記事

北朝鮮版SNSの狙いはハニートラップか?


米CNNマネーが報じた北朝鮮版フェイスブックのスクリーンショット。

北朝鮮が、独自のSNSサイトを開設していたことが明らかになった。米国の北朝鮮専門サイト「North Korea Tech」が明らかにした北朝鮮のSNSの名称は「スターコン」。スターは、強盛ネットとともに北朝鮮を代表する政府系ネットサービス「ピョル(星)」からきていると思われる。

現在、接続ができないスターコンは、スクリーンショットを見たところ、フェイスブックに非常に似通っている。

韓国要人が「カモ」に

North Korea Techによると、画像や文章を掲載したり、友達を検索してメッセージを送ることもできたという。URLの国名コードは「kp」。北朝鮮が開設、もしくはなんらかの形で関与していたことは間違いない。しかし、いつ製作され、加入者がどれほどいたのかは、不明だ。

気になるのは、独自のSNSサイトを開設した北朝鮮の狙いだ。国内では、ごく一部の研究者や当局関係者以外の一般人は、基本的にインターネットにアクセスできない。よって、自国向けとは思えず、やはり、このサイトを通じて情報収集と工作、すなわち「サイバー戦」のために開設したと見るべきだ。

北朝鮮は、積極的にサイバー攻撃を展開している。つい最近も、フェイスブックを通じて韓国の政府関係者や当局者に対してハニートラップを仕掛けていた。驚くべきことに、数人がひっかかったというのだ。

(参考記事:韓国要人に「美女攻撃」…北朝鮮サイバー部隊

一方、過去には金正恩党委員長の暗殺を描いたパロディ映画「ザ・インタビュー」の公開をめぐって、北朝鮮が ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントにサイバー攻撃を仕掛けたとされているが、この事件に関しては北朝鮮の犯行ではないとの見方もあり、真相はいまだに闇の中だ。

(参考記事:サイバー攻撃「真犯人を知っているが教えない」とマカフィー創業者

ソニー・ピクチャーズの件はともかく、韓国情報当局によると、北朝鮮のサイバー戦士たちは、極めて優れたITエンジニア揃いで、その実力は侮れないという。彼らは、北朝鮮の情報機関「偵察総局」の命を受けて、東南アジアなど海外企業に派遣され、普段はITエンジニアとして働く。しかし、ひとたび偵察総局から指示が下れば、韓国をはじめとする対立国家にサイバー戦を仕掛けるのだ。

(参考記事:北朝鮮サイバー部隊が脱北予備軍である理由

昼はITエンジニアだが、平壌からミッションが来れば、サイバー戦士に変身ーーまるでスパイ映画にでも出てきそうな存在だ。

しかし、北朝鮮の赤いサイバー戦士たちの能力に比べると、スターコンは、そもそもSNSサイトとして、お粗末極まりないようだ。

最大の問題点はセキュリティ。スコットランドに住む18歳のアンドリュー・マッキン君は、スターコンのログイン時に「Admin」とパスワードを入力するだけで「ハッキング」に成功し、サイトの管理権限が付与された。ユーザーを削除したり、特定の単語を検索する権限が与えられ、メールアドレスも丸見えだったという。

攻撃は最大の防御と考えているのかもしれないが、せっかく実力のあるサイバー戦士たちを擁しながら、実にもったいない話だ。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  7. 7

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。