記事

脆弱な社会構造の上に君臨する習近平主席 - 澁谷司

 今年7月15日夜(日本時間16日未明)、トルコで軍の一部によるエルドアン政権転覆のクーデターが起きた。一時、軍がテレビ局等を占領し、クーデターは成功したかに見えた。しかし、暗殺を逃れたエルドアン大統領がSNSを駆使し、直接、市民に訴えかけた。これが奏功し、結局、軍のクーデターは失敗に終わっている(ただし、このクーデターは、大統領による反対派粛清のための「自作自演」説がある)。

 さて、トルコ軍によるクーデター未遂事件で、習近平主席が肝を冷やした事はあまり知られていない。トルコでクーデターが発生するやいなや、習主席は、腹心の栗戦書(中央弁公庁主任)に緊急会議の開催を命じた。いかに習近平主席がクーデターを恐れているか、その証左だろう。

 習主席はすでに何度も暗殺されかけているが、今年の旧正月明け(2月14日以降)、ファースト・レディの彭麗媛への暗殺未遂事件も発生している。

 栗戦書が主催した党政軍の会議では、今後、どのように国内でのクーデターを未然に防ぐかが討議された。このように、習近平政権が海外の事件に対しても神経を尖らせている。

 他方では、習近平政権は東シナ海・南シナ海で、強硬姿勢を崩していない。周知のように、7月12日、国際常設仲裁裁判所が、南シナ海を巡る中比の紛争の裁定を下した。同裁判所は中国の「9段線」には根拠がないとして、フィリピンの主張をおおむね認めた。

 しかし、習近平政権はその裁定を一切無視しようとしている。そればかりか、習主席は、退役軍人を招集し、解放軍に戦争の準備までさせている。

 習近平政権が、どうして対外的に強硬策をとるのか。それは、政権基盤が盤石ではないからに違いない。そのため、習主席自身が、国内向けに海外へ向けて力を誇示する必要があるのだろう。

 では、なぜ習近平政権は政権基盤が脆弱なのか。いくつの理由が考えられる。ここでは、主な2つの要因を挙げてみたい。

 第1に、中国経済の長引く低迷である。

 (1)「リーマン・ショック」以来、過剰投資・過剰供給により、現在、内需が不足している、

 (2)「反腐敗運動」により賄賂が自粛され、経済活動が冷え込んでいる、

 (3)国有企業の構造改革が遅々として進まない、

 (4)不動産の過剰供給のため、北京・上海・深圳など1線級都市の不動産を除き、その価格が低迷している。一説には、34億人の住める住居がすでに建設されているという、

 (5)中国全体の負債が大きい。中国社会科学院の研究によれば、中国にはGDPの2.5倍もの負債(約2650兆円)があるという、

 (6)当局による株式市場や為替市場への場当たり的介入で、市場が混乱している、

 (7)習近平主席や李克強首相が、海外で中国高速鉄道を売り込むが、失敗続きで、外需が増大しない、などだろう。

 第2に、貧富の格差の拡大である。

 香港『争鳴』(2016年7月号)は、国務院研究室、中央党校研究室、社会科学院三者による調査研究結果を公表した。

 それによれば、中国大陸には、財産が1億元(約15億円)以上の財産を持つ人や家庭(戸)は、291.3万〜300万人(戸)にのぼる。

 北京、天津、上海、杭州、広州、深圳の六都市に251.5 万人(戸)あまりの富豪が集中する。

 特に、北京には最も多くの富豪(57.2万人<戸>)が住んでいる。その中には、10億元〜20億元(約150億円〜300億円)資産を持つ富豪が6万1250人(戸)、20億元(約300億円)以上の資産持つ大富豪が1万780人(戸)いる。

 海外へ移民した官僚の家族ら約325万人は、合計、およそ7.2兆元〜7.6兆元(約108兆円~114兆円)の資産を所有しているという。

 また、中国共産党の「紅二代」・「紅三代」(党・政府幹部の子弟や孫)の8割がビジネスで大富豪になっている。「紅二代」の家族の子女はビジネスを始めて、平均5年以上で富豪となる。

 一方、昨2015年11月、共産党自ら認めているように、貧富の格差が二極化し、その差がさらに拡大している。未だ、農村や都市に9000万人以上の最貧困層が存在する。

 米国在住の中国研究者、何清漣によれば、中国大陸には、依然、60%前後の貧困層がいるという。仮に、中国の人口を14億人とすれば、およそ8.4億人が貧困層を形成する。もし15億人とすれば、

 約9億人が貧困層となるだろう。

 このような異常な格差は、中国社会を不安定化させている。

澁谷 司(しぶや つかさ)
1953年、東京生れ。東京外国語大学中国語学科卒。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004~05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011~2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。
専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)等多数。
 

あわせて読みたい

「習近平」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    タワーマンション買う「田舎者」

    文春オンライン

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    マスク依存症は新たな"国民病"か

    ニッセイ基礎研究所

  5. 5

    森友学園 "タダ同然"のカラクリ

    田中龍作

  6. 6

    低リテラシー層は"検索しない"

    永江一石

  7. 7

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  8. 8

    東芝はヤミ金の被害者と似ている

    シェアーズカフェ・オンライン

  9. 9

    投資信託5000本のうち99%は不要

    内藤忍

  10. 10

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。