記事

『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』を読んで

1/2
おおたとしまさ


社会学者筒井淳也さんの『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』(光文社新書)はおすすめです。前作『仕事と家族』(中公新書)が非常に勉強になったので読んでみたのですが、これもヒット。

昨今のワーク・ライフ・バランスや男女共同参画の文脈における短絡的すぎる議論への警鐘と読める箇所もたくさんあります。たくさんあるのですが、ごく一部だけ引用します。

「短絡的」とは、たとえば、おなかをすかしている野良猫がいるからと、見かけるたびにエサをあげる「やさしさ」が、かえっておなかをすかせた野良猫を増やすことになってしまうみたいなことです。全体最適化の視野がないまま、部分最適化だけの施策が講じられるみたいなことです。昨今のワーク・ライフ・バランスや男女共同参画の文脈にはそういうことが多いように感じます。

P93
しかし、シングルマザーの貧困の問題はシングルマザーであることから生じるのだ、という議論は、いかにもピント外れです。シングルマザーや同棲が貧困問題の原因なのではなく、貧困がこれらを問題化しているのです。
P106
性別分業態度と家事分担の関係に関しては、アメリカの研究にはもうちょっとややこしい説明もあります。ひとつは、対等に働いていても、女性が家事を「手放さない」ケースに対する説明です。簡単にいえば、女性が「家庭の責任者」としてのアイデンティティを維持したいがために、容易には夫の参画を認めない、ということです。もうひとつは、妻よりも稼ぎの少ない経済力のない男性が、あえて家事をしないというケースに対する説明です。これは、「稼ぎ」によって男らしさ・男性の権威を表現することができない夫が、あえて家事をしないことによって男性役割を維持しようとするという、ちょっと情けない状態を指しています。
P184
政府のワーク・ライフ・バランス政策、企業のファミリー・フレンドリー制度は、私たちの結婚や家族についての自由で自主的な決定をサポートしてくれます。こういうと聞こえは良いのですが、私たちの自由な決定が、必ずしも社会全体にとって望ましい状態をもたらすわけではありません。
P210
家族の負担を減らすこと、つまりある意味での家族主義から脱することによって、人々は進んで家族を形成できるようになるのです。
P213
「仕事でも家庭でもマネジメントでリスクヘッジ」みたいな生き方は、ビジネスライクでかっこ良いのかもしれませんが、なんとも息が詰まります。(中略)家族でも同じことです。失敗できないから一生懸命家族生活をマネジメントすること自体は決して悪いことではないでしょう。しかし、失敗してももう一回、という環境があれば、人々は気軽に「一歩」を踏み出すのではないでしょうか。
そのほか主旨としてはこんなことも書かれています。

・共働き夫婦が増えているのは、自立した男女が増えているのではなく、むしろ自立できない男女が増えているために、共働きを余儀なくされているのであり、本来リベラルが求めていた男女平等の社会とは意味合いが違う。

・北欧では、女性でも働いている割合は多いが、実はその多くはケア労働従事者である。もともと家庭内で女性が無償で行っていたケア労働を、社会全体で有償労働として買い上げている状態であり、社会全体として性別職域分離になっている。

・アメリカでは外国人労働者との賃金格差を利用してケア労働を安価にアウトソーシングすることで社会が成り立っている。

・共働き社会では世帯間経済格差が広がりやすい。共働き社会では、男性が、女性の学歴を気にするようになるとも考えられる。

男性学の田中俊之先生しかり、筒井さんしかり、男女の積年の感情的な怨みつらみで語られがちな話題を、非常にクリアな解像度で冷静に語ってくれる学者さんたちが注目されていることはとてもいいことだと感じます。

社会学者さんたちの良著と合わせて、実地的な話に心理学的な解決策を提案している『ルポ父親たちの葛藤』(PHPビジネス新書)も、「資料集」的にお読みいただけると「理論」と「リアル」が結びつくのではないかと思います。

以下はおおたの考察です。『結婚の家族とこれから』に触発されてはいますが、本の内容とは直接関係ありません。

日本の正社員の1日の平均労働時間は約8時間40分だと聞いたことがあります。いろいろな計算の仕方があるでしょう。面倒なので、約9時間としてしまいましょうか。

ということはこれまで日本の社会は、1つの家族から約9時間の労働時間を社会に提供すれば一家がなんとか生きていくための糧が得られる社会だったということです。でも、男性が約9時間外で働いてへとへとになって帰ってきても大丈夫だったのは、女性が家庭の中を切り盛りしてくれていたからです。家事や育児を一切合切やってくれていたからです。

女性は24時間365日休みなしで家事や育児をしていたわけです。特に子供が小さなうちは。子供がある程度大きくなって手間がかからなくなると、少しだけできた時間でパートに出かけて家計を助けたりしていたわけです。

あわせて読みたい

「ワーク・ライフ・バランス」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

  4. 4

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  5. 5

    "東芝の危機"で浮かび上がる日立

    THE PAGE

  6. 6

    高齢者風俗嬢が日本に一石投じる

    文春オンライン

  7. 7

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  8. 8

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  9. 9

    不人気蓮舫氏の"性格と言い回し"

    ヒロ

  10. 10

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。