記事

小保方晴子著『あの日』の表紙デザインを白一色にした理由

デザイナー 鈴木成一 構成=矢倉比呂 撮影=佐藤新也

本の装丁を始めてから30年が経ちました。装丁の仕事では、ノンフィクションや実用書、エッセイなど、依頼に応じて様々な内容の本を手がけます。ただ、どのようなジャンルであっても装丁の根拠は本の内容にある。私はそう考えています。ですから、装丁を手がける本の原稿がなければ始まりません。他の仕事とやりくりしながら1カ月くらいのうちに原稿を読み込み、そこにある「個性」を探り、それをいかにまっすぐ伝えられるかを考えます。


デザインした人 デザイナー 鈴木成一

『あの日』の場合は、小保方晴子さん本人による切実な手記、ということが本のすべてでした。人は「小保方晴子」という名前を見ただけで、一連の「STAP騒動」を頭の中に思い描く。そのため、『あの日』という本のタイトルがついてはいるものの、「小保方晴子」という著者名をいかにまっすぐ見せるかが最も重要でした。余計なことをすれば本の性格がぼやけてしまう。そう思い、真っ白なカバーの真ん中に『あの日』というタイトル、そして「小保方晴子」という著者名をただ一列に並べています。

一般的に著者名はタイトルの添え物のように扱われることがほとんどです。けれども、『あの日』ではタイトル文字と同じくらいの大きさで著者名を入れました。タイトル文字を灰色にしたのは、ぼんやりとした「あの日」の記憶を鮮明にするという内容を表現するためです。

カバーから帯を取れば、真っ白な空間の真っ白い紙に文字列の黒、それを薄めた灰色――装丁には、ほとんど白と黒しか使っていません。真ん中にただ2つの文字列がポツンと置かれているだけになります。

こうして極限まで余分なものを排除し、タイトルと著者名の周りに白い「間」をつくりました。この「間」が、書店を訪れた人の目を引くフックとなります。書店には多くの本が並べられていますが、白い「間」のおかげで、訪れた人は一緒に並べられた他の本と『あの日』との間に明確な距離を感じるはずです。結果、タイトルや著者名が目に飛び込んでくるのです。

このような単純な文字列と単色のみで完結できる装丁は限られています。イラストを入れたり、著者の写真を入れたり、手書きの文字をタイトルに使ったり……、それぞれの個性に合わせた工夫をするのが常。ただそれは、本来の意図から遊離した過剰な演出である必要はまったくありません。あくまでその本の個性に従順であるべきだと考えます。むしろ外連味のない、その本が最初からそこにあったかのような佇まい、そして大事なのは、そこに発見があること。これが私の理想です。

過去に装丁を手がけた『金持ち父さん 貧乏父さん』にしても、裕福そうな父さんのイラストを上に置いて、貧乏そうな父さんのイラストを下に置き、上下関係を空間の中に対比させただけ。毎日何百冊と新刊が発売され、書店に並ぶ中で人の目を引くのは、シンプルで強いものなのではないでしょうか。

世論を「黒」と見立て真実の「白」で覆う

2016年1月28日に発売。発売1カ月足らずで25万部を突破。「真っ白のカバーをめくると、真っ黒の表紙が見えてきます。そこに世論の『黒』を見立て、真実の『白』でそれを覆う、というコンセプトです。メーカーの取り扱う用紙のなかで、もっとも白いものと黒いものを選びました」。

鈴木成一(デザイナー)
1962年、北海道生まれ。筑波大学芸術研究科修士課程中退。大学在学中から装丁の仕事を始め、92年に鈴木成一デザイン室を設立。エディトリアルデザインを主として現在に至る。手がけた本の数は1万冊以上。94年、講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。著書に『装丁を語る。』など。

あわせて読みたい

「デザイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    サムスン 営業利益5兆円超のワケ

    片山 修

  10. 10

    ゲーム没頭する子供にすべきこと

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。