記事

黒田の200勝を支えたカープファンの愛着 - 赤坂英一

広島・黒田博樹の日米通算200勝には、単なる勝ち星の積み重ねを超えた意味がある。黒田がいまでもメジャーリーグに残ったままこの数字を達成しても、ファンやマスコミに大いに賞賛されたに違いない。しかし、これほどファンを感動させ、これからも長く記憶に残るような快挙にはならなかったはずだ。

勝ててホッとした

 その大記録は23日、本拠地マツダスタジアムでの阪神戦で達成された。7回、115球を投げて5安打無失点は、今季最高と言ってもいい内容である。ここまで199勝のまま足踏みすること3試合。しかも前回登板、13日の巨人戦では今季ワーストタイの6失点でノックアウトされている。それだけにお立ち台での第一声、「とにかく勝ててホッとしました」は紛れもない本音だったろう。

 日本とメジャーでの通算200勝は05年の野茂英雄以来、史上2人目である。ただし、在籍していた近鉄や日本球界と〝絶縁〟する形で渡米、アメリカで200勝を達成した野茂に対し、黒田はアメリカでそれなりの成功を収めながら、日本の古巣・カープに復帰して大台にまで上り詰めた。これは、単純に順番が逆になっただけ、という違いではない。

 黒田はメジャー(ドジャース、ヤンキース)で投げた7年間のうち10年から14年まで、5年連続で2桁勝利をマークしている。これは野茂をも上回る日本人大リーガー最高記録だ。しかも、11~13年には3年連続で200投球回をクリアしていた。だからこそFAとなった14年シーズンオフには、パドレスから1800万ドル(約20億円)以上とも言われる破格の条件を提示されたのである。

 ところが、黒田はそれほどのオファーを断り、年俸が5分の1の4億円でしかないカープへの復帰を選択した。その理由を、ファンも、私のような野球の報道に携わる人間も、この200勝を機に改めて胸に刻む必要がある。

 黒田にインタビューする機会に恵まれた2015年のシーズン中、私は率直に尋ねた。なぜ、お金よりカープだったのですか、と。本人の答えは至ってシンプルなものだった。

「お金は大事なことだと思います。これから5年も10年も野球人生があるんなら、ぼくも迷ったかもわかりません。でも、もう先が見えてきたし、あと1年でやめなければならないかもしれない。野球人生の最後に、最もやりがいを感じて野球をやれるのはどこなのかと考えると、ここ(広島)に帰ってくるのが一番だろう、という結論になりました」

 金よりやりがい、それも野球人生で一番のやりがいを求めて帰ってきた。そういう生き方を選んだ先に、本拠地マツダスタジアムでの200勝はある。カープファンもそれがわかっているから、これ以上はない温かな拍手と歓声で祝福した。そんな広島のファンについて、黒田もこういう思いを吐露していた。

育った選手に対する愛着

 「メジャーのドジャースやヤンキースにいるときも結構応援してもらいましたけど、アメリカは日本と比べると、ファンの人たちにもどこかドライなところがあるように感じてたんです。FAやトレードなどで選手が頻繁に行ったり来たりするからでもあるんでしょうね。その点、日本の場合は、地元のチーム、そこで育った選手に対する愛着が強い。とくに地方の町にあるカープは、応援してくれる人たちの気持ちの熱さが違うんです。正直、そういうファンの期待がプレッシャーに感じられることもありますが、それに応えようという思いがいい投球につながりますから」

 200勝を達成した直後も、「ファンの方々、メディアの方々にたくさんのプレッシャーをかけていただきました。おかげで、早く決めたいという気持ちが強かった」と語っていた黒田。次の目標は1991年以来25年ぶりの優勝、84年以来32年ぶりの日本一である。「今年のチームは、20年間野球をやってきた中でベストのチーム。最後は、そのチームメートたちと優勝したい」というセリフは、200勝と同じくらい記憶に残る名セリフだった。

あわせて読みたい

「広島東洋カープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日米が演出 「開戦前夜」の狙い

    PRESIDENT Online

  2. 2

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  3. 3

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  4. 4

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  5. 5

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  6. 6

    自民が超会議でカレーを無料配布

    キャリコネニュース

  7. 7

    日本電産会長が億単位の寄付

    中田宏

  8. 8

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

  9. 9

    首相の「森友隠し」思惑は外れた

    五十嵐仁

  10. 10

    「ゴムつけて」反発しない伝え方

    市川衛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。