記事

三国志のダークヒーロー司馬懿、諸葛亮の進軍を防いだ強さの秘密

鈴木博毅(MPS Consulting代表)=文

劉備の天下統一の夢を潰した天才軍師

司馬懿(しばい)は179年生まれ(諸葛亮より2歳年上)。曹操に才能を見込まれて仕えるようになり、曹操の長男である曹丕(そうひ)の教育係、のちに軍師としても活躍をした人物です。


『実践版 三国志』(鈴木博毅著・プレジデント社)

小説の『三国志演義』では、孔明や蜀を苦しめる敵役として描かれた司馬懿ですが、魏の側から見れば前半は優れた功臣、後半は王朝を滅ぼした裏切り者でした。司馬懿は、関羽が魏の樊城を攻めたとき、呉の孫権を動かして魏の危機を救い、関羽を敗死させるきっかけを作るなど功を立てています。

しかし、魏の3代目の皇帝である曹芳のときにクーデターを起こし(249年)、曹氏の魏帝国を実質的に滅ぼした人物となりました。そのため、司馬懿は正史の『三国志』に詳しい記述はなく、新王朝を開いた人物として『晋書』などに記述が残されています。
「内は忌にして外は寛、猜疑して権変多し」(書籍『司馬仲達』松本一男より、『晋書宣帝記』から)

外見は寛大そうだが、猜疑心が強く人を信用せず、「権変」つまり権謀術数を多用した人物だということです。曹操は司馬懿を見て、長男の曹丕に「あの男には気を付けろ」と言いました。司馬懿の外見の寛大さに、曹操は騙されなかったのです。

魏の初代皇帝となった曹丕は、自身の教育係が司馬懿であったこともあり、父の猜疑心から度々司馬懿をかばい彼を強く信任し、確固とした信頼関係を持っていました。
「私が東征した時は、金は留守居役として西方の問題に対処し、私が西の蜀を討つ時は、君は東の呉に備えてもらいたい」(書籍『正史三国志英雄銘銘傳』より曹丕の言葉)

曹丕は幼い頃から父にしたがい従軍をした人物で、実戦の気風と人使いの要諦を身に付けていたのかもしれません。巻き込み方の上手い曹操父子に仕えることは、司馬懿も納得していたのでしょう。

それでも、疑い深い性格は、司馬懿が命を保つ重要な武器となりました。曹操は、才能をひけらかした部下を何人も処刑したからです。乱世に生き、権謀術数と権力闘争の中では、安易に自分の立場が安泰だと思い込むことは、足元を掬われることにつながります。

司馬懿がクーデターを成功させたとき、魏帝国の権力者曹爽は、司馬懿の高齢でもうろくした演技に騙されて、警戒をまったく解いてしまいました。結果、隙を見せることになり、司馬氏はやすやすとクーデターを成功させ、曹爽一族をことごとく抹殺します。これが疑うことの下手な者の末路です。

ひたすら敵の弱みに焦点を合わせた戦略眼

司馬懿は、劉備の死後に諸葛亮が起こした北伐(魏への侵攻)でも、たびたび蜀軍の計画を瓦解させています。最後の五丈原の戦いで、弟に手紙で前線の様子を聞かれて、司馬懿は次のように返事をしています。
「諸葛亮というやつ、志は遠大だが機を見るに敏とはいえぬ。知謀はめぐらすが決断力がない。兵法好きだが融通がきかぬ。十万の兵を率いてはいても、すでにわが薬籠中のもので、大勝利まちがいなし」(書籍『正史三国志英傑伝II』より)

軍師というより政治家だった諸葛亮は、大戦略を描くことは得意でも、戦況がめまぐるしく変わる戦場で、一瞬のチャンスを逃さず攻めることは苦手でした。司馬懿は孔明の弱点を的確に見抜き、持久戦に持ち込みます。諸葛亮は司馬懿の戦い方になすすべもなく、最後は諸葛亮の病没で両者の戦いは幕を閉じることになりました。

237年(孔明の死去から3年)、遼東太守である公孫淵が魏に対して反乱を起こします。公孫淵が燕王を称して独立を宣言。魏の2代目皇帝曹叡は、司馬懿に討伐を命じます。

公孫淵は、首都から離れた遼水の対岸に大軍を布陣し、司馬懿の軍勢を迎え撃つため、長い塹壕を作り防衛軍を駐屯させます。陣の堅い守りを見た司馬懿は、隙をついて敵の船を焼き払うだけでその陣を通過して、敵の首都である襄平へ進軍をしてしまいます。

