記事

私の中のアルコール依存症

あと2ヶ月で、自分がアルコール依存症であることを知ってから5年になります。この特異な闘病生活が5年という節目でもあるので、私の依存症というのはどういうものであったのかをここに整理しておこうと思います。

長文になります。興味ない人には何の役にも立たない情報ですのでこのままタブを閉じてください。なお、闘病が始まった頃の記事もありますので興味のある方はご参照ください。

私の持病について

依存症にも様々な段階や現れ方があると思うので、以下は私についてのことです。

■遺伝的ななりやすさ

依存症は遺伝に大きく関わりがあるようで、血族に患者がいる人は発症確率が高いそうです。それからアルコールの分解酵素を持ってる人、いわゆる下戸でない人だけが基本的になる病気のようです。

その意味では私はなりやすかった。母方の祖父と叔父・従兄弟にも明らかな依存症がおり、暴力的な酒乱でした。父方は穏やかな酒ですが、やはり酒豪といえる家系です。

私は酔っても暴力を振るうことはなかったので、父方の「良い酒飲み」だとばかり思っていました。家族や周囲も最初はそうだと思ってたんです。

■依存症になるまでの経緯

私は高校時代までに口にしたアルコールはビールにしてコップ2〜3杯に過ぎず、昔の子供が大人に冗談で飲まされた域にとどまっています。よって、飲酒の習慣ができたのは大学入学からです。

最初はこわごわと飲んでいたので日本酒1〜2合も入ればそこそこいい気分で目が回っていたのですが、クラブの先輩の豪快な飲みっぷりを見て「おお、これでいいのか」という感じで急性アル中1歩手前まで飲んだことが数回あり、それから「飲むなら潰れるまで飲む」というのが習慣になってしまいました。

いま思うとこれが依存症への序章だったわけですが、依存症についても無知だったし自分がそうなるとも思っていませんでした。

■依存症の始まり

大学の2年目か3年目には、すでに依存症は始まってたのかもしれないです。というのも、決心して数日間お酒を断っても、また必ず飲みだしてしまう。そして、1杯飲むと倒れるまで飲まないと気がすまない体になっていました。

友達と飲みに行くのでなくても、自宅に1升瓶を置いて飲む。飲み足りないと深夜でも買いに行く。そういう生活になりました。

学生時分は昼間でも飲もうと思えば飲めたのですが、それはあまりなく、主に夜飲んで倒れ、朝起きて二日酔いでぼんやりし、また夕方から飲むような生活でした。

この延長でそのまま社会人になり、仕事が終わると晩酌し、潰れるまで飲んで翌朝重い体を奮い立たせて出勤するという日々でした。

当然、仕事も辛かったし職場でも臭いと言われたことがあり、やめなきゃいけないという思いはすごくあるのですが、当時は仕事もハードで体の疲れを酒で癒やすという結構最悪な依存症生活に入っていきます。

結婚し子供ができてからは仕事の量は減りましたが、酒量は少しずつ増えたようです。


■依存症の程度

アルコール依存症というと、朝から晩まで飲む、飲むと性格が変わって暴れだす、お酒が切れると体が震えて顔つきまで変わる、という廃人のイメージが濃いかと思います。

しかし私の場合はよほどでなければ朝は仕事に行ってました。仕事中はもちろん飲まないし、夜でも車の運転が必要なときは飲まずに我慢できました。それは我慢というより至極普通だったので、自分は依存症ではないという言い訳ができるほどでした。

晩酌中、翌朝の仕事は気になっているので、早く飲んで潰れてしまいたい、潰れて寝てしまえば翌朝は起きられる、という意識でいました。だから、私の晩酌を邪魔する要因があると人知れずイライラしたものです。

もちろん休日前は時間を気にせず好きなだけ飲むのですが、もはや楽しみというよりは義務もしくは定例作業に成り果てていました。

飲む量としては1晩にビール500mlと日本酒1L程度。これより少ないときは体調が悪かったのかな、という感じでした。

休日は昼間から飲みたいのですが、子供を連れて運転することが多かったためにあまり飲む機会がなく、いま思うと自分の意志とは裏腹にこれが少し良かったのかもと思います。

■外での飲みっぷり

学生時代は利害関係もない、気の合う仲間と飲んでただけなので、意識を失うまで飲んでたくさん迷惑はかけたけれども自分でもさほど反省することはなかったです。

迷惑をかけた相手にはすごく怒られたりしたけど、慣れると相手も先に防御線を張ってくれるので、実質的に加害行為が少なく済んだのだと思います。酒癖としては女性を口説いて触る、思い通りにならないと暴言を吐く、という具合で、暴力にまでは至ってなかったそうです。

「そうです」というと他人事のようですが、全く意識も記憶もないので自分のこととは思えないのです。

従って、翌朝目が覚めた時に自分が何をしてしまったのか怖くなり、前夜に飲んだ仲間に会うのがつらく、嫌味を言われても全くなんのことかわからず、誰にどう謝ったらいいのかもわからないという悲惨な状態でした。

