記事

政治団体「支持政党なし」間違い票は否定 政治不信の「ぶつけ先に」

 10日に投開票された参議院選挙では、ある政治団体が議席を獲得するのではないかと注目を集めていた。その名前は「支持政党なし」。選挙区や比例区に10人を擁立し、比例代表では60万票以上の得票があったが、結果は議席ゼロ。代表の佐野秀光氏は11日未明に東京都大田区の事務所で会見し、「支持政党がないという人の心の声が届けられた」と手応えを語った。一方で政治団体名とは思わないで投票する「間違い」票については「今回の参院選ではほぼない」と否定。支持政党がない人の思いのぶつけ先をつくれば投票率が上がるのではないかと語った。

政治団体とは思わずに投票?

[写真]比例代表での議席獲得もならず、11日午前4時過ぎに会見する「支持政党なし」の佐野代表

 政治団体「支持政党なし」が国政選挙に出たのは今回が初めてではない。代表の佐野氏は、2009年の衆院選の比例代表北海道ブロックに「新党本質」という政治団体として立候補したが、1万票にも満たず落選。しかしその後、「支持政党なし」として出た2014年の衆院選の比例代表北海道ブロックでは、約10万票を獲得した。こうしたことから、今回の参議院選では、初の議席を獲得するのではないかという観測もあった。

 同団体は、比例区に佐野代表ら2人、東京選挙区に4人、北海道、神奈川、大阪、熊本に1人ずつ公認候補を立てていた。しかし、選挙区は全滅、比例区も60万票以上を得たものの、議席を得ることはできなかった。

 メディアの世論調査などでは「支持政党なし」が4割を超えることもある。しかし、これは政治団体の「支持政党なし」ではない。そのため、同団体の得票は、支持されて得たものではなく、間違って書かれたものが含まれるのではないかという指摘がある。

 しかし佐野代表は、今回の参院選の得票については、その見方を否定する。「衆院選では支持政党がなく入れるところがないから、『支持なし(同団体の略称)』と書いた人もいると思うが、今回の参院選の投票では、明らかに政党名、略称、その隣に候補者名が書いてあるので、『間違い』はほぼないと思う。積極的に支持政党のない方が書いてくれた票だと思っている」。

投票に行ったけど裏切られた思いも?

 なぜこんなまぎらわしい名前をつけたのか。実際、佐野代表も「まぎらわしい名前ゆえに誤解されているところがある」と認める。佐野代表はこう説明する。「支持政党のない人たちが大変多いにもかかわらず、今まで(そうした人の)心の声が届かなかったのが一番問題だと思ってつくった」。

 今回の投票率は前回を上回ったものの、52.61%と過去4番目の低さとなった。「世の中の半分くらいが選挙に行かない。(その背景には)いままで投票に行ってきたけど裏切られてきた、という思いがあると思う」と政治不信を持ち出し、「支持する政党がないという人たちの『ぶつけ先』をこうして作れば、次回は投票率が上がるとまでは言えないが、いままで行かなかった人が行ってくれるのではないか」と期待する。

「今回(支持なしに)入れてくれた人は、次回も投票に行ってくれると思う。その票数が数字として出る。それだけでも満足してもらえるのではないか」

「政策一切なし」方針の意図は?

 同団体は「政策一切なし」を掲げている。「法案の採決にネットやスマホで参加できる」として、国会に提出されるすべての法案について、インターネットなどを通じて、賛成か反対か意思決定に参加してもらうシステムの導入するという構想だ。その際、同団体のサイト上で、その法案について、賛成と反対の立場で分かりやすく解説し、理解を深めた上で「議決」してもらうのだという。そして、その結果、賛成が6割、反対が4割であれば、その比率に応じて、国会の採決の場で、所属議員がそれぞれ賛成票と反対票を投じるとしている。

 政策が一切ないというのは、政党としては無責任のようにも見える。そうした批判に対しては、「1議席取れるかどうかわからないところが、政策を打ち出した時点で、それこそ嘘つきの始まりだと思っている。できないような政策を言うなら、その時点で有権者を裏切っていることになる」と述べ、「無責任に政策なしと言っているわけではない」と強調した。

 議席獲得こそならなかったが、「支持政党がないという人たちの心の声を届けられた。意義はあった」と語る佐野代表。「支持政党なし」としての活動は、次の衆院選を視野に、今後も継続していくという。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  2. 2

    立民議員の疑惑に触れぬマスコミ

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    違法AVどう減らす? 加藤鷹ら討論

    AbemaTIMES

  4. 4

    暴言吐いたAI 言葉の学習に限界

    SYNODOS

  5. 5

    甲子園決勝 有休希望の声相次ぐ

    キャリコネニュース

  6. 6

    HONDA スーパーカブ60周年の凄み

    片山 修

  7. 7

    全て反対? 野党批判に騙されるな

    猪野 亨

  8. 8

    誰にでもできることを軽視の日本

    非国民通信

  9. 9

    買春疑惑の前新潟知事が語る悔恨

    文春オンライン

  10. 10

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。