記事

親の介護のために離職したら「モンスターシングル」扱い 偏見を助長するような造語は止めるべきだ

社会の高齢化が進み、最近は両親の介護をするために、働き盛りの子供が離職して家庭に入るというケースも珍しくなくなってきた。

しかし、たとえ介護のためであっても、働き盛りの人間が仕事に出ず、家にこもりっきりでいることについては、心無い偏見の目を向ける人というのがまだいるようだ。(文:松本ミゾレ)

ブラック企業に就職して辞めた人も「モンスターシングル」になる?

7月16日に放送された「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で、気になる特集が組まれた。番組に登場した甲南大学の阿部真大准教授は、パラサイトシングルの進化系として、「モンスターシングル」と呼んでいるのだという。

そもそもパラサイトシングルは、社会人になっても両親と同居し、一人暮らしをせずに生活費を節約する独身者のことを指していた。そのパラサイトシングルより酷いケースというのが、モンスターシングルである。

番組ではその特徴として「生活費のほとんどを親に依存するだけでなく、親の資産や年金を食い潰し、老後の生活を脅かす独身男女で、多くは無職」と説明されていた。

うん、流石にここまで行ってしまうと問題だ。モンスターシングル。恐ろしい人種である。

特集では、総務省の統計も紹介していた。2000年には、上記の条件を踏まえた上で、35~44歳でモンスターシングルと呼べそうな人は28万人だったのに対し、2014年には倍以上の62万人にも増えているというのだ。

ただ、モンスターシングルがここまで増えていった理由は、本人だけに原因があるわけではない。阿部氏によると、ブラック企業に就職して追い詰められたり、親の介護に専念するために離職をした人たちも、モンスターシングルになってしまう可能性があるという。

「そうか、世間的にはモンスターなのか」と落胆する人も

僕はここで、ちょっとモヤモヤした気持ちになってしまう。親の介護のために仕事を辞めた人まで、年金を食い潰すモンスター扱いするのは、あんまりなんじゃないだろうか。

介護サービスをフル活用したって、結局行き届かない部分は絶対にあるし、そうなると家族がフォローするしかない。24時間の介護が必要な高齢者だっている。家族の介護のために仕事を失った人々のことをモンスターシングルと呼んでしまうのは、あまりに惨い。

番組終了後、2ちゃんねるのとあるスレッドに、こんな声が書き込まれていた。

「自分がまさに介護離職した無職独身実家暮らし人間なんだけど、『そうか、世間的にはモンスターなのか…』って激しく落ち込んでる」

周囲の環境のせいで泣く泣く離職をした人々と、元々パラサイトしていた独身者とを同じモンスター扱いしてしまうことは、良いこととは思えない。この書き込みには、他のネットユーザーからも流石にねぎらいの言葉がかけられていた。

家庭の事情について何も知らない人々というのは、やっぱり平日の昼間に働き盛りの独身者が家にいるというだけで、ゲスの勘繰りをしてしまうものだ。そういう勘繰りを助長させるような十把一絡の造語は、個人的には流行してほしくないと思ってしまう。

そもそも日本は、今後ますます高齢化の波に飲まれていくことが確実だ。介護離職をする人々もますます増えることになるわけで、誰もが「明日は我が身」の問題として考えねばならない時期に差し掛かっている。

個々の家庭の、複雑な事情を知らない世間の目は常に冷たい。いたずらにその偏見を助長させるような造語は必要ない。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  2. 2

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  3. 3

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  4. 4

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  5. 5

    鈴木五輪相に政治資金疑惑が浮上

    NEWSポストセブン

  6. 6

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  7. 7

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  8. 8

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  9. 9

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  10. 10

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。