記事

若者は、選挙にもフジロックにも行かない

■選挙もフジロックも「別世界」

もちろん、選挙にもフジロックにも行く若者は多数存在する。

またフジロック(フェスティバル、新潟・苗場高原で3泊に渡って繰り広げられる夏の野外音楽イベントですね)などは、ミドルクラス(中流階層)の若者だけではなく、非正規雇用バンドロック野郎若者がバイト代を貯めこんで1年に1回定期参加していることなども僕は知っている(というかさっき思い出した)。

が一方で、7月の参院選も、年に一度のフジロックも知らない、というか「別世界」という若者も多数存在する。

これはアンダークラス(「下流」階層)若者に多いのであるが、20年前と異なるのは、これらのアンダークラスが、この日本に大きなボリュームをもった固定階層として存在しているということだ(20代女性5割、男性は4割が非正規雇用。たとえばこの記事参照→【つくられた貧困】格差広げる所得再分配 大沢真理・東京大教授)。

最近の僕は、以前のひきこもり支援だけではなく、高校生支援や高校中退以降のハイティーン支援なども行なっており、そこで出会う10代後半から20代前半の若者たちにとっては、選挙は「別世界」である。

フジロックのことは知らない若者が多い。大枚はたいて(関西からフジロックに参加しようと思うと10万円の資金が必要)新潟の山の中へ入ってテント生活するくらいなら(フジロックは基本苗場高原でテント宿泊、シャワーは冷水で寒く、食事は屋台モノばかり)、大阪の家で、スマホでゲームしたりLINEするほうが楽しい。というか、楽(ラク)だ。

■大部分のアンダークラス若者像

選挙のことも当然知っているが、こちらはフジロックよりもさらに遠いかもしれない。

アンダークラスで非正規雇用という階層で生活していると、多くは「文化資本」(習慣やモノや知識等)まで貧困になるから、グローバリゼーションや最新の社会科学議論は当然知らない。

上にチラッと書いた、年に1回バイト代を貯めこんでフジロックに参加するバンド野郎などは、音楽生活を通して経済的には貧困でありながら文化資本だけは充実している若者がいたりする。

年収150万程度であるにかかわらず、文学を語りフランス哲学を論じ、パンクの反権力を叫び、ついでにネグリやハートも知ったかぶりし、そのついでにフーコーやドゥルーズやデリダまで語り、脱構築のリゾームついでにNHKフランス語会話を時々見ていたりする(若い頃の僕です……)。

だから、「ロックを聴く」ということは、実はロックという文化資本を通してさまざまな文化言語を習得することでもあり、僕が貧困高校生に知ってほしいのは、おカネはなくとも「文化」から生活の幅を広げていく、ということだったりする。

が、割合はわからないものの、こうした「経済的には貧困ではあるが文化資本の獲得により広義の貧困ではない」若者はやはり少数派ではないかと僕は推察している。

大部分のアンダークラス若者は、自分が生まれ育った地域で大人になり、幼なじみたちと大人になっても交流し、獲得する言葉の語彙も少なく言葉づかいも紋切り的で、収入的には相対的貧困(年収手取り125万以下)か稼いでいたとしても200万より下、という人々が多いのではないか。

人によっては、親(保護者)から経済的に搾取され、また自分自身も10代出産し、意図せず児童虐待してしまう(言葉の暴力や育児放棄等)人もいる。

■ペシミスティックな初音ミク

非正規雇用は全労働者の4割を占めており、これをそのままアンダークラスと捉えていいと僕は思う(この非正規の割合は、正確には、女性は全世代での問題であり、男性は25才以下の問題)。25才以下でみると、男女ともに非正規雇用が多くなる。この意味で階層社会とは、女性全世代と(25才以下の)若者全体の問題ということになる。

これが、全体の4割を占める。

最初からアンダークラスの若者は、自分の人生について、生涯を通してアンダークラスのままだという悲観的予測をする。そして残念ながら、その予測は当たることが多い。グローバリゼーション下の世界に属するアンダークラスとはそんなもの。

だからアンダークラスの若者はペシミスティックでもある。ユーモアがあり笑顔も素敵ではあるが、どこか虚無的で冷めている。僕は、そんな彼女ら彼らが歌う初音ミクやアニソンが大好きだったりする。

おそらく、今年のフジロックでスピーチするというSEALsの奥田氏はアンダークラスではないだろうし(大学等から勝手に推測しています、間違ったらスミマセン)、それを批判的に論じる人々も、メディアで登場できるだけの学力を積み重ねることができたという時点でミドルクラスより上だと思う。

また、国政選挙の時期が来るたび「選挙に行こう!」と呼びかける人々も、おそらくミドルクラスより上出身だ。

恵まれた出身階層を僕は批判しているわけではない。また、アンダークラスにも上に書いたように「文化資本」で補強された人々がたくさんいることも知っている。

が、そんなミドルクラスや文化資本補強組が想像できないたくさんのたくさんの若者がアンダークラスに組み込まれており、彼女ら彼らは「選挙」を自分とは別世界のものだと捉えている。そして、フジロックなどは「はぁ?」の世界なのだ。

この、たくさんのたくさんの声なき層(日本のサバルタン)の声を吸収できる政党がないことも悲劇だ。いや、酷な言い方ではあるが、ある意味犯罪的かもしれない。★

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。