記事

BABYMETAL世界を席巻—マーティ・フリードマンが語るその魅力

ヘビーメタル出身のギタリストでありながら、J-Popをこよなく愛するマーティ・フリードマンが、BABYMETAL旋風が世界の音楽シーンに及ぼす影響を解説する。

新アルバム『METAL RESISTANCE』が英米日のチャートで好発進、熱狂の中、世界ツアーを展開中のBABYMETAL。リードボーカル、ダンス担当のSU-METAL、ダンス、スクリーム担当のYUIMETAL、MOAMETALと、“神バンド”と呼ばれるヘビーメタルバンドのハイブリッドグループは、2012年末にシンガポールのイベントに参加、2014年2月にファーストアルバム『BABYMETAL』を発表、同年に英国、フランスでツアーを敢行、夏にはレディー・ガガからオファーを受けて5回の米国公演の前座を務め、大きな注目を集めた。以後、国内外で目覚ましい躍進を続けている。

2016年4月には、世界同時発売の『METAL RESISTANCE』がビルボードの全米アルバムチャート39位となり、日本人では故・坂本九さんの『スキヤキ』以来53年ぶりのTop 40入り。英国のアルバムチャートでも日本人として最高位の15位を記録、同月のロンドンのウェンブリーアリーナでの単独公演では1万2000人の観客を集めた。

なぜ海外でこれほどまでに旋風を巻き起こしているのか。日本のアイドルとJ-Popをこよなく愛する日本在住のギタリスト、マーティ・フリードマンが、自らの音楽体験を踏まえて、BABYMETALの魅力とその革新性について語る。

最初に影響を受けたのは演歌だった

——まず、日本の音楽との出会いを教えてください。

10代の後半、4年間ハワイのホノルルに住んでいた。その頃は、もうヘビーメタルのバンドで活動をしていて、自分のギターに自信もあった。でも、この先、どんな方向に進むか、迷いがあった。そんな時、ラジオで日本の音楽ばかり流している番組を聞いたんだ。その頃は、もちろん、それが日本の歌なのか、韓国、あるいは中国の歌なのかも分からなかったけれどね。

後で、演歌だったと知ったけれど、その頃日本語はひと言も分からなかった。でも演歌のボーカルからエモーションは伝わってきた。言葉がなくても、ギターで表現すれば、そのエモーションは伝わるのではと思い、ギターで精密に “こぶし” をコピーした。

演奏に取り入れると、他のロックミュージシャンやファンにとてもエキゾチックだと受け止められ、それ以降、日本やその他のアジアのサウンドをミックスして取り入れるようにしたんだ。それが僕のギターの個性になったよ。その後、米国に戻って、MEGADETHに参加、10年在籍したんだ。

最初に出会ったのは演歌だったけれど、日本に(2003年に)来るころまでには、J-Popを始終聴いていて、大ファンになっていた。よく聴いていたのは、安室奈美恵、浜崎あゆみを始め、さまざまなアイドル音楽。90年代半ばはJ-Popの黄金時代だったと思う。

J-Popは“魔法”をかける

——日本のアイドル音楽にそこまで魅了されたのはどうして?

その魅力をひと言で言うなら、“マジック”。アメリカでは歌唱力がすべてだけど、僕にはどうでもいい。サウンドを聴いて気持ちが良ければいい。4オクターブの音域があろうが、アレサ・フランクリンみたいに歌えようが、僕には関係ない。メロディーが美しくて、そのメロディーをその歌手が歌うことで、マジックが起こる。

J-Popは、アメリカの音楽より複雑にできている。それなのに、メロディーは分かりやすい。アメリカの音楽は単純なコードを何度でも繰り返すけど、例えば、いきものがかりの歌を例にとれば、とても“サビ”が長い。18コードは入っている。でも複雑に聞こえない。僕にはそれがツボだった。

