記事

死語と化した「政策協調」~最小公倍数的「G7首脳宣言」

もはや「政策協調」は死語になりつつあるようだ。

彼此20年以上前のことだが、故マーガレット・サッチャー元英首相が、首相退任後初めて来日した際ホテルオークラで行った講演会に行ったことがある。

まだネットが普及しておらず、往復はがきでの抽選だったため、部下全員に申込をさせるという、今ならパワハラ&公私混同で訴えられかねない形で貴重な一枚を強引に手に入れた。

非常に印象深い講演だったが、その中の一つが、「最大公約数を目指してはいけません。何故なら、最大公約数は全員が不満を抱くものだから」という主旨の発言だった。

今回伊勢志摩サミットで採択された首脳宣言。その内容は、故サッチャー元首相が懸念した「全員が不満」を抱く「最大公約数」ではなく、「誰も不満を抱かない」「最小公倍数」だった。

採択された首脳宣言は、「採択する」という目的を達成するためだけに作られた言葉の羅列に過ぎず、実質G7各国が何の制約も受けないですむというどうでもいい内容となった。

それは「最大公約数」の合意を目指せば、G7内の亀裂を露呈してしまいかねない危険があったことを示唆するもの。

現在の世界の金融経済情勢は、G7の「最大公約数」の合意も難しい複雑系の世界にあるということ。

その意味においては、リーマン危機前以上の陰湿な危機にあるともいえそうだ。

あわせて読みたい

「G7伊勢志摩サミット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    福岡刺殺 闇ウェブ専門家の素顔

    やまもといちろう

  2. 2

    本田圭佑ゴールにSNSは謝罪の嵐

    MAG2 NEWS

  3. 3

    働き方改革巡る竹中平蔵氏の詭弁

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    カジノ代案ない野党はクレーマー

    大西宏

  5. 5

    ソフバンに陰り 公取委の圧力か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    メルカリが好待遇で求める人材像

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  8. 8

    福岡刺殺 ネット上で追悼相次ぐ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    籠池氏が加計理事長の会見に怒り

    NEWSポストセブン

  10. 10

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。