記事

IOC、ロシアを全面排除せず

ロシアによる国家ぐるみのドーピング隠ぺい問題で、IOC(国際オリンピック委員会)は、昨日24日、電話会議で緊急理事会を開きました。

ロシア・オリンピック委員会を資格停止処分とはせず、ロシアの選手が、一定の条件の下で、リオのオリンピックに出場できることを決めました。

各国際競技団体が、その条件を満たしているかどうかを判断することになります。

ロシアの選手が、リオ・オリンピックに出場するには、国外の信頼できる検査機関の検査結果などの証拠を提出する必要があります。

審査は、各国際競技団体に委ね、IOCが最終的に参加を認める、ということです。

出場が決まった選手は、抜き打ちのドーピング検査を追加で受ける必要があり、受けなければ出場資格を失います。

陸上は、すでにロシア選手団の欠場が確定しています。

国際体操連盟や国際柔道連盟は、出場を認めることに肯定的、とのこと。

各国際競技団体は、難しい判断を、2週間後に迫っているリオ・オリンピックまでにしなければならないことになります。

オリンピックの精神に基づき、各国の選手などが納得のできる対応が望まれます。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "ためしてガッテン"アウトな理由

    三田次郎

  2. 2

    "避妊ジェル"に製薬会社らは反発

    フォーブス ジャパン

  3. 3

    「みんなで貧しく」は何が問題?

    THE PAGE

  4. 4

    正男氏暗殺に見る独裁政府の弱み

    高英起

  5. 5

    東京マラソン2017"コスプレ30選"

    田野幸伸

  6. 6

    森友学園 まとめサイトはスルー?

    ふじい りょう(Parsley)

  7. 7

    宅配問題でAmazon配送料値上げ?

    自由人

  8. 8

    「ストレス」が歳を取らない秘訣

    ヒロ

  9. 9

    森友学園疑惑 役人は汗びっしり

    田中龍作

  10. 10

    育児のしすぎで"離婚危機"の男性

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。