記事

本当は恐くない国民病「認知症」の正体

1/2
相沢光一=文 プレジデント編集部=撮影

これから高齢者の5人に1人が認知症になると見込まれている。徘徊、失禁、暴力。施設不足のなか、「介護うつ」となるケースもある。しかし正しい知識で備えておけば、決して恐れることはない――。

「アルツハイマー」は必ず早期発見できる

認知症対策は国の最重要課題のひとつだ。2012年時点で約462万人、65歳以上の約7人に1人が認知症と推計されており、さらに2025年には約700万人と高齢者の約5人に1人が認知症になると見込まれている。政府は「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を策定し、対策を進めている。

認知症のイメージは悪い。徘徊、失禁や排泄の失敗、暴力行為、妄想などを引き起こすと思われがちだ。しかし、そうした症状は必ず起きるものではない。認知症研究の第一人者で、鳥取大学医学部の浦上克哉教授は「本来は穏やかな病気です。早く発見して治療すれば、何も怖れることはありません」と話す。

認知症の原因になる疾患は大きく4つに分類され、そのうち6割以上をアルツハイマー型が占める(図を参照)。アルツハイマー型認知症は脳が萎縮していく病気だ。

主な原因は「アミロイドβベータタンパク」の蓄積と「タウタンパク」の凝集と考えられている。アミロイドβタンパクはいわば脳の老廃物だが、加齢によって脳から排出されず、蓄積するようになる。こうした蓄積は発症の数十年前からゆっくりと進む。さらに進行すると、神経細胞の骨格を担うタウタンパクが糸くず状に集まり(神経原線維変化)、脳の神経細胞が死滅するようになる。

「症状としては、まず数分前のことが思い出せない『近時記憶障害』が現れ、さらに月日や時間を把握する『時間の見当識』が失われていきます。症状の進行は緩やかですが、その分、発見も後れやすい」(浦上教授)

アルツハイマー型認知症の原因であるアミロイドβタンパクの蓄積を調べるには、脳脊髄液を腰から抜き取る必要がある。またMRIやCTなどで脳の状態を診断することもあるが、いずれも負担は小さくない。

そこで浦上教授が提案しているのが1分間でできる「簡易スクリーニングテスト」(表を参照)だ。専門知識がなくても、認知機能を簡単にチェックすることができる。また早期発見のために「物忘れ健診」を行う自治体も増えている。

「アルツハイマー型認知症には現在4つの薬があります。服用することで症状が改善したり、進行が緩やかになったりします。近い将来にはアミロイドβタンパクに直接作用する『根本治療薬』の登場も期待されています。しかし開発が進んでいる根本治療薬も、あくまで初期の蓄積を解消するものであり、早期発見の必要性は変わりません。『認知症を認めるのは恥ずかしい』と思って検査を避ける人もいる。『心の病』や『不治の病』ではなく、専門医にかかれば十分に対処できることを、より多くの方に知ってほしい」(浦上教授)

浦上教授は10年以上前から鳥取県琴浦町で認知症予防活動を展開している。65歳以上の町民を対象に、「TDAS」というタッチパネル式の機器を使い認知機能を点数で判定。認知症の疑いのある人には専門医療機関を紹介し診断と治療を促す。正常ではあるが認知症の兆候がある「予備群」には生活習慣を指導する予防教室へ通うことを勧め、発症予防に取り組んでいる。

発症予防とはなにか。浦上教授は「認知症の患者さんに多いのは、テレビを見ながらうたた寝をする生活。脳に刺激のない生活はよくない。こうした生活習慣をあらためることで認知症を予防できます」と話す。

「調査の結果、認知症になりやすい人となりにくい人の傾向がわかるようになってきました。たとえば知的好奇心の強さ。いろいろなことに関心を持って常に頭を働かせていると神経細胞が活性化される。アミロイドβタンパクの蓄積で、脳の神経細胞が壊れたとしても、それを元気な神経細胞が補ってくれる。頭を使う創造的な行為は認知症予防に効果がある。俳句や短歌をつくる、絵を描く、囲碁や将棋もいいでしょう」

「アロマセラピー」で認知機能が改善した

社交的でコミュニケーションが上手な人も認知症になりにくいという。外に出て多くの人と語り合うことで神経細胞が活性化されるのだ。また、適度な運動も神経細胞への刺激効果がある。つまりアクティブなタイプほど認知症になりにくい。

「ただ、ここで気をつけたいのは、こうした行動を楽しんで自発的にするということ。楽しくないことを無理にするのではストレスになり、逆効果になりかねません」

生活習慣では質のよい睡眠も重要になる。アミロイドβタンパクは昼間起きているときにつくられ、夜眠っているときに分解されるからだ。

このほか、認知症の進行を抑える療法には自分の人生を振り返り再評価する「回想法」、音楽に親しむ「音楽療法」、動物と触れ合う「アニマルセラピー」などがある。浦上教授が推奨するのは香りによって心身を癒す療法「アロマセラピー」だ。

