記事

グーグルX創設者が語る「『人工知能』で生活はどう変わるのか」

1/2
小澤啓司=構成 葛西亜理沙(スラン氏)=撮影 ロイター/AFLO、Google/AP/AFLO=写真

検索サイトなどでおなじみの米・グーグル社の次世代技術の開発を行う機関、「グーグルX(エックス)」。その創設者が、長年人工知能の研究に取り組んできたセバスチャン・スラン氏だ。人工知能によって、我々の生活がどう変わるのか、取材した。

家にドラえもんがやってくる!

「今、私の隣には『プレジデント』誌の取材を受けるために通訳の“人”がいます。でも、いずれその仕事は人工知能(AI)に奪われるかもしれません」――人工知能研究の第一線で活躍してきたセバスチャン・スラン氏の話を聞いて、パッと頭に思い浮かんだのが、「ドラえもん」がポケットから取り出す「ひみつ道具」の一つ、「ほんやくコンニャク」だ。

「グーグルX」の創設者、セバスチャン・スラン氏

それを食べると、あらゆる国の言葉を、まるで母国語のように話したり、聞いて理解したりできるようになる。これが現実のものとなれば、たしかに通訳や翻訳の必要性がなくなる。ドラえもんは、のび太くんを救ってくれる存在だが、はたして人工知能は、人類を幸せにしてくれるのだろうか。

「私が人工知能に出合ったのは大学時代です。その頃、私は“人”が大好きで、魅了されてさえいたのです。心理学、哲学、医学について勉強し、そのうえで人工知能を勉強しました。その結果、『人工知能を研究することは、“人”を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である』ことに気づいたのです。

同時に、人工知能は人を超えていく、そして人間の生活を大きく変容させるもの――つまり近い将来、シンギュラリティ(人工知能が人間の能力を超えたときに起こること。技術的特異点)は必ずやってくると考えました。

ドラえもんの話は、とてもすばらしい喩えですね。当然ながら、私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきました。そういう意味では、私の目指しているものはドラえもんと同じですね」

ロボットが人間を超えるなんて、映画の世界の話、という時代もあったが、人工知能の研究が進むにつれ、いち早く商機を見出そうとする向きもある。グーグルXが開発を進めている自動運転車もその一つだろう。公道での試運転も始まっているが、商品化はいつ頃と見ているか。

「私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト『グーグルX』で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては『インテリジェント・カー(高い知能を有する車)を造る』と言ったら、みんなに笑われたものです。

でも私は当初から『車は人より賢くなれる』という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。最近では私の妻は、私が自動運転車を手動で運転しようとすると、『自動運転のほうが安全だから、そちらに切り替えてほしい』と言うほどです(笑)。自動車に限らず、飛行機の自動操縦はもう始まっていますよね。

ここで重要なポイントが一つあります。人間なら、運転ミスをしたときに同じミスを起こさないよう学べるのは本人だけ。一人の学びを横展開できません。しかし、機械学習ができる自動運転車なら、ある車が経験したエラーや過ち、危機からの学びを速やかに別の車にも横展開できます。つまり、それぞれの車が学習したことを集団で共有できるので、人間では考えられないほど学習スピードが加速します。しかも、人工知能は人間と違い、一度学んだことを忘れません」

無人運転車は安全なのか?

機械学習とは、ふだん人間が当然のように行っているルールやパターンなどを“学習する”能力を、人工知能でも実現するもの。さらに、人工知能の学習が加速し、人間が操作しなくても人間のように自ら学習して自動的に学び、能力を向上させることを「ディープラーニング(深層学習)」と呼ぶ。

「今、グーグルXでは、ディープラーニングをテーマに演習を繰り返す『グーグル・ブレイン』というプロジェクトが進行中です。

人工知能の肝となるのはデータです。ビッグデータ時代の到来により、大量のデータをコンピュータ処理できるようになった今、ディープラーニングの研究も加速度的に進んでいます。

たとえば、人工知能に動画サイト、ユーチューブの動画を見せ続けると、たった半年で驚くほどスピーチの精度が上がることがわかりました。

自動車については、自動運転から無人運転へと段階が進んでいます。そうなると、“オンデマンド”、つまり、人間の要求に応じて必要なときにだけ車がやってきて、用が済んだら乗り捨てる。そして車は次に必要としている人の元へと向かう、といったことが可能になります。車を所有する必要性がなくなるのです。そうなれば、駐車場の心配も無用です。

アメリカでは、これを実用化しようとしています。限られた都市においては、3年から5年以内に、無人運転車を購入できるようになるでしょう。

アメリカの調査では、自動車はなんと3%の時間しか使われていない、つまり、残りの97%の時間は駐車しているそうです。要求に応じて動く無人運転車が実現すれば、そうした無駄もなくなります。

また、自動運転車が優れた人工知能を手に入れることによって、渋滞も減ります。なぜなら、渋滞を避ける抜け道などのルートを適切に選択できるからです。

メガネ型ウエアラブル(身に着けて持ち歩ける)端末である『グーグル・グラス』は、見たものすべてを記録することができます。第2の脳になるわけですね。しかも、それらが互いにつながれば、脳の情報を横展開できます。数万人の弁護士、数万人の医師が経験したことをすべて学習することも可能です。

一方、スタンフォード大学での研究実験では、約10万の皮膚がんの画像を、ディープラーニングができる人工知能に学習させました。その結果、皮膚がん診断の精度は、最高の皮膚科医といわれる人より人工知能のほうが勝っているとの結果が出ました。しかも、iPhoneで撮影した画像によって診断ができるのです。

医療・健康の分野では、グーグルXでもプロジェクトを進めています。『インテリジェント・コンタクトレンズ』と呼ばれているものは、人体のさまざまな数値を測定できるコンタクトレンズです。血糖値も測定できますので、糖尿病患者がいつ注射を打たなければならないかも自動的に教えてくれます」

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  2. 2

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  6. 6

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  7. 7

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  8. 8

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  9. 9

    大塚家具 時代遅れの先代は不要

    猪野 亨

  10. 10

    4割が暴力被害 ホームレスと差別

    大西連

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。