記事

これは危険思想か、それとも愛国心か 『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』 (伊藤祐靖 著)(文藝春秋 刊)

 新安保法制が施行され、自衛官の「戦死」がいよいよ現実味を帯びてきた。しかし、今の日本という国家に、「死ね」と命じる資格があるのだろうか――。
 自衛隊初の特殊部隊「海上自衛隊特別警備隊」の創設メンバーである伊藤祐靖氏が、その数奇な体験をもとに、「国のために死ぬ」ことをとことん突き詰めて考えたのが本書だ。


『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』 (伊藤祐靖 著)(文藝春秋 刊)

――伊藤さんは、特別警備隊の先任小隊長として、その創設に関わりましたが、きっかけとなったのは、1999年の能登半島沖不審船事件でしたね。

 当時最新鋭のイージス艦「みょうこう」の航海長として、この事件に遭遇しました。

――この時は、日本人を拉致している最中である可能性が高い不審船を発見、追跡。自衛隊史上初めて「海上警備行動」が発令され、激しい威嚇射撃の末、ついに不審船を停船させました。

 しかし、ここで「みょうこう」は大問題に直面しました。停船させたあとは、不審船に立入検査隊を送り込む必要があったからでしたね。

 当時の海上自衛隊には、特殊部隊もなければ、立入検査の訓練もしたことがありませんでした。防弾チョッキさえないという状況でした。

 相手は高度な訓練を受けた北朝鮮の工作員である可能性が高く、ごく普通に考えて、立入検査隊を送り込めば、「全滅」するはずでした。

――当然、隊員たちは、不安を口にします。そこで、伊藤さんは訓示をされたそうですね。

 訓示ではなく、「自分たちが行くことに意味があるのか」と質問してきた部下にこう答えたんです。

「つべこべ言うな。今、日本は国家として意思を示そうとしている。あの船には、拉致された日本人のいる可能性がある。国家はその人たちを何が何でも取り返そうとしている。だから、我々が行く。国家がその意思を発揮する時、誰かが犠牲にならなければならないとしたら、それは我々がやることになっている。その時のために自衛官の生命は存在する。行って、できることをやれ」

と。

――その時、伊藤さんはどんな心境でしたか? また、隊員はどんな反応でしたか?

 あの時、彼に私自身の職業観や死生観をぶつけるようなことを言ってしまったのは、じつは、自分だけが「置いてけぼり」にされている気持ちだったからだと思います。航海長という立場上、私が乗り込むわけにはいきません。

 せっかく、これまでにない重大な命令が下された。俺は行けないのにお前は行けるじゃないか。何を言ってるんだ、という気分があったんですね。

 ただ、その気持ちを押し付けるつもりはなく、当然、相手も反論してきて、議論になると思っていた。そこで、お互いの思いを腹の底からぶつけ合えば、彼の気持ちが少し楽になるんじゃないかと。

 ところが、彼は反論するどころか、

「ですよね」

 と、粛々と立入検査の準備を始めてしまった。

 むしろ、わたしのほうが、

「それだけかよ……『ですよね』だけで行っちゃうのかよ」

 と思うと同時に、彼の人生すべてを背負ってしまった責任の重さに戸惑いました。

 ある隊員などは、防弾チョッキの替りのつもりなのか、『少年マガジン』をガムテープで胴体に巻きつけていました。とても滑稽な姿なのですが、わたしは、その清々しく、美しいとしか言いようのない表情に見とれていました。

 彼らは、命令を下されてからわずか10分の間に、この世のことはすべて諦め、“わたくし”をすべて捨て去ったのです。

 あの時、わたしは、70年前に特攻に向った先輩たちも、きっと同じ表情をしていたのだろうと感じました。

――この時は、いったん停船した不審船が、再び猛スピードで動き出し、北朝鮮の領海に逃げ込んだため、実際に隊員たちを送り出すまでには至りませんでしたが、もし検査隊が送り込まれ、全滅していたら、伊藤さんはどうされるつもりでした?

 わたしも生きているわけにはいかないと思いましたね。

 同時に感じたのは、こういう任務には、「向いている人」と「向いてない人」がいるということでした。立入検査隊員たちは自分の死を受け入れるだけで精一杯で、いかにして任務を達成しようかということまで考える余裕はありませんでした。

 ところが、世の中には、「自分が死ぬのは仕方ないとして、どうやって任務を達成しようか」と考える人間もいるんです。そういった特別な人生観の持ち主を選抜し、特別な武器を持たせ、特別な訓練をさせなくては、任務を達成することはできない。そのことを痛感しました。

特殊部隊は日本の国民性に合っている

――それが特殊部隊創設につながったのですが、そういう特別な人間を見分けるのは至難の業ではないですか?

