記事

IOC、ロシアを全面排除せず

ロシアによる国家ぐるみのドーピング隠ぺい問題で、IOC(国際オリンピック委員会)は、昨日24日、電話会議で緊急理事会を開きました。

ロシア・オリンピック委員会を資格停止処分とはせず、ロシアの選手が、一定の条件の下で、リオのオリンピックに出場できることを決めました。

各国際競技団体が、その条件を満たしているかどうかを判断することになります。

ロシアの選手が、リオ・オリンピックに出場するには、国外の信頼できる検査機関の検査結果などの証拠を提出する必要があります。

審査は、各国際競技団体に委ね、IOCが最終的に参加を認める、ということです。

出場が決まった選手は、抜き打ちのドーピング検査を追加で受ける必要があり、受けなければ出場資格を失います。

陸上は、すでにロシア選手団の欠場が確定しています。

国際体操連盟や国際柔道連盟は、出場を認めることに肯定的、とのこと。

各国際競技団体は、難しい判断を、2週間後に迫っているリオ・オリンピックまでにしなければならないことになります。

オリンピックの精神に基づき、各国の選手などが納得のできる対応が望まれます。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  5. 5

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  6. 6

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  7. 7

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  8. 8

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

  10. 10

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。