記事

7月27日(水)

相模原市にある障害者施設での大惨事、元職員の犯行だが、報道によると2月、精神保健福祉法による措置入院(自傷や他害の恐れがある人を2人の指定医が診察して入院が必要とした場合、知事・政令市長の決定でできる)していた。

 衆議院議長公邸を2月に2回も訪問し「障害者470人を抹殺することが出来る」とか「職員の少ない時に決行する」とした手紙を持ってきたとも報道されている。

 2月19日、市は精神福祉法により緊急措置入院させたが、3月2日精神状態が安定したとの診断結果を受け、措置入院の解除となっている。

 元職員は措置入院終了後、両親と同居するむねの書類を市に出していたそうだが、実際は1人で住んでいたという。

この点、市は確認していなかったそうだ。

 結果論ではあるが、行政、医療現場は「法的義務はなく、また人権問題にも係ることにもなり」と言う判断をしての退院措置入院解除だったと思うが、もう一歩踏み込んで、家族の思いや、仲間意識を持って対応したなら凶行は防げたのではないかと考える時、再発防止のためにも必要な法整備をすべきであり、何よりも法律の前に行政、医療機関関係者の人間味ある対応、何よりも家族の姿勢が大事でないか。

 改めて今回の事件を深刻に受け止めるものである。

 アメリカ大統領選挙、民主党は正式にヒラリークリントン氏を指名した。

激しく争ったサンダース氏はクリントン氏を支持し、民主党は一体化を演出している。

 これで共和党トランプ氏との勝負となったが、11月8日の選挙まで息詰まる選挙戦になることだろう。

アメリカの一大イベントに注目したい。

あわせて読みたい

「相模原障害者殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  5. 5

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

  9. 9

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  10. 10

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。