記事

イギリスのEU離脱とアメリカのトランプ旋風、「自国第一主義」の先に何があるのか?

6月24日、たいへんなニュースが世界を駆け巡った。イギリスがEUを離脱するか残留するか、その賛否を問う国民投票をおこなった。結果は「離脱派」の勝利だった。そして、EU離脱という結果を受けて、キャメロン首相は辞意を表明している。

僕は、まさか離脱はないだろうと考えていた。いや、僕だけではない。多くの人が同じように、「まさか」と思っていたのではないだろうか。EUから離脱すべきと考える人は、移民や難民が自分たちの仕事を奪うと恐れていた。そして、そう感じているイギリス国民が、想定以上に多かったということなのだ。

当然ながら、日本にも強い影響がある。EU離脱が決まった24日当日は、日経株価は1万5000円を割り込み、急激な円高が進んでいる。

では、フランスやドイツ、オランダといった欧州各国はどうするのか、イギリスに続き、EU離脱への動きが広がるかもしれない。アメリカでも影響は出るだろう。トランプ氏のアメリカ大統領選の勝利を後押しするのではないかとも、僕は考えている。

イギリスのEU離脱は、いわば「イギリス・ファースト主義」の勝利だ。ほかの国をかまっている場合ではない。イギリスという国とイギリス国民の利益を最優先させようということなのだ。

このような動きは世界中で進んでいる。アメリカでトランプ氏が支持を広げているのもそうだ。「メキシコとの国境に壁を築け」という発言もそうだし、移民受け入れにもあからさまに反対している。トランプ氏こそ、まさに「アメリカ・ファースト主義」者なのだ。

アメリカ、イギリスといった世界を代表する2大国で、いま「自国ファースト主義」が強くなっている。非常に危険なことだ。このような流れが広まったとき、いったい世界はどうなるのか。

世界はまさに、大きな岐路に立っている。そして、一方の行き先には「第3次世界大戦」があるだろう。僕たちは、この最悪の選択だけは回避しなければならない。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  4. 4

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  5. 5

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

  6. 6

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。