記事

「超小型、スローで人に優しい」電気自動車「rimOnO」を開発した狙い 経産省とトヨタ出身者の異色コンビの夢 - 山田清志

ジャーナリスト 山田清志=文

ボディは布製で着せ替えも可能

東京・表参道の洒落たインテリアショップで5月20日、非常にユニークな自動車の発表会があった。その名は「rimOnO(リモノ)」。超小型電気自動車(EV)だ。


経済産業省出身の伊藤慎介氏(左)とトヨタ自動車出身のデザイナー、根津孝太氏。

全長2.2m、全幅1m、全高2.2m、車両重量約320kg。ほぼシングルベッドと同じ大きさで、大人2人もしくは大人1人と子供2人が乗れるようになっている。最高速度は45km/hで、1充電当たりの航続距離は50km(目標)だ。ボディカラーは水色だが、なんと布製で、テントなどで使用される防水性のものを使っている。触ると弾力があり、まるでクッションのようだ。しかも着せ替えが可能だという。

開発したのは車名と同じ名前の「rimOnO(リモノ)」で、経済産業省出身の伊藤慎介氏とトヨタ自動車出身のデザイナー、根津孝太氏が設立した“新しい乗り物”の会社だ。

伊藤氏は1973年生まれ、99年京都大学大学院を修了後、通商産業省(現経済産業省)に入省。同省では自動車用蓄電池の技術開発、スマートハウス、スマートコミュニティなどの国家プロジェクトを立ち上げ、国産ジェット旅客機「MRJ」の航空機産業政策に携わった。しかし、プロジェクトを立案しても、自分自身が実行することができないとの思いが年々強まり、14年に超小型電気自動車の開発ベンチャー、リモノを根津氏とともに設立した。

一方、根津氏は1969年生まれ、92年千葉大学工学部を卒業後、トヨタ自動車に入社。同社では、未来型パーソナルモビリティ「i-unit(アイユニット)」や親子で楽しむコンセプトカー「Camatte(カマッテ)」などをデザイン。2005年に同社を退社し、「znug design(ツナグデザイン)」を設立。888万円の電動バイク「zecOO(ゼクウ)」を世に送り出した。

そんな経歴を持つ2人がタッグを組み、高齢化社会が深刻化する日本の未来を見据えて開発したのが、今回披露した「rimOnO」だったわけだ。

日本全国を走れるように制度も提言


超小型電気自動車(EV)「rimOnO(リモノ)」。

「電気自動車というと、速くてでかくて加速がいいというのが一般的なんですけれども、それに挑戦しても仕方がないので、それとは全く真逆、小型でものすごくスローで人に優しい乗り物にしました。そのほうが可能性は広がるのではないかと考えています。買った人がワクワクするというか、乗るだけでも楽しい、置いておいても楽しい、そんなものを日本発で生み出したかった」と伊藤氏は説明する。

ボディを布製にして柔らかくしたのも、万が一人にぶつかってもケガをしない、人に優しいクルマを目指したからだ。ハンドルも自転車のようなバーハンドルで、誰でも気軽に乗れるようにした。

今後は素材メーカーだけでなく、IT企業やアパレル企業などさまざまな業種の企業とコラボレーションをしていく考えだ。「業界とか地域を飛び越えて、面白いことをやるぞという仲間が集まって価値創造をしていきたい」と伊藤氏。

製造や販売に関しても、外注していく考えで、“地産地消”でビジネスを展開していきたいそうだ。リモノが必要と考えている地方や地域があったら、そこの中小企業に最終的な組み立てや販売をやってもらう。

しかし、現状ではこの「rimOnO」で自由に街中を走ることはできない。国土交通省の「超小型モビリティ制度」によって、2人乗りの超小型モビリティを走らせることが可能になったものの、それは地方自治体が届け出た地域のみ。現在、ある企業がこの制度を使って渋谷区内を走らせているが、港区に入ると違反になってしまうのだ。

「このままでは日本の超小型モビリティは世界から遅れてしまう可能性があります。すでに欧州ではL6eという制度によって、定員2名の超小型EVで、車両重量350kg以下、最高速度45km/hなどの条件を満たせば、原付免許でどこでも運転が可能な国があります。そこで、日本全国どこでも走れるように、制度も提言していこうと考えています。そのためにも、クルマが必要と思い、このクルマをつくった面もあるんです」と伊藤氏は説明する。

とりあえず来年夏にミニカーというカテゴリーで1人乗りのEVを約100万円で発売し、2人乗りの超小型モビリティが日本全国を走れるようになったら、本格的に今回披露した「rimOnO」を販売していくそうだ。「最終的には40万円前後の価格で販売したい」と伊藤氏は話していた。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  5. 5

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  6. 6

    童貞イジりの解消で失われる文化

    文春オンライン

  7. 7

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  8. 8

    黒塗りタブー化は新たな差別生む

    岩田健太郎

  9. 9

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  10. 10

    マツコ ドヌーヴさん発言に異論

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。