記事

どっちがワル? 舛添元都知事のような「介護しない」兄弟vs.「財産目当てで介護」兄弟

相沢光一=文

「介護が政治家の原点」舛添氏は経験ほぼ0

舛添要一東京都知事が辞任に追い込まれました。

政治資金の私的流用など疑惑追及のプロセスでは、舛添氏の人間性が疑われる様々なエピソードがメディアに取り上げられましたが、そのひとつに介護体験があります。

舛添氏は実母の介護をし、その実体験が「政治家を志した原点だ」と語っています。


『母に襁褓をあてるとき――介護 戦いの日々』舛添要一著 中央公論新社

自身の介護体験を綴った著書『母に襁褓をあてるとき――介護 戦いの日々』はベストセラーになりましたし、それ以外にも介護経験をもとにした著書を何冊か出しています。そうした苦労が共感を集めたことも手伝って参議院議員に当選し、後の厚生労働大臣就任につながり都知事への足がかりにもなりました。

しかし、週刊文春をはじめとする複数のメディアが舛添氏の家族や介護施設関係者に取材をしたところ、介護体験の多くは嘘だというのです。

記事によれば介護をしていたのは姉夫婦で、舛添氏は月に1回程度、1時間ほど母親に面会に来ただけ。施設に入所していますから、排泄の介助は職員が行い、「舛添氏が母親のオムツを替えた経験はないのではないか」という証言もありました。

介護をした家族からすれば、舛添氏の介護体験談は議員当選のための好感度アピールに過ぎず、やってもいないことをやったと言ったり、苦労や母親への愛情を語ったりするのは許せることではありません。姉夫婦はすでに亡くなっていますが、その親族からは怒りを買って絶縁状態になっているそうです。

「介護は内輪で行われるものですし、様々な情や思惑が複雑に絡むものですから事の真偽はわかりませんが、もしそれが事実だとしたら、親族から怒りを買っても仕方ないでしょうね」

と語るのはケアマネージャーのFさんです。

「要介護になった老親の介護をするのは、(施設のスタッフを除けば)当然のことながらその子どもたち。要介護状態になった時は兄弟で話し合いをして、その負担をできるだけ均等にするのがベターですが、現実には難しい。たまたま親と同居していたり近くに住んでいたり、あるいは兄弟間で一番のお人好しといった人が介護の負担を一身に背負い込んだりすることが大半です。それが、兄弟の不和を招く元になることも多いです」

「兄弟全員が介護をひと晩でも体験すべし」

介護の大変さは実際に行った人でなければわかりません。

精神的、肉体的な苦労に加え、金銭的、時間的負担も大きい。兄弟にそれを訴えても、しっかりと受け止めて、「自分にできることはないか」と何らかのサポートを申し出てくれる人は少ないといいます。

「それでいて自分の親のことでもあり、現在の介護に何かと口出ししてくる人もいます。舛添さんのように著書にする人はさすがにいないですが、やってもいないのにいっぱしのことを言われると、現実の介護で苦労している人には大きな不満になるわけです」

介護の苦労に加えて、それを理解してくれない兄弟に対する憤り。ストレスが増幅され、怒りや恨みにつながるというのです。

「血をわけた兄弟がこんな風になるのはつらいことですよね。そうならないためには……」とFさんが提案するのは「兄弟全員が介護を体験すること」です。

「介護をしている人が、兄弟それぞれの都合を聞いて集まってもらう。そして現在の介護状況を説明し、できれば数日、それが無理ならひと晩でも介護を体験してもらうんです。ケアの基本を伝えたうえで、その日は外出して誰にも頼れないようにする。親御さんが元気で移動に耐えられるのなら、担当する兄弟の家にあずかってもらうのもひとつの方法。親御さんにはストレスになるかもしれませんが、自分の子すべてがケアの労を受け持ってくれることに喜びを感じてくれることもあります」

こうして兄弟全員が介護の大変さを実感することで、介護を受け持たされている人を何らかの形で「サポートしよう」という気持ちが生まれ、「介護に通うのは難しいが、その代わり、経済面の負担をしよう」といった動きにつながることがあるそうです。

「また、私が担当した利用者さんで、こんなケースがありました。兄弟のおひとりが、“介護をひとりに押しつけているようで心苦しい”と負い目を感じていたそうなんです。といって介護体験のない自分が出て行っても、かえって迷惑じゃないか、と思っていた。親御さんのことが心配で訪ねて行っても、気兼ねばかりして辛かったというのです。そんな時、兄弟全員が一度は介護をしておこうという話が出て、参加できた。それからは兄弟それぞれが、できることをするという形でフォローし合い、良い介護ができたという話を聞きました」

