記事

【G7と為替】

仙台のG7について国内外で様々な報道がありましたね。G7/サミットの報道でいつも力が入るReutersはUS, Japan FX row overshadodows G7 meeting(日米の為替をめぐる口げんか、G7に影を落とす)というタイトル。

米財務省の立場は、容易に想像がつきます。そもそも、日本は円相場を口先介入で円安誘導している(talk down the yen)と怒っていたところに、大統領選挙でも通商やドル高が焦点の1つとなり、米財務省も立ってられなくなったのだと思います。

各種報道の中でもトーンが厳しいのがFTです。先週、社説をご紹介しました。仙台で開かれたG7に関連してUS warns Japan against yen intervention(アメリカ、円売り介入に対して警告)の記事は、ざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。

為替介入を正当化するような市場の無秩序な取引は起きていない。米財務省の高官はこう述べて円を安くしようとする日本政府に対してアメリカ政府として強い警告を発した。G7で為替政策をめぐる日米の溝が主要な議題のひとつとなる中で仙台で行われた発言である。

米FRBが6月に利上げに踏み切ることを示唆した議事録が公表されたことで円相場は1ドル=110円まで下がり(介入に向けた)圧力はいったんは弱まった。

米財務省の高官は「(介入が)不公平な利益を得るためという見方/現実だとすれば国際経済システムにとって破壊的である」「ひとつの国がやっていると受け取られれば他の国もやらないとは想像しにくい」(If the perception and/or the reality is that it's for gaining unfair advantage, that is very disruptive to the global economic system)、(It's hard to imagine that if one country were perceived to be doing that it wouldn't lead to other countries doing the same)

米財務省高官は2011年の東日本大震災の後の円相場の動きは明らかに無秩序で、その結果、G7は円売りの協調介入に踏み切った。高官は「当時の危機的な状況と、市場の上がったり下がったりの一般的な動きを区別しないといけない」と語った。

円相場の上昇は日本の財務省の口先警告を(verbal warning)を誘発し、「秩序立っていない」とか「一方的な動きだ」と叫んだあと、ついにはずばり「介入」とも言及した。

円高は、冴えない日本経済の数少ない明るい材料である輸出に打撃を与える。浅川雅嗣・財務官は最近のインタビューで「過度な変動や無秩序な動きが経済の安定に悪い影響がある点に留意しないといけない」と述べた。

しかし、米財務省の高官は、為替介入こそが市場を不安定にする選択肢であり、実施すれば、日銀の量的緩和も物価目標の達成ではなく、輸出競争力の改善のために設計されたものだと各国に受け取られかねないと言う。

G7各国の財務相会合は、安倍首相が財政刺激で協調姿勢を見せたいサミットに先立って開かれた。

米財務省の高官は、来春の日本の消費増税について、「リスケをするか(財政出動で)完全にオフセットすることは理解できる」と述べて、増税の延期をアメリカが支持することを示唆した。

あわせて読みたい

「G7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  3. 3

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  4. 4

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  5. 5

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  6. 6

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  7. 7

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  8. 8

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  9. 9

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  10. 10

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。