「敵は堅陣をしいて、わが軍の疲れを待っている。しゃむに攻めては、みすみす敵の術中にはまることになる。昔の人も“どんな堅陣をしいて専守防衛につとめても、そのツボを攻めたら、敵は出てきて戦わざるを得なくなる”と語っているではないか」

「いま、敵の大軍は遼水の防衛陣地に集結している。本拠地の襄平にはいくらの兵力も残っていまい。本拠地を叩けば、敵はあわてて後を追って戦いを挑んでくる。そのときが、殲滅するチャンスだ」(いずれも書籍『司馬仲達』より)

目論見が外れた防衛軍は、家族のいる首都に魏軍が進むのをみて慌てます。準備した城を捨てて、急いで魏軍を追いかけますが、司馬懿は待ち構えていて三戦三勝と(有利だったはずの)公孫淵軍を圧倒。野戦では勝てないと考えた敵軍は、襄平城に逃げ込み籠城します。

人間と言う存在を知り尽くした軍師の兵法の怖さ

司馬懿は城を包囲、じっくり機を伺いますが、いつもの速戦をしない司馬懿に参謀が、以前の猛達との戦いでは、敵を急襲したのになぜ今は戦わないのかと聞きました。
「状況がぜんぜんちがうではないか。あのときの猛達は、兵力こそ少なかったが、一年分の兵糧を蓄えていた。それに対し、わが軍は、軍勢こそ相手の四倍もあったが、兵糧は一か月分しかなかった。一か月で一年分を相手にするんだから、速戦即決以外に策はないではないか。だから、犠牲をかえりみず、兵糧のなくならぬうちにと考えたのだ。ところが、こんどの場合は逆だ。敵は兵力こそ多いが食糧不足に悩んでいる」(書籍『司馬仲達』より)

司馬懿は、敵軍の全体を俯瞰して一番弱い部分に目を付けました。大軍が防衛陣地で遼水にいるのなら、当然首都の襄平は手薄です。しかも兵士は家族を首都に残しており、むざむざと敵に攻撃されるのを見過ごすことはできません。

さらに司馬懿は、魏の遠征軍に対して公孫淵が「大軍をつれてくれば食糧補給は続かず、籠城すれば敵が去る」と思い込んでいる点を逆利用し、進軍に際しては食糧を十分に準備した上で、戦陣が長期間になっても魏軍には問題が起こらないように配慮していました。

遼東への遠征でも、全体を見て敵の弱点を攻め、相手の安易な思い込みや期待を打破する準備をあらかじめ万全に備えて進軍を開始したのです。

敵の弱みに着目する一方で、敵からみた自軍の弱みをあらかじめ補強しておく。こちらを甘く見ていた敵は、予想した弱点を露呈しないこちらに驚くことになり、強みを避けて弱みに殺到するこちらの軍勢に、なすすべなく敗北をするのです。

三国志で最強のダークヒーロー司馬懿は、天才孔明の軍略をくじき、魏を簒奪して息子、孫の代には三国の蜀、呉を滅ぼしついに天下を統一します。敵の弱みをひたすら突く司馬一族の戦い方は、人間の強さと弱さを熟知した上で生まれたものだったのです。

『実践版 三国志』(プレジデント社)
実践版 三国志 [著] 鈴木 博毅
曹操・劉備・孫権、諸葛孔明……
最強の人生戦略書に学ぶ
「これは乱世を生き抜くための最高の教科書だ」
  • Amazonで購入
  • PRESIDENTオンラインストアで購入

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  2. 2

    トランプ氏の"脱真実"時代がくる

    ローリングストーン日本版

  3. 3

    田原氏"今の時代の風潮が危ない"

    田原総一朗

  4. 4

    iPhone意識し開発焦ったサムスン

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  6. 6

    DeNA 全媒体で記事を非公開

    ロイター

  7. 7

    大統領夫人のNY残留に10万人拒否

    My Big Apple NY

  8. 8

    定年後に理想的な生活を送るには

    みんなの介護

  9. 9

    "ゴゴスマ"いい加減な仕事で惨事

    メディアゴン

  10. 10

    フジロック 世界の音楽フェス3位

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。