記事

本当のICT48

今朝のTLで「ICT48」という文字列を初めて見た。といっても、まだツイッター全体でトレンドワードに上がるところまでは来ていなくて、ぼくがフォローしている人たちのクラスターの中で、言及されていたのだ。

ICT48は、ICT(情報通信技術)分野の女性活躍を支援する「ICT女子プロジェクト」において、「本プロジェクトを一緒に盛り上げる」存在なのだそうだ。そして、今、「募集中」なのだそうだ。

それで、ICT48は、http://ict.telesa.or.jp/ict-joshi.html  によれば、「ICTを用いて活動している女性(自薦他薦を問いません)」で、「2016年7月1日時点で13歳~24歳の方」なのだそうだ。このあたりで、脱力してくるのが、ふつうの感覚というものだろう。

ICT分野において、女性が活躍する(というか、今の時代、LGBTを含めた、すべてのジェンダーの方が活躍する)ことを支援することは、もちろん、一般論としては望ましい。だけど、そこから、「ICT48」に飛ぶ発想の貧困さ、わかっていなさに、絶望と、どちらかというと怒りを覚える。

***48の活動自体は、「アイドル」活動で、それ自体はあっていいと思う。しかし、その文化(そして何よりも女性観)と、ICTというワードで示される、今の社会で起こっているイノベーションの波は、必ずしも一致しない、というか、おそらくかなり違う。

「13歳~24歳の方」という年齢制限をしている点で、すでに見逃し三振、アウト、退場、永久追求処分だ、ということがわかっていない方々が、女性のICT分野での活動をうんぬんされていらっしゃることに、心の底から、寒さを感じる。ぶるぶるぶる。ここは、厳冬のシベリアですか。。。

結局、ICT分野における女性(にかぎらずLGBTを含むすべての方々)の活躍を応援したかったら、日本で偉い方々は口を出さず、規制緩和し、市場の自由化をして、一方で無償の教育、返さなくて良い奨学金を予算化、ご用意いただくのが一番いいと思う。

そして、もし、女性(というか、LGBTを含む、すべてのジェンダーの方々)が実際にICTで活躍する日本社会ができたら、そのトップスターを集めてみればいい。その時一堂に介する、「本当のICT48」は、今回のへなちょこプロジェクトの募集要項が想定している女性像とは全く違うはずだ。


ICT女子プロジェクト | ICTビジネス研究会
ictict.telesa.or.jp

あわせて読みたい

「ICT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  2. 2

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  6. 6

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  7. 7

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  8. 8

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  9. 9

    大塚家具 時代遅れの先代は不要

    猪野 亨

  10. 10

    4割が暴力被害 ホームレスと差別

    大西連

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。