 わたしに言わせると、そういった人間は100メートル先にいてもわかる(笑)。でも、それでは話になりませんから説明しますと、少し抽象的になりますが、特殊部隊に「向いている人」の多くはコントロールが効かない人なんです。

 コントロールの効く人とは、言い換えると枠の中にいる人です。そして、普通の人を枠の中に入れるには、飴と鞭を上手に使えばいい。

 たとえば、子どもなら、これをしたら廊下に立たせますよ、これをしたら親を学校に呼び出しますよ――これが鞭です。罰則と言ってもいい。大人になっても、罰金とか懲役とか、極端な例では、これをしたら死刑になりますよ、というのがそれです。それに対して、これをすれば褒めてあげます、もしくは名誉が与えられますというのが飴です。

 こういうことを繰り返していくうちに、人は枠の中に入っていきます。ただ、ほとんどの人は、その罰則が正しいのかどうか深く考えて受け入れているわけではない。ただ親が、世間が、上司が、役所がそう言うからそうしている。自分が本当は正しいと思うことをしたら罰則が待っている。それでもやるのか、やらないのか――そういった葛藤をしたことがないと思います。

 ところが、世の中には、飴にも鞭にも関心がない人がいる。

 彼らは、「枠」、つまり外側から与えられた価値観では決して満足できない、自分自身の価値観に忠実な人間です。罰則があろうとなかろうと、自分が正しいと信じたことをやる。そして、共通して思っているのは、「満足して死にたい」ということ。金持ちになってベンツを乗り回しても、満足できない人たちなんです。ただ、こういう人は、だいたい不器用で、組織の中では居場所を見つけられないんですね。自衛隊は、ある意味、究極の“お役所”ですから、こういった人たちは、そこからはみ出していました。

 こういう人たちこそ、自分の命を投げ出してでも、公のために奉仕したい、という強烈な思いを持つことができるのです。

 最初に隊員を集めた時、よくもまあ、これだけはみ出し者ばかりを集めたものだと言われましたが(笑)、彼らがいたからこそ、特殊部隊はできたのです。

――その特殊部隊ですが、どのくらいの実力なのか外から見ていてもわかりません。実際、日本の特殊部隊はどのくらい強いのですか? たとえば、今、北朝鮮にとらえられている拉致被害者を奪還することは可能なのでしょうか?

 すでに部隊を離れて10年たっていますから、今の部隊について語る資格はありません。しかし、わたしが先任小隊長を務めていた当時であれば、間違いなく「できます」と答えたでしょう。もちろん、軍事作戦に絶対はありません。しかし、もし我々が失敗するとしたら、世界中のどんな特殊部隊がやっても失敗するとは、思っていました。

――そんなに、日本の特殊部隊は強いのですか?

 抜群の能力があります。また、特殊部隊は、日本の国民性に合っているとも言えるのです。

 普通の軍人と違って、特殊部隊は一人でいろんなことができなくてはなりません。射撃も、爆破工作も、格闘も、潜水も、パラシュート降下も……例えるなら、陸上の十種競技のようなものです。十種競技の選手は幅跳びも、短距離も、砲丸投げも、個別の競技で抜群の成績はとれなくても、満遍なく好成績をあげる力があります。特別秀でているものはなくても、すべてそこそこできるという資質、場合によっては器用貧乏と言われたりもしますが、それが特殊部隊には向いているのです。

 さらに、いろんなことをやるためには、まず勤勉であること。次に器用であること。そして飲み込みが早いこと。若干飽きっぽいところも大切です。これらはすべて日本人の性質に合っているんです。

自衛官は奴隷ではない

――特殊部隊といえば、アメリカ海軍のネイヴィ・シールズや陸軍のグリーンベレーが有名で、彼らこそNo.1のような気がしていましたが、そうではないのですか?

