記事

グローバリズムと愛国心

門弟の中にグローバル企業に勤めている者や、英国企業に勤めていた者がいるようだ。
大いに歓迎する。

グローバル企業といっても、色々あるのだろうし、細かい事情は知らない。

わしの読者は優秀だから、外資に勤めている者から、六本木ヒルズで声をかけられ、握手を求められたことがある。
申し訳なさそうに、「外資なんですけど家族のために頑張っておりますので」などと、わしに対して冗談交じりで言ってたが、今でも『ゴー宣』を読み続けていた。

わしは笑いながら「家族を守るのは大切だ。頑張りなさい」と応えたものだ。
公と私、個人と集団、誰もがそのバランスを取りながら人生を歩んでいる。
わしの読者を続けている者の動機はいろいろあるだろう。

少なくとも日本国への愛がなければ、読み続けられないかもしれない。
グローバル企業に勤めていても、愛国心があるという者は多いはずだ。

思想として、哲学として、ナショナリズムとグローバリズムの関係性を考えておくことは、全世界の未来を予測する上で、重要なことだと思う。

あわせて読みたい

「愛国心」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宅配急増の裏で運送業は地獄絵図

    キャリコネニュース

  2. 2

    "ふるさと納税"に多摩市長が怒り

    メディアゴン

  3. 3

    森友学園 まとめサイトはスルー?

    ふじい りょう(Parsley)

  4. 4

    アメ車が日本で売れないワケ

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    トランプ氏トイレ政策撤回の波紋

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    宅配問題でAmazon配送料値上げ?

    自由人

  7. 7

    "反日親北"に傾く韓国 どう対応?

    tenten99

  8. 8

    森友学園疑惑 役人は汗びっしり

    田中龍作

  9. 9

    日本で働く"台湾人"が急増の理由

    キャリコネニュース

  10. 10

    amazonギフト券は「第二の通貨」

    加藤順彦

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。