記事

『Pokémon GO』 運動プログラム動機付けとして優れている

いつもの私とは少し毛色の変わった記事です。昨日配信された『Pokémon GO』。やってみました。

『Pokémon GO』公式サイト - ポケットモンスターオフィシャルサイト
 

実はゲーム好きの医師としての感想です。

時折しかウォーキング ができていない自己管理能力の弱い医師には、運動療法の動機付けとしてとても優れていると感じられるものでした。だって外に出て歩かないとできないゲームですからね。

子供達を引きこもりさせずに外に出す目的で作られたゲームと聞いていますが、今の日本において中年、高齢者の運動療法補助としての役割を十分果たせると思います。だって歩くだけはやはり退屈な運動療法がとても楽しいオリエンテーリングになるのですから。とはいえ大学近くに住んでいる私の近所で、昨夜スマホを片手に歩き回っていたのは私より若い人たちばかりでしたがw

強いて言えば、スマホだけでなく3DSなどの機械でもダウンロードできたら子供達にとっていいでしょうに。子供達も歩き回ってさらに元気になってくれるかも。ただ通信の問題がやはりあるのでしょうね。歩いて育てるこのゲーム、それこそ全国にフリーワイファイを整備しなければ無理でしょう。いやそれこそオリンピック前に向けて整備して、ポケモン発祥の地で『Pokémon GO』をやりながら日本満喫なんていう企画もまた海外の客を呼ぶいい手段でしょうに。

実際ポケモンを呼び寄せるアイテムを使うことで、店への集客を行うという効果も海外で出ているそうです。その意味でも日本のマクドナルドがバトルの場所を提携することでまたV字回復する可能性が出てきています。ただ先ほど書いたようにやはりそこには子供の参加が欲しい。だってマクドナルド全盛期、子供達はみんなマクドナルドにポケモンダウンロードしに行ってたんですよ。(付き合っていた父の感想)

またお母さんを含む女性も取り込めそうです。まずポケモンはかわいい。それを周りの景色と写真撮りながら捕まえるゲームなんて、まさに女子向け。本当予想以上の効果が出ることが期待できます。 

ポケモンの数は150前後だそうで、息子から教えてもらいながらやっている中年(老年?)医師。基本ゲームに課金はしませんが、しばらく楽しめそうです。

あわせて読みたい

「ポケモンGO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  6. 6

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  7. 7

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  8. 8

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  9. 9

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  10. 10

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。