記事

ゲーム開発関連会社が300万円分のソフトを不正コピー 新入社員が窓口通報し称賛の声があがる

サービス残業、長時間労働など、ブラック企業による問題は後を絶たない。支払うべきお金は支払わず、利益ばかりを求めるブラック企業の中には、業務に使うソフトを不正コピーしているところもあるようだ。

6月7日、ゲーム開発関連会社に勤務すると思われるツイッターユーザーが、勤務先の会社が不正コピーをしている証拠を投稿。果敢にも会社の不正をしかるべき団体へ通報し、ネット上では「よくやった!」と賞賛を受けている。

Adobeの「CS6 Master Collection」を複数PCに不正コピーか

BSAの通報ページより

BSAの通報ページより

この人物は、「毎日2時間残業」「残業代なし」など、勤務先のブラックぶりを紹介。会社が社員の派遣先企業に送っている請求書まで投稿している。派遣先企業に対し社員の残業代を請求しているが、実際に残業代が支払われたことはなく、ピンハネされていたようだ。

これだけでも酷い話だが、投稿者は会社が「不正コピー品を業務で使用」していることを明かした。ソフトはアドビ社の「Creative Suite 6 Master Collection」。デザイン関連のソフトは高額なものが多いが、会社はネットオークションで不正コピーのやり方が書かれたPDFと体験版を入手し、職場にあるすべてのパソコンに不正コピーしたソフトを入れて業務を行っているという。
「職場にあるPCが7台ほどで全てにAdobe CS6 Master Collectionが入っているから… 334,950円*7台で2,344,650円分の不正使用やね。あとMicrosoft Officeもだから300万はいくな」

退職を決めたこの人物は、「組織内不正コピー『情報提供窓口』(BSA)」に通報。「おまたせ 告発成し遂げたぜ」とツイートしている。

この行動に対して、ネットでは
「よくやった、お疲れ様!」「ブラック企業なんて潰れてまえ」
「こういうのが本当に大事と思う。これからの日本」

など、賞賛の声があがっていた。

「知らなかったではすまない」ソフトウェアの不正コピー

今回問題になったソフトの不正コピーだが、前述のBSAの2013年の調査によると、国内の不正コピー率は19%。総額は約1400億円に上る。

不正コピーは、著作権法違反にあたる犯罪行為にあたり、違反すれば重い罰則が待っている。一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)のサイトによれば、企業ぐるみで不正コピーを行った場合、実際にインストールを行った従業員は10年以下の懲役刑または1000万円の罰金刑、またはこれらの併科に処せられる可能性があるという。

不正コピーを指示した上司や経営者なども、同様の刑事罰を受ける可能性があるほか、企業自体も3億円以下の罰金刑に処せられることもあるといい、もはや「知らなかった」ではすまされない

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  2. 2

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏の残業論に批判相次ぐ

    キャリコネニュース

  4. 4

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

  5. 5

    「水ダウ」企画にみる笑いの限界

    AbemaTIMES

  6. 6

    石破氏 加計氏の会見に「残念」

    石破茂

  7. 7

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  8. 8

    二宮和也 撮影中に身内を亡くす

    NEWSポストセブン

  9. 9

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  10. 10

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。