記事

食べログへの掲載を拒む権利はない

「食べログ」情報 削除認めない判決確定

飲食店の検索サイト「食べログ」の口コミで損害を受けたとして、北海道で飲食店を経営する会社が、サイトに出ている店の情報を削除するよう求めた裁判で、最高裁判所は店側の上告を退ける決定を出し、情報の削除を認めない判決が確定しました。

飲食店の評価や感想を口コミとして書き込める検索サイト「食べログ」を巡って、北海道で飲食店を経営する会社は、「料理が出てくるまで40分くらい待たされた」などと否定的な内容を書き込まれ損害を受けたとして、サイトを運営する東京のインターネット関連会社「カカクコム」に店の情報の削除を求めました。

1審の札幌地方裁判所は「店側の要求を認めれば、サイトの利用者が得られる情報が恣意(しい)的に制限されることになり、到底認められない」として、訴えを退けました。

店側は控訴しましたが、2審の札幌高等裁判所も「飲食店を経営する以上、社会的に妥当な『口コミ』であれば損失があっても受け入れるべきだ」として退けました。

このため、店側が上告していましたが、最高裁判所第3小法廷の岡部喜代子裁判長は、2日までに上告を退ける決定を出し、情報の削除を認めない判決が確定しました。

この件に関連して、以前このブログでは大阪の方で提起された訴訟を伝えたことがある。

jugement:食べログ掲載を差し止める権利はない

大阪地判平成27年2月23日

報道の限りではあるが、妥当な判決と評価した。

今回の報道の事例は札幌の事件で、「店側の要求を認めれば、サイトの利用者が得られる情報が恣意(しい)的に制限されることになり、到底認められない」という、テレビの引用ではあるが思い入れたっぷりのような判決内容は妥当である。

ただし、大阪事件は控訴審で削除することを内容とする和解が成立したようである(accord:食べログ掲載訴訟に和解成立)ので、運営会社が情報削除を認める方向に動くのかと思っていた。

ところがどっこいということで、軽く驚いている。

一般的に、口コミサイトの情報は、口コミの対象となるお店の利益になる方向での問題点(ヤラセやステマ)と、お店に不利になる方向での問題点(営業妨害や不正競争行為)があり、CGMでみんなの意見は案外正しいというユートピア的な状態にはとどまっていられない悩みがある。

そういうことを踏まえた上でもなお、原則は上記の諸判決のような自由な書き込みを尊重する立場が妥当である。

病理現象である不正競争行為やステマは、それとして制限することを考えればよく、不正競争行為やステマがありうるからといって表現の場を一切合切奪うようなことになるのは本末転倒だし、お店に拒否権を与えるというのはステマの容認にもつながりかねないというものである。

あわせて読みたい

「食べログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  7. 7

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  8. 8

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  9. 9

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  10. 10

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。