

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  7. 7

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  8. 8

    専業主婦手伝わない夫に非難殺到

    キャリコネニュース

  9. 9

    質の低い医療情報を好むユーザー

    赤木智弘

  10. 10

    インドネシアでクーデター未遂?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。