記事

大阪で実現するか、自公・維新の二大政党 - デマばかりの野党連合は消えゆくのみ -

1.デマばかりの野党連合は消えゆくのみ

いよいよ明日が参院選の投票日です。今回の選挙に当たっては、おおさか維新の会の中で政策面での党務を担当させていただいたこともあり、主要政党のマニフェストや街頭演説の内容をこまめにチェック、これまで以上に論戦の全体を把握することが出来ました。

論戦の全体を俯瞰して改めて思うのは、昨年5月の住民投票でも痛感したことですが、レッテルを貼ったりデマを拡散したりと、有権者のご判断を混乱させるような情報が大量に出回っているということです。政策については勿論ですが、より深刻なのは、選挙の構図について、です。

「与党」自公両党の「補完」勢力おおさか維新の会が憲法改正を強行するんだとか、「野党」と「市民」が共同して憲法改悪を阻止するんだとか、訳が分かりません。万年野党=無責任野党から見れば全うな政党はすべて「補完」勢力に見えるだけだし、「市民」が議席の1/3を目指すって完全に矛盾してます。

私は、そうした明らかなデマを有権者に拡散して恥じることのない民進党や共産党は、本当に国会から追い出さないといけないと思うし、選挙で議席を維持するためだけに共産党と協力し、共産党に手を突っ込まれて“左旋回”を鮮明にしてしまった民進党は、早晩、消えてなくなると確信しています。

2.既得権の上に胡坐かく自民党の地方組織

もちろん、そうした民共連合にレッテルを貼られたまま、振り回されている自民党もダラシナイです。野合連合に付け入るスキを与えた自民党の憲法改正草案の酷さにも閉口しますが、あの草案は憲法改正に消極的な当時の谷垣総裁が仕掛けたトラップですので、適宜スルーし、真面目な議論を開始すべきです。

自民党は、いくら安倍官邸がしっかりしていても、伏魔殿・東京都庁の既得権の上に胡坐をかく東京都連や、アホボンこと中山会長率いる大阪府連など地方組織がグダグダでは、どうしようもありません。大阪自民党が今回擁立した候補者の演説会の様子を見れば、普通の市民は投票しようとは思わないはずです。

3.大阪で実現するか、自公・維新の二大政党

「補完」勢力とか「市民」共同といった明らかな“デマ”がまことしやかに流通している日本の選挙を見ていると、本当にマスコミの責任は大きいと思いますが、そう言っていても始まりません。本当の選挙のあるべき構図というものを、私たち維新が力をつけ実現していかねばならならない、そう考えています。

大阪では、いく度にもわたる熾烈なダブル選挙と住民投票等を経て、有権者もデマに騙されなくなりました。衆院小選挙区では、詐欺で有罪となった辻元清美議員を残し一掃されたし、今回の参院大阪選挙区(定数4)でも、維新2人目の高木かおり候補が共産党に競り勝てば自公と維新の二大政党が完成します。

繰り返します。おおさか維新の会は、自公政権の「補完」勢力ではなく、むしろ、自公政権に対抗できる唯一の「競争」相手です。真の意味で自公政権の基盤を脅かす可能性を有する政党は、維新の会だけ。そして、既得権にまみれていない真の意味での国民=主権者と向き合っているのも維新の会だけなのです。

共産党に手を突っ込まれ“左旋回”した民進党はじめ無責任野党は憲法改悪を阻止すると気勢を上げていますが、憲法を改正するのは「国民」です。議会ではありません。その国民からよりよい憲法を作っていく機会を奪っている無責任野党。憲法を国民の手に取り戻すためにも、負けるわけにはかないのです。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  3. 3

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  4. 4

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  7. 7

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  8. 8

    蓮舫氏の次は法務省が説明責任を

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  10. 10

    香港「ドラえもん」も弾圧対象に

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。