来日してさまざまな日本人アーティストのために演奏したし、曲を提供した。同時に、自分のソロアルバムを出して、自分のバンドのツアーもやっている。アイドルはももクロ(ももいろクローバーZ)、でんぱ組、AKB48も大好き。でも、好きなのは彼らの歌声。みんなキュートだけど、例えばAKB48のメンバーそれぞれの顔を覚えているわけじゃない。

——BABYMETALに注目したのはいつですか。

すごく早くから注目していた。『ド・キ・ド・キ☆モーニング』を(2011年10月)インディーズから出した時、対談をした。10歳か11歳の小さな女の子たちだっただから、ジョークだろうと思った。でも音楽を聞いたらすごく良かった。それでも、半年で辞めるだろうと思った。女の子はヘビーメタルが好きじゃないし。でも、続けられるのなら、それはすごいと思った。

彼女たちをプロデュースしている人たちのおかげだけれど、3人が活動を続けてくれたことが本当にうれしい。結果、ヘビーメタルの世界、J-Popの世界に衝撃を与えたからね。

BABYMETALが衝撃的だったわけ

——彼らの斬新さはどこにあるのでしょう。

メタルとアイドル音楽のハイブリッドは決して新しいわけじゃない。ただ、全てがメタルというのはなかなかなかった。アイドル音楽にメタルのテイストを入れることは普通にある。例えば、1、2曲ヘビーメタルっぽいのもあるけれど、楽しいポップスもあるし、ダンス音楽もある。さまざまなスタイルがあるのが日本のアイドル音楽。一方、アメリカでは一つのジャンルに縛られてしまう。

でも、BABYMETAL は全体的にメタルのコンセプトだ。3人の歌とダンスをはぎ取ってみると、演奏はとても激しく、攻撃的で、典型的なヘビーメタルだ。しかも、テクニックは第一級。

だからこそ、本格的なメタルファンの中には、その“神バンド”の前に3人の女の子がいてあんな風に歌うのは、“ルール違反”だと怒って、大ブーイングをしている人たちもいる。だからこそ面白い。みんながいいじゃない、といったら“boring”、退屈です。大好きだと言う人たちがいる一方で、大嫌いだと言う人たちがいる。そこに話題性がある。

BABYMETAL の音楽は日本独自の“合いの手”を取り込んでいて、これはとても重要。つまり、リードボーカルがいて、合いの手担当がいる。

日本では、特にアイドル音楽は合いの手を想定して曲作りをする。“合いの手”は、英語でピタリと説明できる言葉がない。民謡の時代からの伝統ともいえる。合いの手によって、誰もが歌に参加する機会を提供している。それをヘビーメタルに取り入れるなんて、ありえないことをやっているわけ。

ヘビーメタル業界に活を入れる

——“ルール違反”について、もう少し具体的に説明を。

カワイイ女の子が “Gimme chocolate!!”と歌うのはルール違反。でも、大きくてタフでマッチョな男が歌わなくても、演奏が良ければ、注目を集める。そうでなければ、すぐダメになる。サウンドがいいから、好奇心を刺激され、好き嫌いを問わず、聴かずにはいられない。それを何度か繰り返す。そしていつの間にかハマっている。

ヘビーメタルは古臭いジャンルで、すでに新しさがなく、みんなあきあきしている。BABYMETALはとても新鮮で、そのおかげヘビーメタルにまた関心が戻っている。

(海外での人気は)レディー・ガガが気に入って自分のツアーに参加させたことが大きな宣伝効果となって、たくさんの人がBABYMETALを見るきっかけとなった。(BABYMETALがキメのポーズで使う)フォックスサインもカワイイが、ある程度、メタルをなめているともいえる。(ヘビーメタルで使う“メロイックサイン”は)本来は悪魔のサイン、それが可愛いキツネになった。だからメタルファンがほんとに怒る。それはオイシイ。話題になる。

