記事

SEALDsに群がるトンチンカンな人達 -奥田愛基自伝を読む

1/3

変える

「ロックに政治を持ち込むな」???

今年のFUJI ROCK FESTIVALに、SEALDsという学生団体の人がステージに出るということで、ひと騒動になっているらしい。

どういうことかと言えば、「ロックの世界に政治を持ち込むな」という物言いが多数ついたということ。

これについては、たくさんの方々、とみに当のロック関係者の方々から、それどうなのよ?という反論が来ていて、おおよそこの筋で決着をみると思われます。まあ当たり前ですね。

Happy Xmas (War Is Over) - Solid + P/S

ロックが政治や思想と切っても切り離せない存在であるというのは、ほんの少しでもその世界を齧ったことがある人ならばわかるものでしょう。

例えば・・・とやるのも野暮なんですが、いくつかだけ。

プラスチック・オノ・バンドの「ハッピークリスマス」が、単なるクリスマスソングだと思っている人がたくさんいる日本だったら仕方がないことかもしれないです。ベトナム戦争の真っただ中で「戦争をやめさせるために立ち上がろう」とアジテーションした歌が、毎年毎年街中に流れている日本はどれだけ反戦左翼の国なのか・・・と錯覚させられるほどです。

こちらをどうぞ

Pendulum

ベトナム戦争だったら、他にもたくさんありますね。

私が特にオススメするのは、CCRの「雨をみたかい」。あそこに歌われている「雨」というのナパーム弾のことです。知ってました?

ベトナムで農村を焼き払っているあの焼夷弾の悲惨な被害を見ただろうCCRがあてつけに歌った曲です。そのため、あの呑気な調子の歌がアメリカでは放送禁止扱いになりました。

こちらをどうぞ

Born In The U.s.a.

ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」は、なんだかアメリカ万歳!の歌だという風に聴こえている人も多いと思いますが、あれは、ベトナムの帰還兵のことを歌っています。

薄汚れた町に生まれ育ったオレが、ある日、黄色いヤツを殺しに行ってこいと銃を持たされてベトナムへ行った。サイゴンで現地のベトナム人の恋人を持った友人は死んでしまった。それでアメリカに帰ってきたら職にもありつけない。これがアメリカなんだよ・・・当時社会問題になっていたベトナム帰還兵のことですね。

こちらどうぞ

こうあげていくと当然ながらキリがありません。というか、当たり前すぎる話なので書いているほうが恥ずかしくなってくるという(笑)

 

ひとつだけ付け加えると、フジロックフェスティバルの第一回で伝説ともいえるライブを行ったのはRAGE AGAINST THE MACHINEですが、彼らは極めつけの政治的なロックバンドで知られています。

こちらどうぞ

こうしてみると、なんというか日本の英語教育が間違っていたのではないかという情けない結論も導き出されるという(笑) 実質、英語だったらOK、日本語はダメってわけですから。

そのフジロックフェスティバルは、そもそも毎年、反原発やら反差別の団体の出店ブースがあったり、元から「政治的」なわけですよ。いちいち言わずもがなことですが、こうしてロックと政治や思想は表裏一体で、その中には昨年の椎名林檎のようにこれまた議論を呼ぶものもあったわけです。まあアレはご本人は政治的なものでないとおっしゃられて火消しされてましたけれどもね。

 

SEALDsに群がるトンチンカンな人達

さて、おそらく、これが反原発だったり反差別の団体だったら、まあまたいつものアレだよね・・・的に特に指摘されることはなかっただろうと思います。

問題はそのアクター(?)がSEALDsという、安保法制反対で名をあげてメディアに持ち上げられた学生グループだったからというのが大きいのでないのかと思わざるをえないわけです。

ひとつは、ホントにロックは政治抜きで語れると思っていた歌詞抜きでふんふん鼻歌していた「オーディエンス」の方もいらっしゃるでしょう。まあこの人達はとりあえずいいとしましょう。よくないですけど。

さらにもうひとつは、やはり嫉妬めいたものがあるんじゃないですかね。または彼らの政治的な主張に嫌悪する人。

日出処

自分も昨年の椎名林檎に関しては、まあ気分はよろしくはないクチなわけです。だから、まだこれは気持ちはわかる。しかし、それならば行かなきゃいいだけじゃねーの?としか言いようがない。それでも嫌だったら、おまえらの主張には賛同できないとブーイングでもしに行けばよい。そのほうがよっぽどロック的じゃないですかね。

