記事

マイクロソフトって、セールスは上手でもマーケティングは空っぽ。

昨日の朝から、家にあるパソコンでも「ウィンドウズ10 」へのアップグレード騒動が起きている。

3台あるパソコンのうち、8.1のを使用していた僕のラップトップは結構前にアップグレードした。十分快適なので、自宅にある残りの2台も10にしようかと思ったのだが、それは難しい。

2つとも、メーカーによれば「動作確認対象外」の機種だ。というわけで、アップグレードを見送ろうと思ったのが、例によってわかりにくいガイダンスのために家族が使っているマシンがアップグレードを始めかけて、さっき収拾した。

もう、時間もムダだしストレスだし。日本のメディアでも「わかりにくい」と記事になっていたが、BBC配信でも「汚いトリック(nasty trick)」と書かれていた

そして、つくづく思うのだけどマイクロソフトという会社はセールスは上手でも、マーケティングは空っぽだ。

マーケティングを「売る仕組み」と定義すれば、このアップグレードだってマーケティングだろう。

しかし、それは表面的なことだ。僕が考えるマーケティングとセールスの違いはもっと単純だ。

セールスは収益という数字を上げることが目標だ。一方で、マーケティングは「顧客を中心に設計された仕組み」であって、その結果収益は後からついてくる。コトラーやそこに引用されるドラッカーの言葉を引くまでもない。それは、もう常識のはずだと思う。

「動作確認対象外」の機種が、勝手にアップグレードされそうになって、顧客の時間を奪うことはマーケティングじゃないでしょ。

別に、新しいOSを毛嫌いしているわけじゃない。さっきも書いたように、機種の問題なのだ。

各社のウェブサイトを見れば、対応してない機種については「ダウンロードしないでください」と明記されている。それに対応機種だとしてもメーカーにもよっては、制限事項の関係で「自動アップグレードはしないでください」としているところもある。

家では、たかだが20分くらいの時間をムダにしたくらいで済んだけれど、その意志がないのにアップグレードになって、損失を伴うトラブルが起きたらどうなるんだろう。

マイクロソフトがするべきことは単純で「このマシンはアップグレードしません」という選択肢を明記することじゃないのかな。

顧客の満足度が低くても、収益を上げる会社はけっこうたくさんある。それが方針ならそうすればいいと思うけれど、「マーケティングやってます」とは言わないでほしいよね。

あわせて読みたい

「Microsoft」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のセクハラ報道却下に衝撃

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  3. 3

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  4. 4

    自衛官罵声 日報追及への反発か

    志村建世

  5. 5

    セクハラ問題 本当の悪は新聞社?

    小林よしのり

  6. 6

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  7. 7

    福田次官問題 テレ朝もパワハラ

    小林よしのり

  8. 8

    女性問題叩きは大物の不在を生む

    文春オンライン

  9. 9

    米山知事の買春を女子大生が告白

    文春オンライン

  10. 10

    宗男氏 小西議員の身勝手さ指摘

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。