記事

恋愛適性と結婚適性を勘違いしている人がいる

 まず、以下をご覧いただきたい。
 
 f:id:p_shirokuma:20160519153111p:image
 
 東京タラレバ娘(5) (Kissコミックス)に出てくる婚活居酒屋の場面である。
 
 これに納得や共感を感じただろうか?
 
 もし感じたなら、結婚適性“スカウター”*1は故障しているも同然だ。  

恋愛適性≠結婚適性

 恋愛に最適な相手と結婚に最適なパートナーはイコールではない
 
 太宰治は、恋愛を「色欲のwarming-upした状態」と喩えたが、それに最適なパートナーは、見た目が好ましく、劇的で、今をときめくためならリソースを惜しまないような異性だ。ここで言うリソースとは、金銭的なものも、時間的なものも、身体的なものも含む。恋愛は、熱しやすく醒めやすい性質を持っている一時的な状態だから、その一時的な状態にふさわしい、今を盛り上げるために物惜しみしない異性が好都合ということになる。ついでにミステリアスな雰囲気もあったほうが良いかもしれない。
 
 結婚は、それとは対照的だ。
 
 結婚生活は劇的である必要は無い。ドラマチックな毎日よりも、平穏な毎日が望ましい。刹那のときめきにリソースを惜しまないような、計画性の欠如した異性は結婚相手として難しい。見た目は好ましいほうが良いかもしれないが、あくまで好ましい程度のものでしかない。ミステリアスな雰囲気も、恋の鞘当てテクニックも要らない。肝心なのは、協同して生きていける能力である。
 
 である以上、結婚したい(そして結婚生活を穏便に進めたい)と思っている人は、恋愛に適したパートナーと結婚に適したパートナーとの違いを心得て、区別したうえで結婚を考えなければならないはずである。
 
 ところが、この区別ができていない人がいまだ多いようなのだ、男性にも女性にも。
 
 「顔が良くて」「どこか劇的・ミステリアスで」「羽振りも良い相手」を、自動的に結婚に最適のパートナーと錯覚する人がいる。
 
 昔から、ろくでなしのアーティストのたぐいはモテまくっていたわけで、そういった属性を持った異性に「色欲がwarming-up」するのは致し方のないところではある。少なからぬ人間は、たぶん、本能的にそういう異性に惚れやすくできている。
 
 だが、仕事も私生活も合理主義的に生きているであろう現代人――「コスパ」を気にするような――が、本能的に惚れやすい属性を結婚の判断材料にするのはナンセンスではないか。恋愛適性としてポイントの高い「劇的」「ミステリアス」「ファッションやグルメや遊びに詳しい」といった特徴は、しばしば結婚適性とは相反している。恋愛適性のいちばん高い異性は、結婚適性のいちばん低い異性である可能性も高い
 
 で、冒頭のシーンである。
 
 倫子*2は、サラリーマン三人組の結婚適性力を2、3、2と測定し、他方で、居酒屋の若い店員のソレを186と測定している。それも瞬間的にである。
 
 だがこれは、恋愛適性を結婚適性と勘違いしているだけではないか。
 
 第一印象が「色欲のwarming-up」しやすい相手に偏るのは致し方がない。だが、アラサーぐらいの年齢になれば、そういったわかりやすい、いかにも恋愛向けの異性が結婚向きとは限らないことなど、経験と悟性によって理解していそうなものである。
 
 結婚適性は、合コンのような華々しい場所でいきなり見抜けるものではない。少なくとも、恋愛適性の高さほどには華々しく現れない。だから、出会ってすぐに結婚適性を見抜いたと早合点している人は、恋愛適性と結婚適性を混同している可能性が高い。
 
 彼女がすべきだったのは、すぐにわかったような顔をするのでなく、出会ったサラリーマン達が結婚生活に適した性質を持っているかどうか丹念に調べることだった。ましてや、相手は“場馴れしていない”“有名商社に勤める男性”である、精査のうえ、見込みがありそうなら僅かでも縁をつくっておくべきだった。しかし、いきなり低評価のレッテルを貼りつけてしまえば、進むコミュニケーションも進まないし、見抜きにくい結婚適性を見抜くなど夢のまた夢である。
 
 きっと彼女は、そうやって「色欲のwarming-up」という色眼鏡に騙されるまま、ひとつひとつの小さな機会をみずから潰してまわっているのだろう。そして結婚適性が低く、恋愛適性が高い異性に引っかかってしまう。倫子にはひとを見る目が無い
 

夢や恋より、ひとを見よう

 私は、結婚したいと思う人に肝心なのは、異性の結婚適性を見抜く目と、見抜こうとする意識だと思う。見た目が良くても、お金があっても、ひとを見る目がなければ幸福な結婚は成立しづらい。いやいや、婚活に限らず、つまるところ人間関係とは情報戦なのだから、今の自分が必要としている情報をきちんと集めるための意識や能力を養っていかなければならない。
 
 結婚適性を見抜く意識や能力を養うために必要なのは何だろうか。
 
 第一に必要なのは、恋愛適性と結婚適性の混同をやめること、「色欲のwarming-up」でしかない恋心にすべてを委ねないことである。結婚に先立って恋愛が起こること自体は悪いことではないが、恋愛と結婚がイコールではないこと、恋愛に求められる資質と結婚に求められる資質が全く異なっていることは、何度も自分に言い聞かせておく必要がある。
 
 私は、恋愛と結婚が重なり合ったって別に構いやしないと思うし、それで上手くいっている人もたくさん知っている。だが、恋愛に目を曇らされて結婚相手を見損ねてしまう人が上手くやっている人は知らない。「恋は盲目」とは言い得て妙だが、だからこそ、その盲目をカヴァーするような意識や態度が必要だ。

*1:スカウター:『ドラゴンボール』に登場する、相手の戦闘力を数値化して教えてくれる装置。ここでは結婚適性を数値化しているつもりと思われる<
*2:スカウターをつけている女性。タラレバ娘の主人公

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    はあちゅう告発が示した日本の病

    駒崎弘樹

  2. 2

    はあちゅうセクハラ告発圧勝の力

    広瀬隆雄

  3. 3

    ウーマンの政治ネタ漫才に賛否

    キャリコネニュース

  4. 4

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  5. 5

    ドラえもん作者の「最期」に鳥肌

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率1%台で存在感はゼロ

    三浦博史

  7. 7

    東京MXの沖縄・在日ヘイトは最悪

    『月刊日本』編集部

  8. 8

    はあちゅう告発で岸氏の今後は

    NEWSポストセブン

  9. 9

    前川氏「教育勅語の暗唱は愚か」

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    反日探し? 日本の韓国報道に疑問

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。