このSEALDsというのは、まあなんというか、こういう嫉妬やら生理的な嫌悪みたいなものを一心に集めていて、これがなんともはやある意味壮観なわけです。

そのSEALDsの奥田愛基という人が出した自伝を読んだわけですけど、やっぱりそういう話はあるわけで、呑み屋か何かで隣り合わせたおっさんが、あのSEALDsとかいう連中の言っていることはうんたらかんたらと説教めいた絡まれ方されたらしいんですよ。で、その張本人ですと告げたらびっくりして逃げていった・・・みたいな話とか。

ようは、おっさんども、なんか言ってやりたくて仕方ないわけです。

そうして、この団体のまわりには、本当に多数の連中があーでもないこーでもないとやっている。そして、それがまた的を得た話ならともかく、もうどうにもこうにも適当な話が多いわけですよ。

FireShot Screen Capture #124 - 'SEALDs' - www_sealds_com

SEALDsがおすすめする「選書」とかあるわけですが、ちょうど先ほども、それが「新左翼的」とか「ポストモダン」だとか言って批判している人がいたりして、思わずtwitterで突っ込んでしまったわけです。うーん、「新左翼」「ポストモダン」・・・。それでSEALDs批判・・・。

いや、この選書には竹内好とか新左翼の一部に強い影響を与えた人の本とかありますし、著者が元新左翼というだけなら何人かいるわけです。けど、もう明らかに新左翼とは対極にある選書のラインナップなわけですよ。というか、一番上に『丸山眞男セレクション』がある時点でいわば「新左翼おことわり」と宣言しているようなもんなんですよ(笑)

かつても触れましたが、SEALDsの公式見解をつらつらと読んだりすると、もうこれ以上ないくらいに戦後民主主義信奉の優等生すぎるくらいの優等生で、そういう意味では「保守」といえるくらいなわけですよ。

ところが新左翼というのは、その戦後民主主義なんかクソくらえ!というのが基本の「キ」なんです。丸山眞男は新左翼の学生にさんざん小馬鹿にされ、研究室を蹂躙されて、その学生に「こんなことはナチスでもやらなかった」と言って、またこのブルジョアインテリのおっさん邪魔くせ、とやられていたぐらいです。そんな話は以前書いたのでそちらをどうぞ。

1968 パリに吹いた「東風」――フランス知識人と文化大革命

また「ポストモダン」というのもなんだかなーと言う話で、確かにデリダ研究者の東浩紀がはいっていたり、フーコーの研究者が入っていたりしますから、まあ見当はずれにしても、ほんのちょっとは当たっているかもしれません。しかしそれにしても・・・。

そもそもこの「ポストモダン」という言葉も日本独自な使い方です。それとほぼ同義に近い使われ方をする「構造主義者」は、1968年のフランスの学生運動(以上のものでしたが)の中で、「構造はデモにこない」などと揶揄され、その反動ともいえなくはないですが、いわゆる日本でもてはやされた「ポストモダン」のヒーローたちは、そのデリダにしてもフーコーにしても「政治転回」していっているわけです。つまり、日本で言うところの「ポストモダン」が価値相対主義とか「軽やかに逃走する」人たちを指しているのと、全く違う方向にいったわけですよね。

ストリートの思想―転換期としての1990年代 (NHKブックス)

かつてポストモダンの日本におけるローカルヒーローであった浅田彰は、ガタリというホンモノのヒーローがやってきた時に、山谷の労働者支援などをやっていた左翼系の人達を「愚鈍な左翼」と呼んで嘲笑していたのをガタリにたしなめられたというちょっとばかり有名なエピソードがあります。確かに彼らは「愚鈍」かもしれないが、なんもやってないアンタよりはまだマシでしょ、という極めてまともな正論でした。いまや、その浅田彰もそのフォロワーだった坂本龍一なども、いまでは「愚鈍な左翼」路線なのは、各種デモやら政治的発言をしているところをみればわかるでしょう。

まあ、面倒くさい話はともかく、様々な色合いがあるかもしれませんが、おおよそ日本で流通している「ポストモダン」という用語は、日本独自な用法で、ほとんど何かを指し示す術語としては体をなしていないということだけお分かりになればよいかと。

話を戻すと、ようするにSEALDsの推薦図書リストから、そういう「新左翼」とか「ポストモダン」というのはほとんど感じられないわけで、むしろやっぱり優等生的な戦後民主主義ですね。これにそういう表現を使うところで、なんともはやなわけです。

こうして、相手はガキだと思って、ひとこと言ってやんべっかーというような人が群がっていて、トンチンカンな言いがかりをつけているわけです。ロックに政治を持ち込むな、とか。

 

あわせて読みたい

「SEALDs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  3. 3

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  4. 4

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  5. 5

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  7. 7

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  10. 10

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。