本格的なメタルファンでも、こっそりBABYMETALを聴いて“guilty pleasure”(後ろめたい喜び)を感じている人も多いはず。

海外で人気のJ-Popアイドルといえば、例えばきゃりーぱみゅぱみゅがいる。アメリカでは、ラップや、カントリー・ミュージックや、アメリカのアイドル歌手の歌が好きじゃないと、他に聞きたい音楽が見つからない。そんな人たちが、ぱみゅぱみゅを発見した。ハッピーでキュートな音楽だけど、単純でもない。

ぱみゅぱみゅも、BABYMETALも、今のアメリカ音楽の潮流にうんざりしている人たちにとって、まさに“This is it!”と叫びたくなる音楽だった。ただ、BABYMETALはメタルというジャンルの“おきて”を過激に破っているから、もっと衝撃的。

日本語で歌うことに意義がある

——言葉の壁をやすやすと乗り越えていることに関してはどう思いますか。

『METAL RESISTANCE』では、1曲英語で歌っている。それはそれでいいけれど、やりすぎれば“boring”になる。

彼らは日本語で歌い続けるべきだと思う。聴いた人は、日本語を知りたくなる。実際、あの子たちは何と歌っているのかと、しょっちゅう聞かれる。興味を持って日本語を勉強したいと思う人たちが出てくる。

たくさんの日本人アーティストが英語で歌ってアメリカ人にアピールしようとするけれど、うまくいかなかった。アメリカ人の悪いところは、少しでもなまりがあると拒否感を示すこと。日本では僕がちょっとなまりのある日本語で話したり、間違えたりするとキュートだと言われるのに。

でも、アメリカ人は、英国なまりでさえ、嫌がる人が多い。例外は、少年ナイフの歌のような、極端な“カタカナ英語”。面白くで、キュートだと思われる。それに、完ぺきな英語で歌ったとしても、今度は米国の他の全ての歌手と競合することになるから、結局、個性がなくなってしまう。

日本語で歌うからこそ、好奇心も刺激するし、神秘性もある。 分からないほうが面白い。

——BABYMETALは進化し続けるでしょうか。

今回のアルバムはとにかく素晴らしい出来栄え。一つ一つの曲に多くの人が関わって、時間をかけて作っている。メジャーなヘビーメタルバンドと同じようなアルバム作りをしている。偶然大ヒットしたわけではない。“神バンド”は、海外でも人気になっている。今のように素晴らしい仕事を続けていけば、BABYMETALはさらに進化できると思う。

BABYMETALの出現で、ヘビーメタルも変わっていくと思う。例えば、カントリーをメタル風に演奏してみたりね。彼らがジャンルの拘束を解き放ってくれたことは、メタル業界のみならず、すべての音楽にとてもいい影響があると思う。BABYMETALは新たな扉を開けてくれたんだ!

(インタビュー・文 nippon.com 編集部)
※写真付き本文はnippon.comへ。
マーティ・フリードマン Marty Friedman
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘビーメタルメタルバンドで10年間ギタリストを務める。J-Popに魅せられて、2003年に来日、以後、日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZなど多くのアイドルと共演もしている。2014年にはソロアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)をリリースしている。

あわせて読みたい

「BABYMETAL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 100万円寄付あったと推測

    田原総一朗

  2. 2

    韓国の"他力本願"体質に違和感

    tenten99

  3. 3

    てるみくらぶ内定者に"救いの手"

    木曽崇

  4. 4

    アッキードごまかす権力の犬たち

    小林よしのり

  5. 5

    安すぎる森友国有地値引きは異質

    玉木雄一郎

  6. 6

    "貧乏な友人とは遊べない"に批判

    キャリコネニュース

  7. 7

    芸能人の「声優挑戦」に非難の嵐

    キャリコネニュース

  8. 8

    てるみくらぶ内定取消に悲痛な声

    キャリコネニュース

  9. 9

    森友 夫人付きの主張を巡る謎

    メディアゴン

  10. 10

    退位めぐる陛下と首相の深い亀裂

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。