記事

あなたはロボット社会を選びますか、それとも人間社会が好きですか。

私は、少子高齢化の問題は、今の政治において最も重要で深刻な課題だと思っています。

このブログでも述べてますが、なにしろ、昨年出生した子が80歳になる時、日本の人口は、およそ半減しています。
今後ますます、少子高齢化社会となるのは動かしがたいところです。

翻って、なぜ、少子高齢化は問題なのでしょうか。

一つには、将来、高齢者の社会福祉を支える子供らが減れば、人口動態としてのピラミッドが保てず、高齢者の社会福祉等を支えられなくなるから、少子化を解消しなければならないというもの。

もう一つは、どんどんと人口が減って、約80年後に人口が半減したりすれば、それだけ労働生産力が減少し、GDPも縮小して国力が劣ることになるので、少子化を解消しなければならないというもの。

ところで、今や、人工知能(AI)開発が進み、ロボット技術が高まっているので、ロボットで代替すれば、今のレベルの労働生産力を下げずに、しかも、今後の科学技術の開発次第では、企業の利潤も確保され、そこそこ税収入も維持でき、たとえ、少子化が続いて人口が減少しても、高齢者の福祉等を支えることもできるようになります。今の社会的な生活水準も下げずに済むように思います。

この場合、例えば、レストランに行っても、ロボットの接客を受ける場面が多くなり、どこもかしこもロボットだらけになります。
それで本当によいのでしょうか。

少子化社会というのは、そういうものだとして、ドライに割り切ってしまえば良いのかもしれません。

他方、ロボットに代替させる社会は味気ないもので、とても寂しいものだ、と考える人も多いと思います。

いずれにしても、少子化の問題を考えることは、国の方向性、社会の在り方を考える契機になります。

少子化を受け入れて、ロボット社会に進むのか、それとも、それでは寂しい社会となるので、何とか、少子高齢化の流れを止めなければならないと考えるのか、国民的レベルで広く議論する時期に来ています。

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  2. 2

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  3. 3

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

  4. 4

    収入の低い人ほどメール返信遅い

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ひろゆき氏 子連れ通勤を叩くな

    キャリコネニュース

  6. 6

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  7. 7

    自民議員 改憲強硬派の動き危惧

    船田元

  8. 8

    Androidの安さ 個人情報が代償?

    韋駄天太助

  9. 9

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

  10. 10

    福原愛を支え続けた母に反省の念

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。