記事

バリアフリー・アプリBmaps海外へ

米国とエクアドルで紹介
日本財団、国際組織と協定


日本財団は、バリアフリー情報共有アプリBmaps(ビーマップ)を海外に紹介するとともに、障害者を対象とした情報アクセシビリティ支援に取り組んでいる国際組織「G3ICT (The Global Initiative for Inclusive ICTs)」と共同事業を行う協定書を締結しました。今後、G3ICTと協力して情報アクセシビリティ促進に関する先進的な取り組みを進めていきます。

国際組織との調印式に出席した大野修一・日本財団常務理事
国際組織との調印式に出席した大野修一・日本財団常務理事(中央)

協定書の調印式は6月13日、米国ワシントンDCのルネッサンス・アーリントン・キャピタル・ビュー・ホテルのVIPルームで行われました。障害者支援分野における国際組織との協定書締結は、昨年12月の国際連合教育科学文化機関(UNESCO)、今年4月の世界銀行に続き、3つ目となります。

<障害者にとって不十分な情報アクセシビリティ>

アクセシビリティには、建物の段差やスロープの有無などのハード面と、必要な情報に容易にたどり着け、利用できる情報面のアクセシビリティがあります。後者の情報アクセシビリティに関しては、IT(情報通信技術)の発展が情報アクセシビリティの促進に大きく貢献してきたものの、障害者にとっての環境整備はまだ十分とはいえません。今回の協定書の目的は、障害者支援の活動を行っている日本財団と、ITやアクセシビリティに専門性を持つG3ICTのリソースを活用し、障害者にとっての情報アクセシビリティを促進するための取り組みを行うことです。調印式では、日本財団とG3ICTだけでなく、マイクロソフトなども協定を締結し、障害者の情報アクセシビリティ向上に取り組んでいくことを宣言しました。

<バリアフリー・アプリBmapsの海外展開>

障害者や高齢者、ベビーカー利用者など、外出することに不安を感じる人にとっての「情報の壁」は解決すべきテーマの一つです。日本財団は、株式会社ミライロ(垣内俊哉社長)とバリアフリー情報共有アプリBmapSを開発し、このテーマに取り組んでいます。今年4月にリリースしたBmapsは既に多くの民間企業や地方自治体と連携しています。

キト市のイベントに参加した垣内社長と大野常務理事
<キト市のイベントに参加した垣内社長(中央)と大野常務理事(後方左から3人目)

今年6月には、エクアドルの首都キト市とワシントンDC、ニューヨークを訪問しました。キト市では、現在エクアドル政府と共にBmapsを用いたプロジェクトを進めています。具体的には、10月にキト市で行われる街づくりや都市づくりに関する国連会議「国際連合人間居住計画(ハビタット3)」に向けて、Bmapsを使ってキト市のバリアフリー情報を収集しています。既に会場付近では400以上のデータ登録が完了しており、会議が始まる10月までに4,000のデータ登録を目指しています。

003.png
国連本部でBmapsの開発について語る垣内社長(中央)

また、ワシントンDCではM-Enabling Summitと呼ばれるITや情報アクセシビリティに関する国際会議で、ニューヨークでは障害者権利条約締約国会議が開かれた国連本部で、それぞれBmapsの紹介を行いました。

エクアドルと米国でBmapsの紹介後、企業などから積極的な海外展開を打診されるなど、注目度の高さがうかがわれました。「誰もが安心して外出できる社会つくり」に向けて、さらなるデータ登録が必要で、今後も様々な機関、団体と協力してデータの充実に取り組む方針です。

あわせて読みたい

「バリアフリー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  5. 5

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  6. 6

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  7. 7

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  8. 8

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    菅元首相「総選挙で政権交代も」

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。