記事

シリコンバレーの名物ベンチャー・キャピタリスト、トーマス・パーキンスが他界

著名ベンチャー・キャピタル、クライナー・パーキンス・コーフィールド&バイヤーズ(KPCB)を立ち上げたトーマス・パーキンスが他界しました。84歳でした。

トーマス・パーキンスはニューヨークから少し北に位置するホワイト・プレインズで生まれ、子供の頃から電気のことに興味を持っていました。テレビの修理が得意で、将来はテレビの修理工になるのが夢でした。その関係でマサチューセッツ工科大学に進学し、電気とコンピュータ・サイエンスを専攻します。その後、ハーバード大学でMBAを取得します。

その後、スペリーでしばらく働いた後、カリフォルニアに転居し、1960年代にヒューレット・パッカードに入社します。そこではデビッド・パッカードとビル・ヒューレットの直属の部下として働きました。この二人のベンチャー精神に感化されて、起業家を資金面から助けるベンチャー・キャピタルというビジネスを1972年にユージーン・クライナーと立ち上げます。

そしてタンデム・コンピューター、アプライド・マテリアルズ、LSIロジック、ジェネンテックなどに投資するわけです。

なかでもジェネンテックは最初のバイオテクノロジー企業であり、クライナー・パーキンスの名声を確立した投資案件でした。

その後、KPCBはジョン・ドーアらを引き入れ、ネットスケープ、アマゾン、AOL、グーグルなどを支援します。

トーマス・パーキンスはその後第一線をリタイアし、マリン郡ベルベディアに居を構え、「マルタの鷹」という名前の、全長88メートルの大型ヨットを趣味で建艦します。

3

下は「マルタの鷹」の内部です。

2

またベストセラー作家、ダニエレ・スティールを奥さんにしてセレブな生活を送り、その結婚の破綻の顛末を題材に小説を書いたりしました。

4

リーマンショックの後、「1%の裕福層が世の中の富を牛耳っている!」ということが社会問題になった際、ウォールストリート・ジャーナルに「きみらは1%の裕福層を叩いているけれど、それは喩えて言えばユダヤ人をやっかみから迫害する心理と同じだ」という意味の投書をして、それが物議を醸しだしたこともあります。

あわせて読みたい

「訃報」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 愛媛県知事の人間性疑う

    鈴木宗男

  2. 2

    総理の関与を証明した加計新文書

    宮崎タケシ

  3. 3

    日大選手が「指示あった」と明言

    AbemaTIMES

  4. 4

    日大会見はベッキー炎上と同構造

    MAG2 NEWS

  5. 5

    武井壮 日大選手の会見に「闇」

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 カンパ募る弁護士は下品

    橋下徹

  7. 7

    能力主義の職場は無能な上司揃い

    非国民通信

  8. 8

    カンニング竹山 日大選手を擁護

    女性自身

  9. 9

    安倍総理の全面否定は説得力ない

    大串博志

  10. 10

    トヨタ社長「生意気」承知で発言

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。