「アルツハイマー型認知症では、脳の萎縮が順を追って進行します。初期には記憶を司る『海馬』が萎縮して記憶障害が起きるのですが、それより前に『嗅神経(きゅうしんけい)』の機能が低下することがわかっています。アミロイドβタンパクの蓄積も必ずここから始まるのです。つまりアロマの香りで嗅神経を活性化させることで最初の防御ができるわけです」

浦上教授が検証したところ、嗅神経を刺激する効果が最も高かったのがローズマリーカンファー、次がレモンだった。浦上教授がアルツハイマー型認知症の患者にアロマセラピーを実施したところ、1カ月後には認知機能が改善した。一方、アルツハイマー型認知症ではない認知症の患者では、効果は見られなかった。

生活習慣を見直しながら、早期発見に取り組めば、認知症は怖い病気ではない。正しい知識を身につけ、「国民病」に備えたい。

暴言を吐き、周囲に当たり散らし、介護も拒否する――。重度の認知症では、様々な苦労がつきまとう。だがそんな認知症患者のケアを“魔法”のように変える技法に注目が集まっている。フランスで生まれた「ユマニチュード」である。

元体育教師で長年介護教育に携わるイヴ・ジネスト氏とロゼット・マレスコッティ氏が30年以上をかけてつくり上げたもので、150を超えるケアの技術からなる。すでにフランスでは400以上の病院やケアホームで使われている。もともとは「相手の人間らしさを尊重する」というフランス語の造語で、英語読みでは「ヒューマニチュード」となる。

魔法のような新技法「ユマニチュード」

日本に持ち込まれたのは4年前。国立病院機構東京医療センターの本田美和子医師が渡仏して学び、日本に持ち込んだ。本田医師を通じてユマニチュードの存在を知り、2014年6月に発刊された『ユマニチュード入門』の編集にも携わった東京都健康長寿医療センター研究員の伊東美緒さんは、「当初は半信半疑でした」と振り返る。


伊東さんも編集に協力した『ユマニチュード入門』(医学書院)は図解が多くわかりやすい。

「ユマニチュードの考え方自体は特別に目新しいものではありません。

この目で見るまで、どれだけ効果があるのか疑問でした。でも、実際にジネストさんたちのケアを見て驚きました。これまでケアを拒絶していた人と、笑顔で会話が交わせるようになる。さらには呼びかけに応えず寝たきり状態だった患者さんが、自分の足で立ち上がるようになる。本当に“魔法”のようでした」

ユマニチュードの基本は、
(1)見つめる
(2)話しかける
(3)触れる
(4)立つことをサポートする

という4つだ。些細なことに思うかもしれないが、それぞれの方法について具体的なやり方が決められているのがユマニチュードの特徴だ。

たとえば「見つめる」。認知症の人は注意を向けられる範囲が狭くなりやすい。目を同じ高さに合わせて、正面から笑顔で近付くことで、相手の視点をつかみにいく。相手が認識するまで、最短で20センチ程度まで距離を縮める。チラッと見るのではなく、0.4秒以上じっと見つめる。

これはお互いの関係が平等であることを伝える意味がある。認知機能が低下していても、感情記憶は維持されている。上から見下ろされれば、否定されていると感じ、ケアを拒否するようになる。

ケアに入るときには「話しかける」。やさしく、穏やかな声を使い、前向きな言葉を選んで、会話を楽しんでいることを伝える。相手が黙っていても話しかけ、「いまから体を拭きますよ」などと自分の行為を実況中継することで相手を安心させる。

相手の体を「触れる」ときには、ゆっくりと広い面積で一定の重さをかける。上からはつかまない。下から支えるようにサポートして、相手をいたわっていることを伝える。

そして寝かせたままにせず、「立つことをサポートする」。自分の2本の足で立つことは人間の尊厳を取り戻すことになる。相手の動こうとする意思を最大限に活かし、両ひじを下から支える。体を持ち上げたり、両わきに手を入れたりしてはいけない。あくまで自分の力で立つことを助ける。日本の介護現場では転倒事故を怖れて、車椅子に頼る傾向がある。伊東さんも「長年寝たきり状態の方に立ってもらう必要があるのだろうか」と思ったという。

「ところが、寝たきり状態だった人でも、立つ支援をすると生き生きとした表情を見せますし、自分で歩き始めることさえある。行動が自発的になり、症状も改善しやすいのです。自立という言葉がありますが、立つことが人間の精神を支えるうえでどれだけ重要な意味を持つのか、あらためて感じました」

あわせて読みたい

「認知症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  2. 2

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  3. 3

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  4. 4

    大阪の大型地震「初めはドーン」

    THE PAGE

  5. 5

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  6. 6

    盗聴取材の共同記者に真相直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    レスリング騒動は栄氏だけが悪か

    舛添要一

  8. 8

    地震受け大阪府内で17万戸が停電

    ロイター

  9. 9

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  10. 10

    坂口杏里のストリップ降板が波紋

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。