記事

ゴルバチョフからIOCに要請書簡

 2016年リオデジャネイロ夏季五輪からドーピングを使用していないロシア代表を除外しないよう、「国際オリンピック委員会(IOC)」に、ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が要請した。

 ノーベル平和賞受賞者のミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が、トーマス・バッハ会長を含むIOCの幹部に書簡を送った。書簡の内容は、ドーピングを使用したロシアの選手とともに、使用していない選手を処罰しないよう求めるもの。「連帯処罰の原則は私には受け入れられない」と、「マッチTV」に掲載された書簡に記されている。この原則はオリンピック運動の精神に矛盾すると、ゴルバチョフ氏は指摘している。

潔白の選手を許し、使用した選手を罰する

 同時に、ドーピングを使用する選手を批判した。「スポーツにおける違法薬物との闘いを支持する。これは根絶されなければならない悪である。ドーピングの使用が証明された選手は、競技から除外されなければならない」

 ゴルバチョフ氏はさらに、「やみくもな勝利」のためにドーピングを使用する用意のあるロシアの役人と選手を批判し、結果次第で処罰のともなう徹底的な調査が行われるだろうと述べた。

 ゴルバチョフ氏は、IOCが自身の要請に耳を傾け、公正な判断を行うことに期待している。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  5. 5

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  6. 6

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  7. 7

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。