 特殊部隊に関して言えば、アメリカを高く評価する人を見たことはありません。実際に一緒に何度も訓練しましたが、“忘れ物が多くて、すぐに痛がる、気のいいアンチャン”というのが、わたしの印象です(笑)。

――能登沖不審船事件に戻りますと、立入検査隊員を送り出さんとする時、伊藤さんは、

「“わたくし”を捨てきった彼らを、それとは正反対の生き方をしているように見えてしまう政治家なんぞの命令で行かせたくなかった」

 と、書いています。

 ここだけ読むと、シビリアン・コントロールを否定しているようにもとれます。もし、政治家の人気取りや、外国とのお付き合いが目的で発せられたとしか思えない命令が下った時、自衛官はどうすべきだと考えていますか?

 私に限って言えば、その理由に納得が行かなければ命令を拒否します。いまだに整備されていませんが、もし軍法会議が法制化されていたら、命令を拒否すれば死刑に処せられるかもしれません。それでも、わたしはそうしたと思います。

 その代わり、命令を拒否する根拠の中には、“わたくし”の文字は欠片もない自信があります。だから、拒否しますし、部下にも私の命令を拒否しろと言っていました。

 しかし、考えてもみてください。人間に対して、「死んでこい」と命令を出すのだから、納得できるだけの理由を示す、というのはおかしなことでしょうか? あれだけの苦痛を毎日積み重ね、その時のために、心と身体を整えている者達に、すべてを捨てさせる訳ですから、それにふさわしいロジックと情熱と、できればオーラをもって、命じるべきです。これは、シビリアン・コントロールうんぬん以前に、最低限の“礼儀”だと思います。

 自衛官は奴隷ではありません。「死ななくてはならない」理由が、「上がそういっているから黙って行け」とか「規則で決まっているから仕方ないだろう」で行かせる訳にはいきません。その代わり、命令権者自身に私心がなく、心から正しいと思う理由を示すのならば、何だってやるのが我々です。

 そんなことをしたら、規律が成り立たないじゃないか、などと言う人は、軍事組織のことをよく知らないのだと思います。

 特殊部隊員の適性と同じことで、罰則に縛られて正しいと思うことができない人間は信用できません。信用できない人間の命令は受け入れることも、作戦行動を一緒にとることもできません。これは、今の自衛隊の組織でもそうです。私が言いたいのは、そういうことなのです。

――本書では、戦前から現在に至るまでの日本という国家のあり方にも筆が及んでいます。詳細は読んでもらうとして、伊藤さんが今の日本に欠けていると思うところはありますか?

 ん~、ありません。戦前が善で戦後が悪、戦前が悪で戦後が善、いろいろ言われますが本質的には何も変わってないと思います。もっと言えば明治の人が強いとか、江戸がどうだ……、変わってないと思います。だからこそ、明治維新、慌てて他人の真似をして150年、戦後、他人の習慣を強要されて70年、守破離ではありませんが、本来の自分と他人のいいところの融合を創り出す時期だとは思います。典型的なのが責任の取り方で、太古以来、この国では「個人の責任」が育ちにくい土壌があったと感じています。軍隊で言うならば、全員スタッフ(参謀)で、責任を取る指揮官が誰なのかを明らかにしない。

 もちろん傾向としてですが、1000年以上前から、矢おもてに立ってしまうようなこと、責任をとることは、天皇陛下一人にお任せして、他の者はいい意味で重圧より解放された状態で、どうあるべきかを考えることができていた。そうすれば能力を発揮する人が多い国民性があるような気がするんです。

 こういった日本人の気質に基づく長い習慣と他国のいいところを融合させた今からの国の形を創らなければならない時期だと思います。

 本書は、我々はどういう国家・国民になるべきで、それにはどうしたらいいのか考えるきっかけにして欲しいという想いの本なのです。
伊藤祐靖(いとう・すけやす)
1964年東京都出身、茨城県育ち。日本体育大学から海上自衛隊へ。防衛大学校指導教官、「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事件を体験。これをきっかけに自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊の「特別警備隊」の創設に関わる。42歳の時、2等海佐で退官。以後、ミンダナオ島に拠点を移し、日本を含む各国警察、軍隊に指導を行う。現在は日本の警備会社等のアドバイザーを務めるかたわら、私塾を開いて、現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている。著書に『とっさのときにすぐ護れる 女性のための護身術』がある。
国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動
伊藤祐靖・著
(文藝春秋 刊)
定価:本体780円+税 発売日:2016年07月21日
詳しい内容はこちら

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  8. 8

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    受験するなら"文学部"が良いワケ

    山本直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。