記事

IOC、ロシアを全面排除せず

ロシアによる国家ぐるみのドーピング隠ぺい問題で、IOC(国際オリンピック委員会)は、昨日24日、電話会議で緊急理事会を開きました。

ロシア・オリンピック委員会を資格停止処分とはせず、ロシアの選手が、一定の条件の下で、リオのオリンピックに出場できることを決めました。

各国際競技団体が、その条件を満たしているかどうかを判断することになります。

ロシアの選手が、リオ・オリンピックに出場するには、国外の信頼できる検査機関の検査結果などの証拠を提出する必要があります。

審査は、各国際競技団体に委ね、IOCが最終的に参加を認める、ということです。

出場が決まった選手は、抜き打ちのドーピング検査を追加で受ける必要があり、受けなければ出場資格を失います。

陸上は、すでにロシア選手団の欠場が確定しています。

国際体操連盟や国際柔道連盟は、出場を認めることに肯定的、とのこと。

各国際競技団体は、難しい判断を、2週間後に迫っているリオ・オリンピックまでにしなければならないことになります。

オリンピックの精神に基づき、各国の選手などが納得のできる対応が望まれます。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  5. 5

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  6. 6

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  7. 7

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。