記事

IOC、ロシアを全面排除せず

ロシアによる国家ぐるみのドーピング隠ぺい問題で、IOC(国際オリンピック委員会)は、昨日24日、電話会議で緊急理事会を開きました。

ロシア・オリンピック委員会を資格停止処分とはせず、ロシアの選手が、一定の条件の下で、リオのオリンピックに出場できることを決めました。

各国際競技団体が、その条件を満たしているかどうかを判断することになります。

ロシアの選手が、リオ・オリンピックに出場するには、国外の信頼できる検査機関の検査結果などの証拠を提出する必要があります。

審査は、各国際競技団体に委ね、IOCが最終的に参加を認める、ということです。

出場が決まった選手は、抜き打ちのドーピング検査を追加で受ける必要があり、受けなければ出場資格を失います。

陸上は、すでにロシア選手団の欠場が確定しています。

国際体操連盟や国際柔道連盟は、出場を認めることに肯定的、とのこと。

各国際競技団体は、難しい判断を、2週間後に迫っているリオ・オリンピックまでにしなければならないことになります。

オリンピックの精神に基づき、各国の選手などが納得のできる対応が望まれます。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  2. 2

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    社長の44.2%は"中卒か高卒"

    MONEYzine

  4. 4

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  5. 5

    プーチン氏 意図的な遅刻で圧力

    THE PAGE

  6. 6

    消化不良な「この世界の片隅に」

    fujipon

  7. 7

    ファーウェイ 社員犠牲に急成長

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    孫正義氏 創業期の7人の恩人たち

    大柴貴紀 Takanori Oshiba

  9. 9

    兄弟姉妹間の"格差"生む親の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。