いや、自分から見たら悲惨なのですが、他人から見たら最悪の男になってたわけです。

まあそういうのも、相手が慣れてしまうと「酔ったらあいつに近寄るな」ということで何事も起きずに済んだようです。何しろ私はもう記憶を失っているので、酔った私を人間扱いする必要もないわけです。それでいいと、私も周囲に言っていました。

問題はそういうことが通用しなくなる社会人になってからですね。

初めてのメンツで飲むときには緊張してるので、失敗の無いようセーブして飲んでますが、慣れてくるとそうは行かない。割と大事な話をしていたのにすっかり忘れていたり、私が前夜に力説したことを自分で忘れている(そもそも本心ではないから聞いても思い出せない)ので失望されたりしました。

そこで私が取った防御策は、二次会に行かないということでした。

一次会で飲食・談話して、盛り上がって二次会へ…というところで私は退散し、自宅で一人で飲んでました。

こうして自分の殻に閉じこもっていくのも、依存症が抱える宿命なのですね。もちろん依存症の自覚などなく、ダメな自分をさらけ出さないための工夫でした。

■依存症時代の葛藤

飲んだあとの自分が何をするかわからない、これは非常に怖いことです。しかも、記憶に無いので翌日にはケロッとしている。「あいつは昨日のこと覚えてないのか」「知らないとは言わせないぞ」「酔って出た言葉は本心だろう」と言われても、全くわからない。

自分が加害者なのに、被害者であるかのような感覚になります。

私のことを真剣にかばってくれたり心配してくれる友人もいましたが、いま思うと彼ら・彼女らに私はちゃんと恩を返せたのか、甚だ心もとない。

飲んではいけないと思う。飲んでも乱れてはいけないと思う。でも、飲まずにいられない。一口飲むと止められない。たくさん飲むと自分とは別人格の自分がろくでもないことをする。

飲んで悪さをした自分が恥ずかしい。我慢ならない。昼間小さくなって過ごし、夜にはまた酒に溺れる。自宅で一人飲みしてる時だけは全能感に浸れる。

これはもうまるっきり依存症の典型ですよね。

それでも、5年前に悪夢にうなされるまでは気づかなかった。

■現在の闘病生活

上のリンクにも書いてますが、私は普通の人の治療は行っていません。

ネットで情報を得て自己診断し、家族の協力を得て自力で断酒しています。これまでの不始末を許してくれた家族、特に家内には本当に感謝してます。

この後一口でも飲酒してしまったら近所の心療内科に駆け込むことにしています。それは、家内にも宣言しました。

そうして追い込んだ上で、絶対に飲まないと心に誓いました。

普通は心療内科に通い、薬をもらったりアドバイスを得て地域の断酒会やAAという集まりに参加するそうです。私はそういうことを一度もしたことがないけど、なんとかなっています。

周囲の理解は絶対必要だと思います。特に、依存症を「お前のだらしないせいだ」などと言われたらいじけて飲んでしまうかもしれないからです。

でもこうして、運よく、周囲にも恵まれたおかげで、5年弱は断酒を続けることができました。

先日同窓会があり、乾杯のビールを飲むふりをしたところ、ビールの匂いが気持ち悪くてがっかりするやら安心するやらで、どうやら順調なようです。

■依存症のあなたへ、自分ではわかってないあなたへ

だから、同じような悩みを持ってる人がいたら、そう感じるような人が周囲にいたら、この文章を読んで気がついて欲しいです。

それはあなたの悩みではない。アルコール依存症という病気であると。

体がボロボロになってもやめられない、自分の体面を失っても手が勝手に動いてしまう。自分の意思だと思ってるけど、実はそうではない、これは病魔によって飲まされてるんです。

二日酔いで死ぬ思いして仕事に出かける自分を客観視してみてください。それは病魔に殺されようとしているあなた自身です。自分が弱くて可哀想な人間であることを、自覚してください。

この病魔には、飲むのをやめることでしか抵抗できない。そして、再び飲んだらまた病魔はあなたの身体に居座ってしまう。

どうか、戦ってください。他のすべてを失う覚悟で、お酒だけはやめること。そうすれば、もっと大事なものが取り戻せるはずです。

こういう私もいつなんどき、また元に戻ってしまうかわからない。

一日一日を大事に、負けずに生きていきましょう。

あわせて読みたい

「アルコール依存症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  2. 2

    カジノ反対派 ブーメラン続発

    木曽崇

  3. 3

    トランプ氏 蔡氏との会談の意味

    門田隆将

  4. 4

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  5. 5

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  6. 6

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  7. 7

    専業主婦手伝わない夫に非難殺到

    キャリコネニュース

  8. 8

    質の低い医療情報を好むユーザー

    赤木智弘

  9. 9

    "大企業で働いても貧困"が急増

    しんぶん赤旗

  10. 10

    インドネシアでクーデター未遂?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。