記事

公と私 社会を守るためにどこまで制限できる 津久井やまゆり園事件から

昨日の事件(津久井やまゆり園事件 この地域の救急担当に感謝)、色々情報が出てきました。

措置入院患者の退院後の大量殺人。退院後なんとか予防できなかったのか。テレビで議論されていました。

まず前提として精神科領域において、措置入院後の退院決定は人権の制限という点において永遠のテーマで、どうすればいいかという確実な方法は確立されていません。本当現場は手探りでやっています。そしてこの犯人の状況を聞く限りでは、この患者を措置入院をさせるかどうかの判断も難しかったと思われます。

認知症対応専門の結城康博さんは「地域社会で情報を共有して退院後守るべき」と話します。認知症患者の地域の見守りと同じ方法です。それに対し個人情報を含めてそんな簡単なものではないと批判する弁護士八代英輝さん。応用は構わないのですが、家族の状況を考えると(助けてほしいとそっとしておいてほしい)認知症患者と措置入院後患者を一緒にするのはかなり無理があると私も思います。この公のために私の個人情報などの権利をはずす問題。池田小事件からどれだけ進歩したのでしょう。

また様々な番組で衆議院議長あての犯行予告をしていても逮捕できない現在の法律の問題も論じられていました。殺す相手などの具体性がないと観察はできても逮捕はできないという法的解釈。後述する疾患患者や洗脳されたテロリストは事件起こす前に何とかできないなのかというジレンマを感じます。

弱者迫害といえばナチスの影響とか心理学者が分析しています。なるほどと納得するものもありますが、正直正常な思考過程をもとに分析することは無駄と感じています。

精神科的には概ね診断はパラノイア(妄想性障害)でいいのでしょう。行動は理不尽以外の何物でもなく説得は不可能です。また本人が病気と認識していないため薬を飲んでもらえません。だからこそ正直現代の精神科における治療は難しいものです。 それこそ首に縄をつけて薬を飲ませるような個人の自由を制限することは今の医療ではできません。

今回容疑者は家族には謝罪しているそうですが、犠牲者には謝罪の言葉はありません。だって彼の中では正義の行動、いや日本国の代理で行ったと思っているのですから。(だから5億円の報酬要求!2年以内の懲役要求!)前もってわかっているこんな犯罪予備軍をなんともできない自由な日本。本当に問題がたくさんです。 

お金や手間がかかってしょうがないから重複障害者を生かしていても仕方ない。だから家族の同意のもとの安楽死という提言は、以前の高齢者の夕張議論(夕張の病院を潰したら夕張は本当に健康になった? 高齢者の医療の制限)と似ているのかもしれません。議論はいくらしても構いません。いややりましょう。

ただ今回の事件の一番の問題は、家族の同意もないのにあなたが私刑を執行する権利はないということです。でも正論をいくら言っても彼には響きません。そういう病気です。外来で大変だった患者さんを思い出します。

あわせて読みたい

「相模原障害者殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  5. 5

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

  9. 9

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  10. 10

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。