記事

ロシア、国ぐるみのドーピング

リオデジャネイロ・オリンピックが間近になり、今日も、日本の男子体操の選手が出発した、とニュースが流れていました。

そうした中、世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームは、18日、カナダで記者会見し、2014年ソチ冬季オリンピックなどで、ロシアのスポーツ省が主導して、ロシア選手の禁止薬物使用を隠ぺいする、国ぐるみの不正が行われていた、と断定した調査報告書を公表しました。

WADAは、これを受けて、リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックで、ロシア選手団の全面的な出場禁止を検討すべきだと、国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に勧告しました。

IOCは、昨日19日、緊急電話理事会で処分を協議しましたが、処分などの決定を延期した、と報じられています。

WADAの報告書では、ロシアスポーツ省が不正を主導、モスクワの検査所で検査結果を虚偽報告する手法が横行、夏冬の大半の競技の選手が恩恵、外部の監視があったソチオリンピックでは検体すり替え、などがあった、ということです。

ロシアは、ソチオリンピックでは、国・地域別でトップの13個の金メダルを含む33戸のメダルを獲得しています。

今回の不正は、5月にアメリカのメディアが、モスクワ検査所の元所長の証言を報じたことで、明るみに出たものです。

ロシアは、報告の客観性を疑問視して、スポーツへの政治介入に当たる、と反発しているそうです。

しかし、国ぐるみの不正を、国際機関に認定された事実は、大変重いものだと思います。

禁止薬物を使用したことは、フェア プレーに反することはもちろん、スポーツのあり方の根幹にかかわることです。

国ぐるみとなると、国際的な監視の強化が必要でしょう。

公平なルールのもとで、正々堂々とスポーツ精神にのっとって競技をする祭典の、オリンピックの直前に、このような報告書が出たことは、大きな問題提起だと思います。

長年鍛えてきた、各国の選手たちが、公平に力を競えるよう、一点の疑問も持たれないよう、迅速な対応を望みたいと思います。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  5. 5

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  6. 6

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  7. 7

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  8. 8

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  9. 9

    正恩氏 米の斬首作戦に過剰反応?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    増田寛也氏に杉並区が"異常"報酬

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。