記事

【アダルトVRフェスタ】主催者「リアルはコスパ悪い」 超満員で入場不可の"アダルトVRフェスタ01"という試みとその先

1/2

2016年6月12日、アダルトVRを集めた日本で初めてのイベント、"アダルトVRフェスタ01"が東京・秋葉原のイベントスペースにて催された。だが、主催側の想定をはるかに超える来場者が集まり、屋外で待機していた参加予定者たちは開始時間直前に入場中止となる騒ぎとなった。大きな告知もなかったのにこれほどまでに人を集めたアダルトは、やはりVR普及の鍵となる。一般入場前にイベントを取材したリポートと、所感をお届けしよう。

・すべての写真付きで記事を読む
http://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/adult-vr01

文/小山オンデマンド

■みんな好き。違いは言うか言わないかだけ

 会場となったのは秋葉原中央通り沿い、規模の大きなPC販売店の直上にあるワンフロア。ゲスト&プレス体験会の時点で、ビルの4階から1階まで入場者が列をなしていた。予定時刻と同時に待機列が順に入場し、ものの5分で会場は身動きの取りづらい熱気あふれる空間となった。

 会場内の展示は、企業によるものと、一般クリエイターによる2方向に大きく分けられた。前者は、全球カメラで撮影して3D化した実写AVをOculus Riftで再生。それらに、乳首、局部などプレイヤーの敏感な部分を刺激するフィードバック用デバイス群が添えられていた。さらにそこで流されていたAVの出演者も来場しており、AVメーカーや販売店側からのアプローチのものと知れる。

 一方のクリエーター展示は、よりゲーム的なアプローチ。いずれもヘッドマウントディスプレイを装着したまま体験することになる。スカートをたくし上げているポリゴンキャラクターの股間に腹筋ローラーを使いながら近づいていくもの、空気で膨らませたドールにスマートフォンを固定し、のしかかったりなどすることで、画面内でキャラクターと行為に及んでいるように感じられるもの、さらにはARによる画像合成を利用し、画面内で見えているフィギュアに露出させたり、道具を用いていたずらしたりなど、非常にゲーム的な感覚が取り入れらたものが多数だった。

 ひとえにアダルトVRと言っても実際には幅があり、志向しているものは異なっている。だがすべてが「つぎに来るのはVRだ」という認識ひとつで連帯しているのだ。

 以下に各展示の概要と記者たちの感想を並べていこう。

■VR腹筋ローラー&大人のBabulus[IT芸社漢組]

 展示室の机の上には、スカートを持ち上げた女の子が見上げるように映るモニター、床には通販番組で有名になった腹筋を鍛えるローラーが置いてあった。これにヘッドマウントディスプレイという組み合わせを見れば、その意図が即座にわかる。「スポーツジムでAVが観られたら、サボらず通えるのに」とか、「厳しい部活の練習を、エロい妄想でなんとか乗り切った」といった中学生的な発想の賜物だ。いい意味で(笑)。

 ローラーを持って前に進むと、スカートを持ち上げた女の子の股間が迫ってくる! だが、自然に前後しているとどうしても下を向いてしまう。しかたなく腹筋どころか背筋もどこも攣りそうな体勢を維持して見上げると、これがかなりの臨場感&トレーニングに! バカバカしいながらも、これで「頑張って!」だとか「見たくないなら帰るからね」など音声で煽られたら、イヤでも腹筋が割れそうな気がした。

 併せて展示されていた、手を模した上下運動を全自動で行うマシンとVR映像が連動したソフトは、一転して、仰向けで上半身だけを起こして、ハンズフリーで気持ちよくなれるというもの。衆目を集めていた場では何も取り出さずにマシンを空回りさせたが、膝まくらで甘えられたり、拘束されているシチュエーションを再現したりなど、さまざまな展開が考えられ、じつはいちばん実用化に向いているのかもと感じた。

■Irisちゃんとおうちで初H[VR18 IMAGINATORS]

 ゲーマーであれば、VRと聞いてまず思い浮かべるのはエロゲーへの転用。その可能性を充分に感じさせてくれたのがこれだ。Irisちゃんは国内外を問わずVRコンテンツを配信するプラットフォーム、ImagineVRのキャラクター。彼女とふたりきりの部屋でいちゃつくというコンテンツなのだ。

 プレイヤーはヘッドマウントディスプレイとヘッドフォンを装着し、ベッドに座っているような体勢を取る。彼女へと手を伸ばすと、センサーカメラによって画面内でも自分の手がシルエットとなって伸び、両手を使って胸や顔などにタッチすると、触れた部位によって、恥ずかしがったりなど、彼女が違った反応を返すのだ。

 さらにはみずからの手で押し倒すこともできるなど、従来のエロゲー以上に、クリアした後でも、また何度も楽しみたくなって、中古に出したりや転売したりせずにコレクション化するプレイヤーが多くなるんじゃないだろうか。その結果として、全体の売り上げが向上すると思う。秀作がたくさん出ればという条件はあるけれども。

※体験動画を後ほどアップ予定です。

 さらに実際は音声認識が可能で、音声合成技術によって返事をしてくるとのことだが、取材の場では通信回線の帯域不足でこれは試せなかった。制作したVR IMAGINATORの金春根代表によれば、「合成音声の代わりに人気声優などでボイスを収録すれば、さらにリアルさは増します。そのためには5000語程度は収録しなければなりませんが」とのこと。リアルな声でのやりとりが加われば、格段に高揚感が高まり、フィードバックの物足りなさを相殺してくれるのかもしれない。

■なないちゃんとあそぼ![VRJCC]

 その隣のブースから体験者の「うおお!」というどよめきが聞こえてきた。"なないちゃんとあそぼ!"のブースだ。エアーで膨らませたドール(着衣済み)にスマートフォンを取り付け、プレイヤーはヘッドマウントディスプレイを装着し、ドールと相対する。プレイヤーの画面内では、ドールがポリゴンキャラクターに変換されており、いくつかのシチュエーションで触れ合うことが可能だった。

 たとえばドールを下向きにすれば、映像ではなないちゃんがうつ伏せに。自分が下になって向きあって抱きかかえれば、自分に跨って気持ちよさそうにしているなないちゃんの姿が味わえるというもの。キーとなるのはスマートフォンの加速度センサーなので、ドールは精巧なものでも簡素なものでも構わないという。コンテンツ自体の出来も、首や手の仕草が細かく、途中で醒めることも少なそうだ。

 体験したVRコンテンツ全体を通じて言えることだが、左右だけでなく上下を見渡せる視点がVRの斬新なポイントなので、対象の女の子を見上げたり、見下ろすシチュエーションは興奮度が高く、よりリアリティを感じられるものとなった。

 肝心な内容はと言うと、全裸で立っているキャラクターを眺め回すシーンと、ベッド上でもつれ合うシーンだ。立っているキャラクターを眺めているプレイヤーは、ほかの展示同様に表示されたVR空間を楽しんでいるだけだったが、シーンがベッド上に移行し、ドールを手にしたところで趣が変わった。傍から眺めているとなんとも滑稽な(そして身につまされる)動きをプレイヤーはくり返しているわけだが、他愛のないビニル製のドールがプレイヤーの没入感を数段引き上げているのだ。

※体験動画を後ほどアップ予定です。

あわせて読みたい

「VR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  8. 8

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    受験するなら"文学部"が良いワケ

    山本直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。