記事

「子育て」の空気と日本の空気

1/2

 


 
 ここ十年ぐらいで、インターネット上で子育てについての文章を見かける機会が多くなった。子育て個人ブログを掘り起こすと、天国のような親子関係が綴られたブログもあれば、天国を装った地獄を垣間見せるブログもあって、娑婆世界の広さに驚かされる。
 
 さておき、インターネットのトラフィックをさらっていくのは、幸福な子育ての、個人的な記録などではない。育児負担やストレスに潰れそうな話、育児にまつわる夫婦の摩擦の話、そういった「不幸な子育ての物語」が専ら注目を集める。ときには、それが社会問題として議論されることもある。
 
 インターネット上で流行りやすいのは、ちょっと主語が大きめで不幸寄りな子育ての「物語」、いや「コンテンツ」ということだ。
 
 のみならず、子育てについて成人同士で会話をする時にも、子育ての苦労話には引け目はあまり感じず、子育ての楽しい話をする際には“遠慮”が要る。
 
 
 “遠慮”ではなく、上記に倣って“慎み”と言い直すべきかもしれない。大人社会に順応するためには、こういう“慎み”は重要だ。オンラインでもオフラインでも、子育ての楽しさの真髄は語られるべきではないとされ、“慎み”のオブラートに包んだかたちで子育ては語られなければならない。
 
 でも、これって本当に良いことなんだろうか?   

おおっぴらに子育てを語る際の「空気」

 子育ての体感は、苦しさが優勢な家もあれば、楽しさや育て甲斐が優勢な家もあるだろう。いや、ひとつの家庭、ひとつの親子でも、苦しさの勝る時期もあれば、楽しさが勝る時期もある。子育てが苦しさ一辺倒というのも、楽しさ一辺倒というのも、少数の例外でしかない。
 
 ところが、オンラインでもオフラインでも子育ての苦しい部分は話題にしやすいのに、子育ての楽しい部分・やり甲斐のある部分は話題にしにくい。本当に幸せそうな子育てブログが静かに営まれていることが示すように、そういうのは拡散もしにくい*1
 
 結果、インターネット内外で「子育ては苦しい」「子育てはストレス」と強く印象付けられやすい。子育てをしている人はともかく、子育てをしていない人はとりわけそうではないだろうか。だが、これは子育ての内実の半分ぐらいしか言い表していない声であって、公正を期するなら、ネット内外には「子育ては楽しい」「子育てには遣り甲斐がある」といった言葉がもっと流通しても良いのではないだろうか。
 
 もちろん、こうした「子育ては楽しい」「子育ては遣り甲斐がある」といった声には反発もあるだろう。
 
 例えば、「その楽しい子育てを見て傷ついている人もいるんだ!」「楽しい子育てを見聞きしたら、苦しい子育てをしている人に申し訳ないだろう!」といったものである。
  
 そういった懸念は、あるていど実際そのとおりだろうし、それが“慎み”を生むというのも理解している。しかし、子育ての苦労話やストレス話しか許容しない空気や雰囲気が社会に蔓延するのも、それはそれで問題ではないだろうか――つまり、子育てについては苦しさやストレスを語るのが適切で、楽しさや遣り甲斐について語るのは不適切とみなす空気によって、日本社会の子育て観は不当に歪められているのではないだろうか。そして、“慎み”の名のもと、そのような空気を支え合うことによって、私達は“奴隷の鎖自慢”のような状況に加担しているのではないだろうか。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。