親の介護に積極的過ぎる兄弟の「魂胆」

とはいえ世の中、そんな心優しい人が揃った兄弟ばかりとは限りません。

親子の情が薄い兄弟も珍しくないのです。親の方も、子どもがたくさんいれば均等に愛情を注げるわけではなく、兄弟の中には親のことを嫌っている人もいる。そんな家では、兄弟全員が介護を体験しておこうという話が出ても、「オレはあんな親の世話をするのは嫌だからね」と拒否する人がいる。それに同調する人が出ることもあり、かえって兄弟間の争いを生むことがあるのだそうです。

兄弟間の介護が難しいのは遺産相続が絡むこともあります。親が要介護になるという状況は、いわば死の前段階です。つまり介護と相続は表裏一体であり、介護には兄弟同士の相続への思惑が絡んで話が複雑になるというわけです。

やはりFさんが経験したケース。

「3人兄弟で次男の方が実家でお父さんの介護をされていました。介護中はお兄さんも弟さんもよく訪ねて来られ、介護のことなど話しておられた。仲の良いご兄弟だな、と思っていました。ところが、次男の方がやっておられた事業がうまく行っていなかったようで、親御さんの資産を返済などに流用していたんです。親御さんが亡くなった時、それが露見。兄弟仲はもうグチャグチャ。裁判に発展する争いになったと聞いています」

親に対する愛情ではなく、より多くの遺産を得たいがため、介護をする人もいるそうです。法律上(民法)では、介護をしたからといって相続が有利になることはありません。遺産分割における貢献度を示す「寄与分」という規定がありますが、被相続人(親)の財産の増加や維持に貢献したということであって、介護はそれには当たりません(高額の介護費用を支払っていたため親の財産を維持できた、という解釈も成り立つため、介護に使った諸経費の領収書を根拠に「寄与分」を主張することは可能。それに備えて介護でかかった費用の領収書はしっかりと保管しておいた方がいいそうです)。

ただし、遺産相続の際、相続を有利に進めるために、介護が利用されることがあります。遺産分割で効力を発揮するのは遺言書。介護中、親に恩着せがましいことを言って自分に有利な遺言書を書かせてしまうのです。

「相続のことは専門外ですから言えることはありませんが、揉めているのを見聞きすることは多いですね。資産家だけに限った話と思われがちですが、そうでもない。数万円というレベルでもいがみ合っている兄弟はいます。介護を受け持つ時も、“アイツは財産目的でやっているんじゃないか”と疑うご兄弟もいますし、親への情で介護をしていると思っていた人が、実は財産が目当てだったということもありますし」

介護を巡る兄弟間の不和を防止するには?

介護の現場を見ていると、絆で結ばれたご兄弟を見てホッとすることもあるが、その反面、醜い争いを見て人間不信に陥ることも多いとFさんは言います。

情だけでなく欲も絡むのが介護。その意味で、兄弟間で良い介護をするのは難しい問題といえます。

ただし、Fさんは「兄弟全員が親御さんの介護を経験するというのは試みてみる価値はありますし、それを考えた時はケアマネージャーに相談してみてください」と言います。

「本当のことを言うと、ケアマネージャーはそこまで踏む込みたくありません。領域外のことですし、兄弟間のことに巻き込まれたくないですから。相談しても、“それはちょっと……”拒否するケアマネさんもいるでしょう。ただ、面倒見のいいケアマネはアドバイスしてくれるはずですし、兄弟が集まって話し合いをする時、現在の介護状況を説明しにきてくれることもあります。ケアマネが同席すると良いのは、第三者の立場で冷静に話ができること。兄弟同士の会話は熱くなりがちですから、そういう存在が必要なのです」

いずれにしても、兄弟間の介護は、こうしたらうまくいくという結論がなかなか見いだせないもの。つくづく難しい問題だと思います。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  2. 2

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  3. 3

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  4. 4

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  5. 5

    自民議員「政権の賞味期限近い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    同窓会では会社の名刺を出すな

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  8. 8

    幻すぎて正体不明のゲーム機発見

    krmmk3

  9. 9

    東芝決算後も続く上場廃止の危機

    片山 修

  10. 10

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。