記事

中国テンセント、スーパーセル買収でソフトバンクと合意

中世を舞台にした歴史ストラテジーゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」
中世を舞台にした歴史ストラテジーゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」

中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセントホールディングス)は、フィンランドのゲーム会社スーパーセルを買収することでソフトバンクと合意に達した。関係者が明らかにしたもので、テンセントとソフトバンクは21日中にも正式発表する運びだ。

 スーパーセルはスマートフォン向けゲームの開発を手がけており、代表作には牧場経営シミュレーション「ヘイ・デイ」や中世を舞台にした歴史ストラテジーゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」などがある。

 今回の買収でテンセントは世界的なゲーム大手になる可能性がある。

 関係者の1人によれば、テンセントなどは80億ドル(約8320億円)超を支払う見込み。これに基づくスーパーセル全体の評価額は100億ドル以上となる。

 テンセントはソフトバンクが保有するスーパーセル株80%を取得するほか、スーパーセルの従業員も引き継ぐ。

By Juro Osawa

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  2. 2

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  6. 6

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  7. 7

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  8. 8

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。