記事

海老蔵の会見で感じたマスコミさまの勘違い

見ましたが、ここまで開いた人が平明に穏やかに、かつ全身から怒りをただよわせた会見もなかなかありませんでした。


今回の顛末を振り返りますと、海老蔵がそういう気持ちになるのも無理ありません。まずスポーツ報知が朝、小林麻央が「進行性のがん」を患い、極秘入院している報じ、各社が後を追いかけ始めます。そして、自宅近辺を記者がうろつきはじめたのでしょうか、海老蔵がブログで迷惑だからやめてほしいと訴えていました。そこからこの会見です。

それだけではありません。数日前には週刊ポストが「第三子の妊娠」の可能性をほのめかす、ぶん殴られてもしかたがない飛ばし記事を配信していました(各媒体の転載記事を含めて削除済み)。

そんな中ですから、海老蔵はよくぞブチギレずに会見をやり遂げたと思いますよ(それでもたまにピロッとしたキモしなくもないですが)。

会見の中で、かー!やっぱりマスコミ様ってえらいんだな!たまげたわ!と恐れいった質問がありました。

たしかフジテレビさまの「直撃グッディ!」の記者だったと思います。「1年8ヶ月、非常に長い期間だったと思いますが、どんな日々だったのか教えてください」みたいな質問をしたのです。

いや、終わってねーから。海老蔵本人も速攻でツッコんでいましたけれど、公表したから何かがおわるとか、公表したから何かが始まるとかではない。報道とは1ミクロンも関係なく、奥さんの闘病はこの先も続くのです。それをなに「どんな日々だった」みたいにパッケージングして、過去の話にしてんの? という話です。「長かった」かどうかなんて、マスコミさま側の作った架空の期限にすぎません。

海老蔵は別に妻のがんについて会見したかったわけではない。暴かれ、騒ぎになってしまったからしかたなく開いたものです。開かざるを得なかったのです。すべてはマスコミさまサイドの勝手です。しかも、お子さんに対しても病名は今まではボカしていたそうですが、今回の会見で詳らかになってしまいました。他人事ではありますが、なかなか人をいらいらさせるなと、プロだな、と感心させられました。

そんなこんなで、今日1日マスコミさますげー!マスコミさまバンザイ!と呆れ返った次第なのでした。

あわせて読みたい

「小林麻央」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏の政権批判は「逆恨み」か

    宇佐美典也

  2. 2

    読売「委員会NP」露骨な印象操作

    大西宏

  3. 3

    前川氏証言が嘘なら朝日潰れる?

    和田政宗

  4. 4

    朝日が加計報道で犯したタブー

    和田政宗

  5. 5

    菊川怜は芸能界を引退するべきか

    信託大好きおばちゃん

  6. 6

    たけし軍団「AV女優全員ヤッた」

    文春オンライン

  7. 7

    表現の自由狭める「放送禁止歌」

    蓬莱藤乃

  8. 8

    T・ウッズ許されぬ2度目の裏切り

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    大戸屋に迫るやよい軒唯一の弱点

    PRESIDENT Online

  10. 10

    菅直人氏「首相の居直りに怒り」

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。